FC2カウンター いちじくりん
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yukiyanagi331.jpg

肌寒く風の強い一日でした。
ユキヤナギも風に揺れていました。小さな花をいっぱいつけたユキヤナギ。
じっと見ると、ひとつひとつの花が、それぞれに本当にきれいで、寒い中凜と咲いている小さなひとつひとつの花に、ああ、私も自分らしい、自分の花を咲かせていたいと思ったのです。

明日から4月ですね。変化の多い四月。学校には、変化の苦手な子ども達が多いけれど、私もあまり変化は得意ではありません。

驚かれちゃうかもしれないけれど、私はずいぶん人見知り。それから、どこに行ったら何があって、どこでどうしたらいいかわからないことが、とっても不安です。
きっと子ども達もそうだろうなあ・・・。
不安な気持ちを経験することはきっと、私にとって必要なことなのだろうと思います。

春は本当に変化の多い季節。学年が変わることも、席がかわることも、電車が変わることも、やっぱり変化。テレビ番組が変わることも変化・・・

そんな変化の中でも、一生懸命自分の花を咲かせることを大切にしたいとそう思う今日なのでした。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
今日は何日かははやいのですが、お休みの日で親戚の人も集まっていただきやすいということで、今日が父の四十九日の法要でした。
朝、母には内緒で、父と母へのプレゼントの本と花束などを用意して、父の前でみんなで母にようやくできあがった父の本をプレゼントしました。
子ども達が司会をして、プレゼントを渡すと、母がはらはらと涙をこぼしながら、でもうれしいうれしいと言って喜んでくれました。

ああ、よかった・・・みんなでよかったねよかったねと言い合って、法事の場所へ向かいました。

父の本はブログに載せさせていただきました。序文を書いてくださった耕平さんに、ブログに載せさせてくださいとメールでお願いしたら、「ブログの件は貴女の思うようにされるのが一番です。貴女のファンやお友達、そして叔父さんの川柳仲間達はきっと読んでみたいと思う。貴女や叔父さんを直接知っている人も、間接的に知っている人も心を一つにしたいと
いう気持ちですよね。みんな優しい人達です」とお返事をくださいました。どうぞ父の本を読んでいただけますか?

お経をお坊さんにあげていただいて、そして、お墓にお骨治めに行きました。土の中は冷たいだろうかと友達に言うと、友達は「だいじょうぶ。お父さんは地球に抱かれるんだから」と言ってくれて、ああ、そうだなあ、そうだそうだ、土に帰って、宇宙のひとつでいるのだものと思うことができたのでした。

ohaka330.jpg

お墓は金沢の野田山墓地にあります。前田のお殿様の墓地のすぐ近くで、もう少し行くと、室生犀星さんのお墓もあるばしょです。
空がすごくひろく広がっていて、少し雲でかすんでいたけれど、遠くには日本海が広がっていました。
お父さん、海が見えるね。森も近いし、空もひろいし、あ、ほととぎすもないてるよ・・お父さんよかったね。大好きな金沢の街も見渡せる・・・。

父はお墓にはいないで、風になって空になって、星になって、花になってすぐそばにていてくれる・・そう思いながらも、やはり、父の入っているお墓が、海も空も、街も見渡せるところにあるのはうれしいです。

母はときどき、笑いながらもすぐにまだ泣けるのでした。

お父さん、お母さんはまだ泣いているよ。でもね。みんなの前でしっかりあいさつもしていたよ。それにね、お父さんの本ができて、すごく喜んでくれたよ・・・・

今日も父とまた、話をしながらすごしています。
子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ






ume329.jpg

春の冷たい雨が降って、梅の花も雨に濡れていました。
昨日は、送別会がありました。68名の人が変わっていくという、今までにない、大がかりな送別会となりました。

みなさんとあわただしく言葉を交わして、それでも、いろんなことを思い出しては涙が出るのです。
本当になんて、たくさんの思い出があることでしょう。今も大切な友達である卒業された子ども達とも、この学校にこれたからこそ出会えました。

すごく大切な時間だったなあと思います。

送別会でおともだちが、プレゼントをくださいました。ハンカチや、靴下、それから、写真など。山崎先生もたくさんの写真をDVDにやいてくださいました。何もできなかった私に、こんなに最後まで優しくしてくださって、私はなんと幸せな時間をすごしてきたことでしょう。

pureento329.jpg

いもっちゃんが、すごく可愛いペンを「私とおそろいなんです」と下さいました。いもっちゃんのプレゼントには、お手紙とDVDが入っていました。

お手紙を読ませていただいて、一年を思い出し、どこまでも優しいいもっちゃんの言葉に胸がつまりました。そしてDVDを入れると、いもっちゃんは子ども達との一年の写真を編集して、DVDにしてくださったのでした。

ああ、本当に可愛い子ども達、なんて、うれしい優しい時間の中にいられたのだろうと思って、涙がとまらなくなって、とうとう大泣きしてしまっています。

いもっちゃんありがとう。みんなみんなありがとう。これからもずっとずっと友達だよ。


昨日は、1/4の奇跡の映画がロサンゼルスで上映されること。たくさんの方からお祝いのメールをいただきました。ありがとうございます。
本当にたくさんの方のお力です。お一人のお力がなくても、ここにはつながらなかったと思うのです。
それなのに、いろんな方が「まだはじまったところやで」「いまからやよ」「これからですよ、応援しますからね」とメールをくださいました。
また涙が出ちゃう・・・。

本当にありがとうございます。春の雨はつめたいけれど、やさしい雨です。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
うれしい声でふうちゃんから電話がありました。
すごくうれしそうな声。私もびっくりしてそしてすごくうれしかったのです。
みなさんにも、お知らせさせてください。

header.jpg


なんと、ロサンゼルスで行われる映画祭に、1/4の奇跡の映画が上映されることになったのです。

うわあ・・・すごーい。これ「どっきり」?って思うくらいの驚きです。

上映予定はhttp://www.jffla.org/?page_id=74
に書かれてあります。

ふうちゃんが、「インディーズの映画の方に入っていてもびっくりなのに、そうじゃないところに入っていたの。ただただびっくりしてるの」と教えてくれました。

こんなことがあるのでしょうか? たくさんのたくさんの方の応援で、こうして、雪絵ちゃんとの約束が広がっていく・・鳥肌がたつような気持ちです。
だって、誰もが、ボランティアでしてくださってのことなのです。映画を作ること、広めてくださっていること、英訳してくださったこと、そして、字幕をつけてくださったこと・・・日記に書いてくださったこと、ミクシィでお知らせくださったこと、チケットやCDを渡してくださっている方のこと、何もかもが、大きな力になって、いろいろなことがなっていく・・・。本当に本当にありがとうございます。


なんてお礼を言ったらいいのかわかりません。

上映の日は間近です。ロサンゼルスにでかけることはかなわないけれど、心はいっぱいロスの空に飛ばしたいです。

うれしい!!!

それから、ジャパンフィルムフェスティバルでは、映画の感想を送っていただけたらということでした。見ていただいた感想をどうぞ、送っていただけたらと思います。みなさんの感想が、またきっと広がっていくことにつながると思います。厚かましいお願いですが。どうぞよろしくお願いいたします。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

sakura327.jpg

南の方ではもう桜が咲き出しているのでしょうか?
あちこちのお花もいっぱい咲き出して、春爛漫の季節がやってきますね。

3月までの講演会も終わり、私の講演会の予定を今、小林さんがたててくださっています。毎年、年度の初め、4月に、講演会をしたいと言ってくださった方と連絡をとって、講演会の予定をきめてくださるのです。私にはとうていできないことです。この日にここ、この次の日はここ・・。移動にはどれだけの時間がかかるというふうに、本当に細かくたててくださるのです。私と来たら、ぼおっとしてなんにもしらないでわからないままでいます。こんなことではいけない、自分でもちゃんとわからないとと思うことの繰り返し・・。そんな春がもう10年以上になりました。

今年もきっといろいろなところへ出かけさせていただくと思います。九州や北海道まで・・
素敵な出会いがいっぱいあることでしょう。とてもとても楽しみです。
どうぞみなさんよろしくお願いいたします。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


jyoukamati326.jpg



父の本がついについにできあがりました。
なんだか私、涙が出そうになります。

父の夢だったこの本は、父が装丁をと私に頼んでくれてからは、この本は私の夢でもありました。もし、私に頼んでくれていなかったら、私は父の本のこともあまり知らずに、そして表紙についての父の意見も聞けないままだったでしょう。もしかしたら、こういうふうにして本ができあがるようになっていたのだろうかとさえ思うのです。
亡くなる直前まで病院で、ずっと父はこの本のことを考えていました。きっとすごくすごく本をつくりたかったのです。その理由は本を読むとわかりました。中を読むと、川柳の句で。父は、生涯のこと、金沢のこと、母のこと、私たちのことを書いていました。父にとって、本当に大切な一冊だったのだと思います。

本を製本してくださった平野製本所さんに、何度も何度もお礼を言いたい気持ちです。平野さんとお目にかかれなかったらこの本はありませんもの。そしてみなさんにも本当にずっと応援をしていただいて、ありがとうございました。みなさんの応援が私のすごく大きなはげみになりました。

母にはまだ内緒なのです。30日が父の49日。その日にプレゼントをすることにしています。
きっと父も母も喜んでくれますね。

表紙の裏の番号は、父のお誕生日と母のお誕生日を入れました。だから、ただのデザインなのです。

みなさんにも父の句を見ていただきたくて、いつかホームページか何かの形で載せさせていただきますね。

今日はいもっちゃんが、伴奏をパソコンで作ったのをくださいました。うれしい・・
父が「宇宙でいよう」というのがいいねと言ってくれた曲です。ああうれしいです。
さっそく、満天の星のページのBGMをいもっちゃんの作ってくださった曲に変えました。まるで空のお星様が見えるみたいな曲にしていただいたなあと思います。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
今日は午前中に、4月から通う加賀市の養護学校(錦城養護学校)へ新任のオリエンテーションがあったのででかけました。12年前に8年間通った道。それなのに、道を間違えて、海の近くまで行ってしまいそうになりました。
学校に着くと、その当時にもとてもお世話になった校務員さんが、「おかえりなさい。またよろしくね」と優しく迎えてくださいました。緊張していたのでほっとしました。学校の中をもう一人の新任の方と一緒に案内していただいたのですが、美術室には一樹くんたちと作った校歌の大きな額がまだ飾っていただいたままになっていたりして、とてもなつかしくうれしかったです。

今日はとてもお天気のいい日。
帰り道に、犬が何匹もひなたぼっこをしていました。あれあれ?リードがついていない。お散歩している犬も、ひなたぼっこをしている犬も自由です。
inu325.jpg


のんびりしているわんちゃんを見ていると、バリ島で出会ったわんちゃんたちを思い出しました。
ここはゆったりした時間が流れているのかもしれないなあとうれしくなりました。

それから、明和に引き返しました。もうこの学校へ来るのはあと3度になってしまいました。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

ookiiyuuhi.jpg

驚くほど大きな夕日が沈んで行きました。

今日は終業式と離任式。二つの学校に分かれるために、なんと70人近くの職員の異動がありました。多くの職員は、もうひとつの総合学校へ。そして、私も異動になりました。私の異動の先は、ひとり、加賀市にある養護学校でした。そこは、12年前に大ちゃんたちと一緒にすごしたところです。

大好きな子ども達との毎日があまりに楽しくて、そしてあまりにみんなが大好きで、自然と涙がこぼれそうになります。そんな私を見て、一馬くんが「もう泣くな、泣くなや」と言いました。けれど、一馬くんは目を真っ赤にして、「俺、泣かんとくわ。泣いたってしかたがないやろ」と別れがつらいと言ってないてくれました。

本当に毎日が楽しかったです。

私は同僚のみんなにまだ言えていないありがとうの言葉がありました。
教員をしながら、あるいは違う仕事をしながら、作家活動もしている方から、何度も「学校でつらい目にあわない?同じ職場の人につらくあたられることがあるでしょう?」と聞かれました。
驚いて「そんなことは一度もありません。ただの一度もありません」と言うと「そんなふうに言わなくても大丈夫。わかってるのよ」とおっしゃられたこともありました。二つのことをすることで、つらい思いをされることもあるのでしょうか?
けれど、私は一度も本当にただの一度も仲間からつらいことを言われたことも、そんな思いをしたこともありません。ドジでしっぱいばかり・・頼りない私をいつもいつもかばってくれる大好きな仲間たち。「昨日はどこに行っていたの?体大事にしてよ」「今度こちらでお話しするようなことがあったら行くからね」「テレビ見たよ」「新聞、昨日のもよかったよ」と本当にたくさんの方が見守るようにして、声をかけてくださいました。大好きな誰よりも信頼している仲間なんです。そんな中で、可愛い大好きな子ども達といられた日々は本当に幸せでした。本当にありがとうございました。

お別れはいつもやっぱりつらいです。でも、その先にも子ども達や新しい仲間の出会いがあり、それがいつかのいい日につながっているということも知っているから、また受けとめていかなくちゃと思います。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
今日は大阪から出雲に出かけていました。出雲には大好きな友達が何人もいて、毎年のように呼んでいただいて、出かけています。
どうして、みなさん、こんなに優しくて、温かなのでしょう。呼んでくださったときも、近くで講演会があると知られたときも、必ず顔を見に来てくださる大好きな人たち。大阪でもそうでした。父のことで私のことをずっと心配していてくださって、私を抱きしめてくださいました。雪絵ちゃんが亡くなったときに、私、とてもつらくて、なかなかそのことを受けとめられなかった・・それを知っている友達が、父のことでも、私はだいじょうぶだろうかととても心配をして来てくれたのでした。

昨日の朝、講演会へ向かうために、朝早くの電車に乗ろうと駅へ向かうときに、お月さまがとても大きく見えました。
yoakenotuki322.jpg


夜の終わりにはきっときっと朝が来る。朝が美しくやってくる・・
yoake322.jpg

だから、だいじょうぶ・・そんなことを思わせてくれる朝でした。


明日は終業式と離任式があります。学校が大きく変わるので、明日はたくさんの職員が、来年度は違う学校へ行くことが告げられる日です。
さびしい日。でも、きっとだいじょうぶ・・いつもいつもそう思っていたいです。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
今日は大阪に呼んでいただいて出かけました。今日はイベントに呼んでいただいて、講演会とそれから、対談のような感じの時間もありました。
今日はすごく楽しみにしていることがあったのです。子ども達が宇宙の約束の寸劇をしてくださることになっていたのです。
劇は小さいお子さんから大きい方まで年齢もいろいろのお子さんが劇を演じておられました。どうやったら、あんなにはっきりとおしゃべりができるんだろうと思うほど、みなさん、とっても上手で、おしゃべりもすごく大きな声で迫力がありました。

その中でも感動して涙がとまらなくなったのは歌でした。
geki322.jpg

私の作った「宇宙の約束」を劇中に歌ってくださったのです。そして、一人の方が、ピアノを弾いてくださいました。
piano322.jpg

右、左、右、左と指を揺らしながらの演奏はすごく心がこもっていて、胸がいっぱいになりました。
最後のあいさつでも、その男の方は、「またこういう機会があっった声をかけてください」と丁寧に挨拶をされていたのが、感動的でした。歌も素敵だったなあ。

今日はありがございました。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


083211.jpg

私たちがいる学校が、4月から二つに分かれるので、今日はお別れ会がありました。
082212.jpg

楽しいゲームやクイズをしながらのお別れ会・・楽しくすすんでいきましたが、山崎先生がずっと二年間撮ってくださった写真をパソコンでみだすと、どれもいい写真で、そして、誰もがその時間に帰ることができて、自然と涙が出るのでした。
お別れはやっぱりさびしいけれど、お別れのときにいつも思うのは、こんなに別れがつらい人と出会えて、一緒の時間をすごせたことを喜ばなくちゃということです。

今日は、大好きな友達のお母様が亡くなられてお通夜がありました。父が亡くなったときの悲しみを思うから、友達はどんなにさびしくつらいだろうと思うのです。
帰り道は満月がとてもきれいでした。そうだ、父の亡くなった日も特別お月さまの大きな日だった・・あれからまた満月がやってきて、それだけの日にちがたったんだということだなあと思いました。

そして帰る途中、小林さんからメールが「知っていると思いますが、今日の21:15から関野さんのグレートジャーニーです」わあ、大変。日頃あまりテレビも新聞も読まないから、ちっとも気がつきませんでした。いそいで帰ると、ちょうど関野さんからはがきが届いていました。
近況を書いておられたので、紹介させてください。

「年賀状ありがとう。昨年の12月から中国に行っていました。日本のメディアで報じられている姿以外にも多様な中国を見れました。3月21日のテレビで、「グレートジャーニースペシャル日本人の来た道 ヒマラヤー日本一万五千キロ」を放映します。インド、ネパール、ブータン、チベット自治区、青海省、中国、ラオス、カンボジア、ベトナム、北朝鮮、韓国と2005年秋以降のアジアの旅をまとめたものです。移動距離が長くあわただしい田旅でした。
3月下旬からは「海のグレートジャーニー」のリサーチにインドネシアに出かけ、夏から本格的に、丸木船を元にした帆走カヌーを手作りで建造し、来年春からインドネシアーフィリピンー台湾ー沖縄ー九州の航海を始める予定です。元気ですか?・・・

テレビの関野さんはかわらぬ優しさと謙虚さ、そして、強さを感じました。来年はカヌーで、そして風で航海とのこと、どこまでもどこまでも、素敵な旅を続けられる関野さんの旅をテレビで観れることは、ハラハラドキドキだけれど、今、お元気と知っているから、だから、うれしいことです。旅には動物や子ども達とのふれあいがいっぱい。世界中が平和でいてほしいなあとチベットのことを思う今だからいっそう感じます。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
sisimai.jpg

春祭りの子供獅子が舞っていました。山車は小さい子がひっぱって、女の子は笛をふいて、そして、大きな男の子が二人ずつ交替で獅子舞の中にはいるのです。
どれだけ練習したのでしょう。獅子に子ども達が入ったとたん、息をしているように、獅子が踊り出すのです。
口を大きく開けてカクカクと歯をならすと、怖いと思うほどです。

今日はずいぶんお引っ越しのトラックも見ました。昨日は高校の合格発表もありました。
春祭りも終わり、新しい春がやってきます。誰にとっても新しい春。素晴らしいうれしい春でありますように。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
haru319.jpg

去年の写真です。もうすぐ春一杯の季節がやってきますね。

足音をたてるほどに毎日毎日どんどん春がまわりをみたしていきます。
ついこのあいだまで何もなかった土からも芽がいっぱい出ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まだ地中に種の形をたずさえて
双葉が出たばかりの小さな芽は
見えないほどの細い細い毛につつまれた
可愛い根っこを地中に伸ばしている

土の中からだけでなく
もっともっともっと深いところとつながって
そこから、この芽は
水というか、栄養というか、愛というか、
そんな力を絶えず注ぎ込まれて
大きな伸びようとしているに違いないと思うのだ

そして私もまた
見えない根っこを地面に張って
同じように、水というか栄養というか
愛というか、
なにかわからない大きな力をもらって
今日も生きているのだろう

そう感じることが
私が最後には
私自身を信じていようと思える
大きな証のような気がしているのだ


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
yuuhi318.jpg

今日は火曜日。父のおまいりの日です。能登から、毎週妹が出てきてくれます。私も小松から行きます。そして木曜日は月命日。知らないことがいっぱいです。いつも父といるつもりだけど、こうして、父の写真の前で手を合わせると、いっそう父と会って話をしているいるきもちになるのです。
 昨日、いただいたメールにすごくすごく驚きました。その方のメールには、お友達のお葬式のことが書かれてありました。「その方は、かっこちゃんのことが大好きで生前から「お葬式の時には『宇宙の約束』の詩のDVDを流してくれ」とおっしゃられていたそうです。で、実際お葬式でかっこちゃんの「宇宙の約束」の映像を流したり、生前この本を読みながらご自分の人生を振り返る材料にされていたことのお話をされていたそうです。 そして「約束~般若心経は愛の詩~」の本を700冊注文し、葬儀の参加者全員に配られたのだそうです。葬儀に参加されたご友人のお医者さんも、「自分もああいうお葬式をしたい」とおっしゃるほど、素敵なご葬儀だったそうです」とメールには書かれてありました。
 父が亡くなってばかりだから、いっそう思うのです。お葬式は最後の大切な大切な日です。そんな大切な日に、私の本を使ってくださった方がおられる・・本当にびっくりして、なんてなんてありがたいことだろうと思いました。手が震えるほどの驚きでした。三五館の星山さんに伺ったら、「どうして、そんなにたくさんの本を注文くださったのだろうと、びっくりして不思議に思っていたのです」とおっしゃっておられました。
 父の前でそのことを思いだし、その方のことも思い、手を合わせました。きっとその方も、そして父も、私に元気を出してがんばるんだよってそう思ってくださったのだろうかと、だから、きっとこんな不思議なことが起きたのだろうかなんて、そんなことを思いました。
何度ありがとうございますと言ってもいい足りないです。その方に私のことを伝えてくださった方にも、そして、亡くなられた方にも、そして、ご家族の方にも、みなさんにありがとうの気持ちを忘れずにいたいです。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
umi317.jpg

昨日春の海を見に行きました。波もほとんどなく、どこまでもどこまでも穏やかな海でした。

男の子と女の子が、波打ち際で石を投げて遊んでいました。
umi318.jpg

私も海を見ながら、しばらく時間をすごしました。

冬の海と春の海・・・表情は違うけど、でも、海はずっと変わらない・・
そんなふうに思うけれど、けれど、海を満たしている水は、めぐりの中にいて、蒸発して、空からまた、雨になって、違う国のたとえば、高い塔のある町に降って、煉瓦の道をながれていくのかもしれない・・
海は変わらないけれど、でも、いつもめぐってる。

そうだ、ペルーに行ったとき、阪根さんが連れて行ってくださった砂漠・・。三日月の形をした砂丘を風が形作って、その形はあまり変わらないけれど、中の砂はどんどん入れ替わって、三日月の形は前の方へ移動していくんだよと阪根さんが教えてくれたのでした。

人間の体も同じだそうですね。今、私を形作っているものも、いつもいつも入れ替わっている・・。足の形、目の形、髪の毛の性質・・変わらなくても、形作っているものはどんどん入れ替わってる・・。

「私はあなただったかもしれないし、石だったかもしれないし、花だったかもしれない」のでしょうか?

今日、製本してくださっている平野さんから電話をいただきました。
表紙の大きさが思いの外大きくなったので、結局A3の用紙には入らないことがわかって、データーを持って行って、平野製本さんに印刷してくださいとお願いしたのです。ところが、実は、表紙の写真の大きさが、少し足りなかったとのこと、そこで、平野さんが、データーと一緒に入稿した写真をつかって、なおしてくださるとのことでした。

私はいつもいつも、本当に助けていただいてばかり。なんでもできないと思いこんで、不安になって、誰かを頼りにしてしまう。できることはちゃんとやらなくちゃ。

ちょっと古いのだけど、パソコンにイラストレーターの8を入れました。ぜんぜんわからないけれど、本を買って、少し勉強を始めました。どのソフトもいったいどうやって考えて作ってあるのだろうと思うほど、1と0のたった二つの数字で、驚くばかりの精密さですね。
人間もすごいなあ・・・。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
ふだんはどうということはないのです。普通に生活して、ちゃんと食べて、あまり眠れないこともあるけれど、そんな日が続けば、また眠れます。
でも、ふと何かのきっかけで、父が亡くなったということを思って、子供のように、「お父さんが死んじゃった、お父さんが死んじゃった」なんて口から出てきて、わあわあ、泣いてしまうことがあります。困ったものです。父はいつも、近くにいてくれて、それはちゃんと感じられるし、誰もが、通ったり、通っていく道であることなのに・・・。

母が父の荷物の整理をしています。
それが母が父の死を、受けとめていく作業なのかもしれません。私が父の本を作っていることも、やはり、父の死を受けとめていく作業になっているのだと思います。

母が父のカメラを、かっこにはこれがいいのじゃないかなあと渡してくれました。バッグは二つ。
一つのバッグには キャノンのT90というカメラと、EOS KISSというカメラが入っていました。父が昔大切に使っていたカメラです。camera1.jpg

もうひとつにはオリンパスのコンパクトカメラ・・
家にはまだカメラがいくつもありました。どれでも、持って行ってねと母が言いました。

父が生きていたときに、古いカメラをもらいました。
やっぱりキャノンのカメラ
camera2.jpg


父は私たちが生まれたから、毎日のように二人をとってくれました。生後何日という文字が写真の裏にかかれています。よくこんなにと思うほどたくさん。

父が大事に使ったカメラ、手に取ると、とても大切にしていたのがよくわかりました。今もピカピカなんですもの。

私今はデジカメばかり使っているけれど、父のカメラでも、写真を撮りたいと思いました。そして父が大切にしていたように、私も大切にしたいと思います。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



覚えているのは3つくらい・・その頃から私の夢はずっとずっと魔女になることでした。小さい魔女の本など魔女の出てくる本を読んでは、いつかほうきで空を飛びたいなあ・・。動物ともお話ししたいなあと思っていました。そんな夢はいまもかわらないままなんです。どうして、こんなに魔女が好きなのか、自分でも、よくわかりません。好きだから好き・・・きっとそんなふうなんだと思います。

素敵なプレゼントをいただいたのです。一つは「かっこちゃん人形を作りました」と学校に持ってきてくださったのです。
kakkotyanningyo.jpg

うれしい・・・
モナの物語のサインを見て、作りたい気持ちが湧いてきて・・・とお手紙に書いてくださってありました。なんて可愛いのでしょう。かっこちゃん人形って言ってくださったけれど、現実は、かわいさからは遠いので、だから、こんなに可愛く作ってくださって、本当にありがとうございます。
それから、
もうひとつは、魔女の宅急便に出てくる、お魚のパイ。
kikipai.jpg

中を開けてびっくり。わーい、わーい。
kikipai2.jpg
大大大好きなミルキーがいっぱい入っていました。魔法みたい・・・。

大好きなもの、うれしいプレゼントは、魔法のようですね。
私も、もらってくださった方が、わーい、わーいって言ってくださるようなプレゼントをしたいなあ。考えたいなあと思ったのでした。

ありがとうございました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

山の中学校の卒業式に行ってきました。
心が震えるような本当に素晴らしい卒業式でした。

こんなに心をひとつにして、卒業生を心からお祝いし、成長をよろこびあうような式はあるだろうかと思うほどでした。

答辞には女の子と男の子の二人が壇上にたちました。

二人とも自分の言葉で、自分の立場で思いを語り続けました。だれそれ先生、ありがとうという先生のお名前も、いっぱいでてきて、男の子も女の子も、涙があふれて、ときには言葉が続けられないほど・・・。
しーんとした式場の誰もが、じっと言葉を聞いていました。卒業生が泣いていました。在校生のみんなも泣いていました。先生方もみんな泣いていました。お父さんもお母さんも泣いていました。
そして、くすっとわらったり、また涙がおさえられなかったり・・・
心のこもったひとつひとつの言葉が本当に素敵でした。

sotugyou2.jpg


こんなに合唱の多い卒業式も初めてでした。

卒業式のあいだに、4曲。
教室でも一曲、また体育館に戻って、椅子もなにもなくなっているところで、卒業生が指揮をとって、一曲、そして、教室へ戻ると、また一曲・・最後の2曲は卒業生から、担任の先生や、在校生へのプレゼントの曲のようでした。
sotugyou1.jpg


そのあいだも、泣いたり、笑ったり・・・
先生方も、何度も「こんなにいい子たちの担任をさせていただけて・・」
「こんなに宝物のような時間をすごせて」
「もっともっと一緒にいられたらと・・」と泣きながらおっしゃっておられました。
一つ一つの言葉にうなづき、また泣く子ども達
sotugyou3.jpg
生涯の忘れられない素晴らしい出発の日になったことだと思います。

式を通して思ったのは、式辞や祝辞や告示や送辞や答辞など、卒業式にはいろんな言葉があるけれど、心を動かすのは、難しいことばではなく、易しく、そして心をこめて、伝えようという気持ちのこもった言葉なんだなあということです。

ずっと前に、大ちゃんたちと一緒にすごしたときに、林先生というみんなが大好きな校長先生がおられました。
先生は卒業式でむずかしい言葉はいっさい使わずに
「卒業生のみなさん、今日は本当におめでとう。心からお祝いを言います。先生は、みんなにこれからもずっと笑っていてほしいです。そして、ずっと幸せでいてほしいと願っています。ずっとずっと願っています。みなさんに僕は毎日のように、元気をもらいました。優しさをもらいました。その二つはあなた方のまわりの人をこれからもうれしい気持ちににし続けるでしょうね。本当にありがとう。

それから、今日は僕たちの大切な子ども達のために、たくさんお祝いをしてくださって、ありがとう。心からお礼を言います」とおっしゃいました。「来賓のみなさま・・」とか「○○さまの参列をいただいて」というような言葉はなかったけれど、だからこそ、いっそう、心に残ったお話しでした。

春はまるで音をたてるほどのスピードで深まっています。

きっとみんなは一生のお友達として、仲良くいられるのだろうなあと今日はうれしく思いました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
edaeda.jpg


木々の枝の先っぽまで満たされているものは、いったいなんだろう・・・
それは、きっといっぱいの愛なんだとそんなとっぴょうしもないことを思いながら、木をみあがていました。

ずっと前の 夜、しょうちゃんのお父さんから「しょうたろうの熱が高くて、病院に連れて行きます」とメールをいただきました。しょうちゃんの熱はなかなか下がらず、肺炎だということがわかって、しょうちゃんはそのまま入院することになりました。
 朝になって、しょうちゃんのところに急ごうとして、車を運転していたときに目にとまったのは、お店に飾られたディズニーのスティッチというキャラクターのひざかけ毛布でした。しょうちゃんはこのキャラクターが好きだと、私、なんとはなしに思っていました。私もスティッチが好きで、ペンケースやストラップにスティッチのものを持っているのですが、しょうちゃんが、さかんにスティッチを指さして、「あー」とお話ししてくれていたからです。お店に入り、ひざかけ毛布を求め、病院へ行きました。しょうちゃんは点滴をして、はあはあと少し息も荒かったけれど、お母さんが「しょうたろうは、強いから、だいじょうぶ。心配だけど、いつもがんばるから」としょうちゃんの顔をのぞき込んでおられました。
しょうちゃんは、やがて元気になりました。そして、家族で名古屋へ出かけられるまでになりました。名古屋の街中で、しょうちゃんは、何度もスティッチを見つけて、「あーあ」と指さしてお話しをしたのだそうです。おうちからの連絡帳で「しょうたろうが特定のキャラクターを気に入るということは今までありませんでした。お見舞いにいただいた毛布がうれしかったのでしょうか?初めてのことなので、うれしくて、毎日のようにしょうたろうにスティッチのキャラクターのものを競うように買ってきています。今、ブームです」というようなことが書かれてありました。私はしょうちゃんだけでなく、お父さんとお母さんのことも大好きです。どうしたら、しょうちゃんがうれしいだろう。どうしたらしょうちゃんが元気にいられるだろう…いつもそう考えて、お休みなどにもいろいろなところへ連れていかれて、家族ですごす時間をとても大切に考えておられるのです。私たちの学校の子ども達の歩みは成長はときとして、ゆっくりかもしれないけれど、けれども、子ども達はあふれるような愛の中に、細胞のすみずみまで満たされてこそ、確かに歩みをとめることなく、すすみ続けるのだと思います。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
今日は家族の誕生日。
一緒に作ったお料理。サラダ好きの家族はサラダが食べたいからと、4種類のサラダを作ってお皿にのせていました。
08312.jpg

ケーキはリクエストによって、アイスクリームケーキ。

お誕生日はいつもいつもとっても大切。

いつもいつもお祝いしたい日です。



今日も温かい日でした。もう雪は降らないのかな?
最後の雪・・
そのときは最後かどうかはわからない・・
ずっとあとでああ、あれが最後の雪だったんだなあってわかる・
時間がたってわかることっていっぱいありますね。

福井県の恐竜博物館の近くで子供の恐竜がまた発見されたのだそうです。
私も化石掘りしたいなあ・・・とそんなニュースにわくわくします。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
yuuhigaoka.jpg

私たちは毎日毎日
いろんなものを受けとめながら ようやく、前へ進むことができるのだと思う

毎日のように私たちのまわりで
望むと望まないにかかわらず
いろんなことが起きる
そのほとんどが 自分の力の及ばないことばかりだ

泣いても、怒鳴っても、足を踏みならしても
懇願しても、なにひとつ変わらないことばかりだ

私たちはていねいに、自分の気持ちを見つめ、
なんとか時間を味方にして 悲しみや苦しみを抱えながら
朝になるのを待ち、夜になるのを待ち
重い気持ちを奮い立たせる

自分の望んでいることだけが
自分にとって、一番いいことのように思いこんでいるけれど、
ひょっとしたら、それは、最良ではないのかもしれない
目の前の一点のことしか見えず
ただ涙にくれるけれど
ひょっとしたら、与えられたことが本当は最良なのかもしれない

受けとめていくこと、受けとめていく作業
私はそれをしなくてはならない




子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
sotugyousiki.jpg

温かい雨の降る中、ゆったりとやさしい時間の流れるいい卒業式でした。明日から、学校にみんなが来ないなんて信じられないような気持ちがします。
いろんな中で、私たちは受けとめるという作業をしているのだなあと今日、思いました。

卒業のみんなに、そして、お別れのみんなのためにと作った詩です。(詩のページには以前のせさせていただいたものですが)
......................................................

私たちは明日へ向かおう


春の朝も、夏の朝も、
秋の朝も 冬の朝も
笑顔であふれた君たちが、
今日も「おはよう」と手をひろげて
飛び込むようにかけてくる


春の空は
桜の花を淡いピンクにそめていく


私たちは
花びらの散る中で
一緒にいようねと約束をする


夏の光が輝いて
プールの中に
キラキラと
きれいな模様を作り出す
君は光に手をかざして、
ああ、なんてうれしそうに笑うんだろう


枯れ葉がしきりに舞う中庭は
コートなしでは寒いけど
葉っぱも土もふかふかして、
大好きな君と今日も一緒にいられるから
なんだかとっても温かい


「明日も会える?」
「あさっても会える?」
君はバスに乗りかけたのに、
急に振り向いて
またまっすぐな目で尋ねるんだね
「明日も会おうね」「あさっても会おうね」
うなずきながら また約束をする


明日もあさっても
きっといい日に決まっているね


夢を心に描きながら
歩んでいく
別々の糸の人生でも
同じ場所で、同じ時間をすごしたことは
とても大切な宝物だね


私たちの人生の
この結び目は
ずっと残ったままなんだと思う


結び目をそっと
心に描けば
きっとそこにはいつも
温かい笑顔が座っていて
大好きという気持ちを連れてくる


その結び目を
大切にしながら
私たちは明日へ向かおう
....................................................

写真は昨日の白山。とってもきれいでした。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
0839.jpg
今日もとてもいいお天気です。
 父の本を諸事情から、出すことが難しくなったとき、それでも、どうしてもどうしても、父が願っていた本をという気持ちがありました。たくさんの川柳の句は、父が生まれてから、ずっとのことや、結婚して、私たちが生まれたときのことや、金沢のこと、新聞社で働いていたことなど、父の思いがあふれているものでした。

 たくさん本を出していただいているのに、本を作るということにこんなにお金がかかるのだということにも気がつかずにいました。
自費出版のページは、金額も、そして、49日までという時間も、折りあわずにいました。自分で一太郎で編集をはじめたときに、編集の方の思い、デザイナーの方のご苦労が、きっと私が感じたよりももっともっと大変なのだろうけれど、ああ、こんなふうにしていただいているのだなあ。本をこんなふうにして出してくださっているのだなあと、感じることができて、そのことは、なんだかまた父がくれたプレゼントのような気持ちがしながらの作業でした。作業をしながら、本を製本してくださる会社を探し続けていました。電話をしても、「今、すごくいそがしいから、10冊とかのためにはどうしても時間を使えない」というお返事がほとんどでした。小松の家のちかくの製本社さんに電話をしたときに、年配の男の方が「今、卒業文集に追われているから、なかなか難しいなあ。どうしたの?」と私のせっぱ詰まった様子を感じられてか、尋ねてくださいました。「父の出したかった本を出して、母を喜ばせたいし、父を喜ばせたいし、そしてそれが私たちが一番喜ぶことで・・」なんだかわけのわからないことを一生懸命言うと、「息子がやってくれるかもしれんから、電話をつなぐからね」とおっしゃってくださったのです。
その方のところへ昨日出かけてきました。
おっしゃるとおり、工房の中は、卒業文集であふれていました。どんなに忙しい中と思うのに、どこまで自分でしたらいいか、どういう作業をしたらいいかということをとても丁寧に教えてくださった後、「お金は、一冊100円、表紙の紙をこちらで注文し、裏表紙をつけるなら、2倍の200円くらいなあ」と信じられないことをおっしゃるのです。本当にすごくすごくびっくりしました。今まで調べてきた本は100万円を越えていたり、20万円くらいだったり・・(もちろん印刷から編集からみんなしてくださってのことですが)ただただありがとうございますと頭をさげるばかりでした。
今日は印刷が完了、工房で、2つ折りにしていただいて、それを持って帰って、帳取りを自分でして、また明日、平野製本所さんへ持って行きます。みんなみんな優しい方ばかり。本当にありがたいです。平野製本所さんは、「小さいところなので、遠くからの注文があっても応対できないのだけど」とおっしゃっておられましたが、なんだかあまりにうれしくて紹介させていただきたくなりました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

よいお天気の一日でした。0838.jpg

秋のきりんそうの枯れたまま立っている姿も、夕日に輝いてとってもきれいでした。

雨が降っても、晴れていても、本当になにもかもがなんと美しいことでしょう。
今日も私は生きていて、いつもいつもしっぱいばっかりだったり、泣き虫だったりするけれど、空がきれいだなあとか、輝いているきりんそうがきれいだなあとかそんなふうに感じて今日もすごせて幸せだなあと夕日の光の中で思います。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
DSC00002.jpg

たかしくんが、黒板にきれいな字で数字を書いて、書きながらすごく楽しそうに体をゆすっていました。
なんの数字だろうとよこに書いた字は私の字。あ、これは等差数列。5+(n-1)×21だ・・・。
たかしくん、この数字はなあに?と尋ねたけれど、たかしくんは「そふらん」とか「丸いほっぺ」とか、やきそば丼とか言いながら笑っていました。たかしくんは何十年も先のカレンダーをさらさらと書きます。家でもていねいにずっと先のカレンダーを作っているとか21という数字は7の三倍。関係あるのかなあ・・・ないのかなあ。

ところで、昨日、夕方家族から電話がありました。「犬が迷子になってる。かわいそう・・一ヶ月もさまよっている。汚れていてやせている」・・・どうして一ヶ月もさまよっているとわかるのか・・このあいだは猫ちゃんをおうちに連れ帰った家族。猫ちゃんの飼ってくださる方を探したところだったので、私はすごく迷いました。「連れてこないで・・」と言いながら、きっと連れ帰っちゃうんだろうなあと思って、部屋に入ってびっくり。だって、真っ黒で大きなふわふわの毛のくまそっくりの生き物がいちじくや凜たちにおいつめられて、部屋のはしっこに壁に体をよせるようにいて、家族がだいじょうぶだよとなだめていたから・・。こんなに大きいのに優しいなあと思いました。もうお風呂も入っていて、お風呂に行くと、洗い場が湖に・・・。毛が排水溝の中にも入り込んでつまっていたのでした。「ドライアーをかけたらこんなに抜けたよ」と見たら、いちじく三頭分くらいの毛でした。少し年をとっています。
家族は警察に連絡をしたら、管轄外になったので、保健所に明日連絡したらいいと教えてくれたそう。そして、朝、犬を連れてきた町の放送で、犬を預かっていますと放送をかけてくださいました。

飼い主さんがみつかるかなあ、みつからなかったら、うちで飼うんだろうか・・。どうしようかなあとすごく迷ったり心配だった夜があけて、朝になって、電話がありました。小さい子供さんがお散歩をしていたときに、綱がはなれていなくなったとか。

飼い主さんはすごく喜んでいたよと私の留守中、わんちゃんを迎えにこられて、家族もうれしそうにはなしていました。
ああ、本当によかった。「よく家で飼っていてくれたね」ってほめられちゃったよ。「かわいがってくれてありがとう」って。一晩だったけれど、ああよかったなあと思いました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
uturu.jpg

夜のあいだに雨がたくさん降って、夜明け前の駐車場には水がたまって、公園の木々を映していました。
水面には木々の姿だけを映しているのだろうか?それとも、木々の気持ちや、春になったら花や葉っぱをつけるというふうに木々自身を映しているのだろうかと、またそんなことをぼんやり考えるのです。

父の本はいろいろな諸事情から、出版がとまってしまいました。でも、父があんなに出したいと願っていた本です。
家族の力で、ほんの10冊とか20冊とかであっても、形にしたいと今、一太郎というワープロソフトで格闘をしています。ちかくの製本屋さんがプリンターで印刷したものの製本を引き受けてくださるということにもなりました。私や妹の文章そして、、父が、「尊敬している」と言った父の甥にあたる私のいとこにも文章をいただいて、売られている本と変わらないような本を作りたいと想っています。母をびっくりさせたいと、私たちでナイショですすめています。きっときっといい本にします。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
0835.jpg

雪がしきりに降っています。
なごり雪、そして別れ雪。いろいろな言葉が使われますが、はげしく降る雪を見ていると、春はとても遠い気がしてしまいますが、春の淡雪ですから、すぐにとけるのでしょうね。

明日の朝は、石川県の倫理法人会(石川県の社長さんの朝の勉強会)のモーニングセミナーでおしゃべりをさせていただくことになっています。始まりの時間が6時、5時45分までに厚生年金会館にはいるということなので、あんまりたくさんは降って欲しくないなあと空を見上げています。

友達が、チェルノブイリの事故の放射能を食べる菌が見つかったらしいと教えてくれました。そのことが書いたホームページです。記事には
「 史上最悪の原子力発電所事故を起こしたチェルノブイリで凄いものが見つかった。なんと有害な放射線を食べて成長する菌が生まれていた。彼らは生き残るために、放射線を食べることを選んだのだ。

 その菌はチェルノブイリ原子炉の壁に育っているのを、ロボットによって回収された。チェルノブイリはいまだに汚染から回復しておらず、人が入り込めるような環境ではないのだ。

 回収された菌は豊富にメラニン色素を含んでおり、その表面を紫外線から守っていた。それはどの菌においても同じだった。

 科学者は3種類の菌である実験を行った。通常、植物は葉緑素によって光エネルギーを吸収して成長する。実験では回収した菌に日光の代わりに、有害な放射線を与えた。すると菌たちは驚くことにこれらを吸収し、成長していった。

 人間にとって放射線は有害なものだが、菌たちにとっては無害どころか有効なものとなっていたのだ。普通では考えられないことだ。

 この発見は宇宙技術の前進に大いに役立つことになるだろう。宇宙は有害な放射線で溢れているため、メカニズムさえ解明できれば菌を無尽蔵の食料として食べることができ、そして他の惑星に移住する際にも頼ることができる。

 チェルノブイリ原子力発電所事故は人類にとって深刻な被害をもたらしたが、有益な一面も見つけることができた。」と書かれてありました。前に見た、NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅では、何度も何度も、地球にピンチがおとずれるのだけど、その前に、たとえば、氷河期が来る前に、それに耐えられるものが発生していたというような箇所があったのを思い出しました。
とにかく自然は宇宙は不思議でそしてすごいなあと改めて想いました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


08-3-5.jpg
昨日に引き続き四つ葉の写真です。

今日は一週間ごとのおまいりの日でした。いそいで学校から帰って、また金沢に引き返しました。妹も能登からやってきて、一週間のいろいろなことを話し、お寺さんがこられて、四十九日のことをうかがって、おまいりをしたのでした。

父の写真のお顔は、やっぱりにこにこ・・にこにこ顔を撮ったから当たり前なのだけど、吹き出しそうに笑っている写真はやっぱりすごく安心します。お父さんが母のそばに今もすんでいるんだなあと思うのです。

母は四十九日が気になったり、他の手続きがとても気になっているようでしたが、もう父の衣類の片付けなどを初めていました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
yotubayuki.jpg

ちょっと前の雪の日の四つ葉です。

今日、一緒のクラスで大切な友達のいもっちゃんが、「満天の星の曲の伴奏をつけてみたんですけど、聞いてくれますか?」と言ってくれました。
いもっちゃんのピアノの音がぽろんと鳴ったとたん、涙がとまらなくなり、そして、流れる曲が心に響いてありありと思い出したことがあるのです。

父の葬儀が終わった次の日、私は父との約束のとおりに東京へ出かけました。どんなことがあってもお世話になっている人に迷惑をかけてはいけないから、東京へ行きなさいと言っていた父が出かけさせてくれたのだと思いました。東京ではたくさんの方が待っていてくださって、温かい言葉をかけてくださいました。
 父が亡くなることが、もし運命で決まっていたのなら、この講演会も、父が亡くなって、元気をなくしているだろう私のために、用意してくれたものだったのかもしれません。
 通夜、葬儀を通してあんなにいいお天気だったのに、私が東京へ出かけたあと、日本中が嵐になりました。金沢では大雪となり、東京でも、北風が吹き荒れました。そして、最終の帰りの飛行機が運休になり、その日は東京へ急遽泊まることになりました。普段なら、次の日が学校で、どんなふうにしてでも、金沢へ帰ろうとしたはずですが、火曜日まで忌引きでお休みをいただいていました。もしかしたら、飛行機が飛ばなかったことにも意味があるのだろうか?とそんな不思議なことを思いました。
 急遽とったホテルは、お部屋にはお風呂がなくて、一番上の階に大浴場のあるホテルでした。誰もいない大きなお風呂に入って、大きな窓の外に広がる東京の夜景をみていたときに、その夜景に父の顔が急にうかび、それが空全体に広がっていきました。父の亡くなる二、三日前に、歌を作ったから聞いてと、下手な歌を歌いました。

♪「満天の星、空をめぐり、白鳥座の十字を目で追って
僕たち宇宙に浮かんでると あなたはぽつりとつぶやく
あなたと私 どうしてここに一緒にいられるのだろう
銀河の流れ指でたどり、宇宙のひとつでいよう」♪

 父は「宇宙のひとつでいよう」と言うのがいいなあと言いました。
ずっと川柳をしていたので、父は言葉が好きでした。私は、夜景の広がる窓の外を眺めながめていました。その時、とっても不思議なことを経験しました。満点の星の歌がオーケストラの演奏になって聞こえてきて、その音はどんどん大きくなっていきました。驚いて周りを見渡したけれど、大きなお風呂には私一人、私の作った曲を誰かが演奏しているはずもありません。涙がとまらなくなりました。、そうだ、父は宇宙に広がっていったのだ、父は宇宙のひとつで私たちのそばにいてくれるのだと確信のように改めてそう思いました。そして飛行機が飛ばなかったのは、そのことを感じるためだったのだろうかとそう思ったのです。

いもっちゃんのピアノを聞いたときに、またお風呂で感じた感覚がよみがえってくるようでした。いもっちゃんは楽譜に起こしますねと言ってくださいました。
うれしいです。私にはたくさんの温かい人がいっぱいいるからね。お父さん、私はだいじょうぶだよ。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
朝、7時ちょっとに、高槻の渥美さんが車でホテルまで来てくださいました。そして、大津まで連れて行ってくださったのです。講演会の前に、石山寺へ。石の上にたっている素敵なお寺でした。

そして、大津の会場へ。
今日は琵琶湖マラソンのある日だったのです。講演会が終わったあとに、マラソンがあるとのこと。「この会場の前を走られるのですか?楽しみ!!」と応援する気満々の私。

講演会が終わって、今日の会場は本を売ることができない会場だったので、スタッフの方が、会場の近くの道のところに、ワゴン車を止めてくださって、そこに、会議室の長机を出して、本を売ってくださいました。

「かっこさん、そろそろマラソンですよ」とスタッフの方が声をかけてくださって、道路に応援に出ました。
たくさんの方が旗を振っておられて、私も旗をいただいて、一緒に応援をしました。
持っていた携帯で、その様子をぱちり。
marason.jpg


そして、また渥美さんが京都駅まで連れて行ってくださいました。
渥美さんが車の中で「今日のスタッフの方も、本当に親切で優しい方ばかりでしたね」とおっしゃいました。本当にそう。みなさん、なんてやさしいのでしょう。

本当に幸せだなあと思いました。

今日お会いしたスタッフの方の中に、三井寺というお寺のお坊さんがおられました。

がんもどきを小松では三井寺と呼びます。三井寺でなにかの行事のときなどに、作られたがんもどきがとってもおいしくて、有名になって、みいでらと呼ぶようになったと、小松では聞いています。
今では作られていないのだそうです。ところで、その方に、「おじゅずを数えますか?」とうかがったところ、「お経を一回読むと、一つ玉をおくり、また読むとまた一つおくり、お数珠の大きな玉のところにきて、ああ、何回読んだんだなあと無心の中にもわかるのだと教えてくださいました。どこでも、数珠やロザリオを数えるのが本当に不思議です。

京都駅にはお友達の藤尾さんが待っていてくださいました。ああうれしい・・・今日もいっぱいうれしい日でした。帰ったら鶴田さんから、きれいなきれいなお花が届いていました。父にとくださったのです。本当にうれしい日です。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。