FC2カウンター いちじくりん
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いったい何日ぶりでしょう。晴れ上がった美しい朝でした。
父のお墓のすぐそばから見える父の愛した金澤の景色。遠くには今日は日本海も見えました。
kesiki831.jpg

お墓のそばには萩がたくさん咲いていて、それから、たんぽぽには蝶がいて、私がそばに行くと
さあ、写真をとってもいいよというように、羽をゆっくり広げたり閉じたりして、写真をとりやすいように向きをかけてくれたようでした。

tyou8312.jpg

父のお墓のそばには、たくさんの命が、輝いていました。

tyou8311.jpg

旅に出て、とても元気に旅を終えた母ですが、今は旅の前のように、あまり調子がよくありません。
いつも涙が出てしまって、そして、息が苦しそう・・。
お父さん、お母さんが苦しくないようにうれしくいられるように、助けてあげてね。

何もかもが一番いいように・・お父さん、そうなりますように・・・

その祈りながら、父の眠るお墓のある野田山を降りました。

車に戻ると、電話がありました。長く床についていた叔母が亡くなったという知らせでした。
母はまた悲しくさびしい思いをするだろうかと心配ではありますが、お通夜とお葬式の間は、また母のそばにいられます。
叔母さんにも、父にも力をもらって、私も母も、今日の命を、明日の命を生きていきます。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
KISSX2というカメラを使っています。
ちっとも説明書を読まずに使ってしまっていたのです。
でも、もっとちゃんと読まなくちゃ・・・とX2の使い方の本を買ってきました。
そして、毎晩、このボタンを回すとえー!!そんなふうになるの。えー!!
えー!!とびっくりしてばかりいます。

もっとはやく読めばよかったなあと思いながら、使い出すとまた忘れちゃうのかもしれないから、
いつも近くにおいて何度も読むことにしようと思います。

説明書も本も読んでないときに、ただぱちっととった夜の写真です。石川動物園のナイトズーにでかけたときの写真。
どうして、こんなに空がまだらにあれてしまうのでしょう。きっとそれも、ボタンとかでなおるはず・・
naitozu830.jpg

もうそのときに戻れないから、ナイトズーはまた来年・・
それまでに、撮り方の研究をしなくちゃと思います。

それにしても、月がとてもきれいで、夜の動物たちの上に満月があがると、
アフリカで見た満月を思いました。
動物園の動物たちはアフリカや自分の生まれた場所がやっぱりいいのだろうか?
と考えたり、
サバンナのシマウマは、天敵があらわれないかドキドキしていたけど、動物園のシマウマは
何を考えているのかなあと思ったり、
そして、またアフリカに帰りたいかなと思ったり、
動物園が大好きで動物園にしょっちゅう来たくなる自分のことを思ったりもしました。



子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

sagiso829.jpg
DEARかっこちゃんへ おげんきですか?私は元気です・・ふゆちゃんからの手紙が届きました。金沢の大きな養護学校が二つに分かれ、4月から、今まで一緒に通っていた子ども達が、別々の養護学校に通うようになりました。ふゆちゃんは、今までいたところから、別の養護学校に通うことになったのです。「みんなと離れてさびしいけれど、友達がいてくれて、楽しく笑顔でいられます。前の学校にいたときに、授業に出れないこともあったけれど、そばにいてくれてありがとう。お別れのときのカードのかっこちゃんの”いつも心はそばにいるよ。ずっと一緒だよ”の言葉を何度も見て、気持ちが楽になります。今の学校でも時に悩んだりすることもあるけれど、くじけないでと友達が教えてくれます。この学校で、私はみんなを笑顔にさせられるように頑張っています。後期生徒会にも立候補します。私もがんばる。かっこちゃんもがんばれ! ずっと一緒だよ・・そんなふうに書かれてありました。そして、新聞やホームページにも私のこと書いて欲しいと書いてくれてありました。頑張りやだけど、ときどき自信がなくなって、人前でおしゃべりすることが苦手だったふゆちゃん。ステージに立つと、ふゆちゃんのドキドキが私にも伝わって、がんばって!と祈るみたいに応援していたことを思い出します。そんなふゆちゃんが生徒会の役員に立候補するのは、すごく勇気のいることだと思います。でも、お友達と一緒に、ひとつひとつのことを乗り越えて、今があるんだなあと思うことはなんとうれしく、そして、元気をもらうことでしょう。そして、ふゆちゃんが私のカードを何度もみてくれているんだと知って、涙が出そうになりました。ふゆちゃんが授業に出るのがむずかしかったとき、ふゆちゃんと私はあるときは廊下で、あるときは、玄関でいろんな話をしました。小さいときからの話、これからの夢の話、好きな人の話、友達の話。ふゆちゃんもしてくれて、私もしました。あるとき、ふゆちゃんが「私なんてだめ、自分が嫌い」と言ったのです。「私はふゆちゃんが好き、ずっと好きだよ」と言ったときに、ふゆちゃんが突然私の体に顔を埋めるようにして、声をあげて泣きました。「本当に一生の友達でいられるの?私たち」「もちろんだよ。だって好きだもの」ふゆちゃんとの約束は今もおんなじ。離れていても、心はいつもつながっていられる、同じ場所で同じ時間をすごして、私たちはいつも、思い出せば同じ思い出でつながっているよ。だって大好き同士だものね。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
車を運転していたら、急に雨が降り出して、あっという間に前が見えないほどの土砂降りになりました。すごいどしゃぶり・・。高速道路の脇にいたのですが、高速道路の車も前が見えないからでしょう。停まって数珠つなぎになっていました。私もきゃーきゃー・・こわーい・・・と言い続けるばかり・・
少し収まると、遠くの山にいなびかりが走るのが見え、雲と雲の間を時折いなびかりが光っていました。

そして、やがて小降りになると、夕日が顔を見せてくれました。
08828yuhi.jpg

「心がつらくて、つらくて、どうしよう・・・」「かっこちゃん、つらいの」とメールをいただくことがあります。私は何も何もできなくて、ただ、「きっとだいじょうぶ」とか「明日はいい日ですように」とか、本当にそんなことを思ってそうメールのお返事をさせていただくことしかできないのですが、8月の終わりになって、学校がやがて毎日始まることや、お仕事でも、秋が近づくことで、何か不安な気持ちがしたりと、そんなことがあるのでしょうか?急にここ一週間くらいたくさんの方が、そんなふうにメールをくださるような気がします。

私はどんなこともきっといつかのいい日のためにあるって、信じたいなあと思うのです。だから、やっぱりそうお話するばかり。そして、それは自分に言い聞かせているような気もします。私も毎日、自分に言うよ、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」「きっとだいじょうぶ」
そして、私、学校もお仕事も、毎日通うところはやっぱり楽しいところであってほしいなあと思います。
学校も子ども達が、はやく始まるといいのにと思えるようでないとなあと思うのです。

みなさんの明日が、いい日でありますように・・楽しいことやうれしいこといっぱいありますように・・


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


いつも読んでくださってありがとうございます。昨日は、たくさんのコメントをありがとうございました。

大好きなお友達の赤塚さんは、小学校の頃から、おんなじ名前の赤塚不二夫さんが大好きだったそうです。一生懸命漫画を書いてお手紙で送ったら、赤塚不二夫さんから「君の絵はおもしろいよ。がんばれ」と書いてあって、赤塚不二夫さんに会いたい会いたいとずっと思って、お星様にもお願いするくらい思っていたのだそうです。

そうしたら、お星様が願いをかなえてくださったのでしょうか?赤塚さんは、赤塚不二夫さんのおうちを尋ねることになって、一晩一緒にお酒を飲まれるのです。
そして、何度も大きなふところで抱きしめてもらったのだそうです。赤塚さんは赤塚不二夫さんから「だから」これでいいのだ!!絶対大肯定を教えてもらったのだそうです。赤塚不二夫さん、なんて素敵なのでしょう。そして赤塚さんも素敵です。

みんなみんなこれでいいのだ・・私もきっとこれでいいのだ・・

きっと「これでいいのだ」というのは本当のことですね。みんなちゃんとなっていて、だからこれでいいのだ!!


mani827.jpg
宮崎の山の方で、駐車場に赤い大きな蟹が歩いているのが見えました。じっと観ていると、さっとタイヤの陰にかくれてしまいました。暗くて、よく写真がとれなかったのだけど、こんなに大きなかになのです。いったいどうやって、こんな山にのぼってきたのでしょう。

でも、最近は、人里に蟹が多いのだそうですね。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

kuruba827.jpg
今日は先日のワックスがけの続きで、残りの廊下や体育館のワックスを掛けました。
ワックスをかける前に、汚れ落としをして、そして、水拭きをしながら、私はまたいろんなことを考えていました。
「幸せって何だろう」
いつもどうして、何か考えちゃうのかな?
大ちゃんは昔こんな詩を作っていたなあと思い出します。
「幸せって思えることが幸せなんや」
どういう意味かよくわからなかった私ですが、もしかしたら、「いろんなことが毎日起きて、うれしいことも楽しいこともつらいことも、悲しいこともいろいろと起きるけど、そのどれも、必要で、ああ、ありがたいことだ、幸せだなあと思える気持ちでいられる・・そのことが幸せだよ」と大ちゃんは言いたかったのかな?と思ったりします。大ちゃんはいつも、深いなあ・・・


ところで、旅の仲間のおともだちが教えてくれました。

どういうことからか、旅のメーリングリストでバカボンの話になったのです。
宮さまと私たちが呼んでしたっているその方は
「バガボンは「世尊」という意味のサンスクリット語、Bhagavat(バガバット)が日本に
入って婆伽婆(バカバ)とか婆伽梵(バカボン)となったそうです。

また、周梨槃特 (しゅりはんどく:サンスクリット原語ではチューダパンダカ) は非常
に物覚えが悪く、自分の名前さえ忘れるので名前の札を首から下げていたとか、死ぬま
で名前を覚えられなかったとか、さまざまに伝えられています。
 しかし彼は、釈尊に教えられた短い言葉「塵を払い垢を除け」 を来る日も来る日も
一心に称え行じ、ついには覚りがひらけたそうです。彼の死後、墓に見慣れない植物が
生え、人はそれを茗荷[名を荷(にな)う] と呼んだとか。
 赤塚不二夫の『天才バカボン』に登場する「レレレのおじさん」(いつも道を掃除を
していて、人が通るたびに、「お出かけですか~」 と声をかける)は周梨槃特がモデル
だそうです。

以上、宮本啓一先生のインド哲学の授業から」

と教えてくれました。

ずっと掃除を続けることも、また繰り返しの動作で、小林さんが「レレレのおじさんも、呪でさとったんだなあ」と言われました。
MOMOに出てくる掃除夫のペッパさんもずっと掃除をします。
掃除を続けているペッパさんもみんなが知らない大切なことを知っていました。
そういえば、永平寺のお坊さんもいっぱい掃除をされるなあ・・
特別な宗教も持っていない私ですが、神さまはいつも、私たちに、いろんなことを伝え続けてくれているのかな? 私の掃除中に思ったことは、とりたててどんなことでもないけど、
お掃除していると気持ちよくなるのは、そういうことでもあるのでしょうか?

私もモップでチャチャチャばかりじゃなあと思ったのでした。



子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


一緒にいて、一番最後のところが同じだとわかっていても、なんだか思いがすれちがっていると気がつくときがあります。そして、そのままでは、子ども達とそして、一緒にいながら、ぎくしゃくしてしまう・・どうしようと思うことが同じ職場、同じ空間であると思います。
そんなとき、私の心は固くなって、どうしようとドキドキします。このまま、わかりあえないまま、ずっと一緒にいたら、私は、「違う違う、私はそうは思わない」という思いばかり先になって、その方の思いもわからずに、お互いが理解できずにいる・・やっぱりどんなに勇気が必要でも、思いは伝えあわなくちゃと思いました。
それで、私、今日、そんな場面があったあと、そうだ、勇気を出そうと思ったのです。
ちょうど、子ども達にもお話ししたと思っていたことが、その方に私の気持ちとしてつたえさせていただいたらいいんだと気がつきました。それで、そのことを学級通信にあわてて書いて、そして、
「子ども達と、そして、(その方)にお話ししたくて、学級通信にしました」と言って、ものすごく緊張して、手も震えそうになりながら、書いた物をお渡ししました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「おまえはなさけないなあ」「おまえはどうしてこうなんだ」というような言葉を大人が使ってしまうことがあります。そのことばかけは違っていたんだなあと思うことがありました。
 先日NHKのテレビで以前放送されていた「人体Ⅲ・遺伝子」という科学番組が子ども向けになって放送されていました。盲導犬にどうしてラブラドールレトリバーという犬種が適していて他の犬は適していないかということから番組が始まりました。
 ラブラドールはDNAのある部分の長さが短く、そのために、もし興奮したときも、穏やかになる酵素と結びつきやすいけれど、他の犬種はその部分が長く、絡まって穏やかな酵素と結びつくじゃまになり、穏やかになるスイッチが入りにくいということでした。番組はそのあと、人の性格もDNAによるところが大きいということを伝えていました。人の顔かたちが与えられたものであるように、飽きっぽいとかそうでないとか、カッとなりやすいとか穏やかであるということも、与えられたものだったのですね。私たちは、顔かたちがどうであっても、「おまえの顔はなさけない顔だ」とは言いません。それは、私たちが顔かたちは自分の思い通りになるものではなく、与えられたもので、そして、どんな顔かたちであっても、それでいいのだということを知っているし、またそのようなことの価値判断をすること自体が間違っているし、言ってはならないとわかっているからだと思います。
 けれど、私は、これまで長い間、たとえば穏やかな人と乱暴な人がいたら穏やかな方がいいのかなと思い続けてきたように思います。そのために、子ども達のことをずいぶん責め続けてきたようにも思うのです。自分の思い通りにならないことで責められた子ども達はどんなにつらかったことでしょう。自分のことが好きになれないと思ったかもしれません。
 けれど、テレビでは、飽きっぽく、すぐに仕事をやめてしまう遺伝子を持った人は、いろんなことに挑戦をするチャレンジャーでもあることを伝えてくれていました。私たちは顔かたちがいろいろなように、性格もまた、いろいろ。そして、それは自分の力でどうこうできるものでもないかもしれないけれど、周りの大人達が、弱点と思われるところも、それがあなたなのだと認めた上で、長所を認めることで、子ども達はきっとうれしく、自分のことが好きになれるに違いないですね。弱点と思われることも、また長所。そのことを忘れずにいたいなあと思います。
また相手を認めず非難めいた口調を使うと言うことはもしかしたら、自分を相手より上の立場に置いた考え方かもしれません。けれど、人と人はどういう関係であっても、お互いに学びあって教え会って生きているのですね。教師と子どもさんであっても、誰と誰であっても、助け合って学びあうために、出会っている・・そのことも忘れずにいなくちゃいけないなあと、自分自身に言い聞かせています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その方はすぐに読んでくださいました。そして、私のところに来て、穏やかな顔で
「子ども達にわかってもらうのにはずいぶん難しいじゃないか」と言われました。
「はい、もっと優しい言葉を選んでお話しさせてもらおうと思います」と言うと、
その方は
「新聞読んでるんだけど、このあいだ、進路指導って言う言葉使ってたね、進路支援という言葉をつかわないといけないよ。みんな知らない人に間違って思われるよ」とおっしゃいました。

とても穏やかに微笑んでおっしゃいました。その方が、私の原稿を読んでくださって、そのことについて、直接「これは違うのじゃないか?」とか「ああ、そうだったのか」とかはおっしゃらなくても、おっても温かな気持ちになれてうれしかったのです。

ああ、いつも新聞を読んでくださっているんだなあ、私の思いとご自分の思いがもし違っていたとしても、「君の思いはわかったよ」と言ってくださったんだなあと思って、どんなにうれしくほっとできたことでしょう。勇気を出して良かったな。
そして、その方のことが、私、とても好きになりました。出会えて、一緒の空間で、同じことにあたることができるのがうれしいなあと思いました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
23日はみっちゃんの夢見が丘で講演会、夜のはじまりだったので、みっちゃんと奥様が、霧島の神社や、霧島の山へ連れて行ってくださいました。
霧島神社も素敵でしたが、昔神社があったというところも本当に素敵でした。
088243.jpg
資料館もおもしろかったなあ・・・あいにくのお天気で、本当は鳥居の奥に霧島が見えるそうなのです。それでも、霧の中の霧島はとても素敵です。
それから、すごくすごくうれしかったのが、野生の鹿に会えたこと。とっても可愛いのです。
088241.jpg
親子連れの鹿が、じーっとこちらを観て、跳ねるように向こうの方へ行ったり、またこちらへ来てくれたり・・可愛くて飽きることがないくらいです。

講演会ではみなさんがとてもとても温かで胸がいっぱいになりました。日向のみなさんも来てくださいました。わーい。

朝起きたら、まだ薄暗い空の中、ホテルの窓から、山が見えました。これが霧島でしょうか?
088242.jpg

小林さんが、レンタカーを借りて青島神社に行ってみましょうと連れて行ってくださいました。まるでボルネオみたいな、熱帯の木々がたくさん生えていてうれしくなりました。


そして今日はジールさんでの講演会。
088244.jpg
実はジールさんのご主人が、亡くなられたとき、式に参列されたみなさんに、「約束」般若心経は愛の詩を配るためにと700冊の本を買ってくださったのです。

驚いてすぐにお礼をお電話をと思うけど涙がすぐに出てしまってお電話できなくて、今日の日を首を長くして待っていました。ジールのみなさんもとてもとても温かで素敵でした。

こんなにうれしい二日間をありがとうございました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

いま霧島にいます。
とっても素敵なところです。

お話したいこといっぱいなんです。
でもインターネットがつながらなくて携帯から書いています。
明日二日分アップさせて下さい。

今日もすごく嬉しい日でした。
ありがとうございました。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
学校に行くと、同僚の先生が「おめでとう」と声をかけてくださいました。「ん?!」なんのことだろうと心当たりのない私。
「子ども達の作品がふれあい展で特別賞をいただいたんだよ」と教えてくださいました。
わー・・すごーい。うれしい!!
さっそく見てきました。
088221.jpg
4月から、生活単元でみんなで描いていた絵を、同僚の先生が、とっても素敵に飾り付けてくださってあったのでした。

あ・・・本当に特別賞のリボンがついてる・・・
088232.jpg

みんなよかったね。おめでとう。

他の学校の作品がたくさん並んでいました。どれもとっても素敵でした。
折り紙の作品は、前の学校で廊下によく作られたものが飾られていて、すごいなあと思っていたお子さんの作品でした。

手芸も、詩もどれも素敵でした。

県庁の一番の展望台に飾られています。


明日は宮崎に行きます。
とっても楽しみです。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
こびとの靴屋さんならぬ、こびとの洋服屋さんが夜中にきてくれなかったので、よなべ仕事をがんばりました。
ああん、でも、ちっともうまくいかなかったよー・・ごめんねー・・
言い訳なんですけど、ホント、自分の技術を棚にあげちゃった
言い訳なんですけど、
赤い布が、ぺらぺらで薄くて、それから縫うと伸びたり縮んだりもするので、ミシンがちっともすすまないのです。。おまけに、アイロンをかけるとさらに縮むことが判明・・・。木綿で作りたかったなあ・・・言い訳です。

残念ながら、仕立屋さんにはぜったいになれそうになく、あまりいい仕上がりにはなりませんでした。けど、とても可愛いデザインで、下は黒のミニスカート、それで黒い帯をまくんです。

kimono821.jpg

高校生の衣装係さんが作ったというデザインのちらしを見ながらつくったのですが、作りながら、きいちゃんと浴衣を作ったときのことを思い出しました。
「お姉さんに何をプレゼントしたい?」と聞いた私にきいちゃんは「着物を縫ってあげたい」と言いました。
着物?! 私すごくびっくりしました。いったいそんなものを縫うことができるのだろうかと思ったのです。いまのように、インターネットもない時代、和裁の本を図書館から借りてきて、見ているうちに、浴衣なら縫えるだろうかと思ったけれど、布の裁ち方さえもわからなくて、見よう見まねできいちゃんと一緒に裁断しました。きいちゃんは目をきらきらさせて、「私、絶対に仕上げるから。おねえちゃんの結婚のプレゼントだよ。私絶対に頑張るんだ」とそう言いました。

今もきいちゃんは着物を縫い続けています。私にとっても、そしてきいちゃんにとっても、大切な時間だったんだなあと思ってうれしくなります。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

ボルネオの旅の本に、「運が良ければラフレシアを見ることができる」と書かれていました。世界で一番大きな花、ラフレシア。小学○年生とか、学研とかの本に、人がのっても大丈夫な、大きなハスのjはっぱとかと一緒に載っていたラフレシア・・すごくすごく見たかったのです。
ある朝、バスに乗るとワンディさんが「グッドニュースがあります」とおっしゃいました。「ラフレシアが咲いているのが見つかりました」バスの中に拍手がわきおこりました。
ラフレシアはいつ、どこに咲くのかわからないので、すんでいる人が、咲きそうなところを毎日のように探すのだそうです。なぜって、探し当てると、竹の囲いでそこを覆い、そして、道に、ラフレシアが咲いていますの看板を出して、入場料?を1200円とることができるのです。マレーシアで1200円はとても大きなお金です。そして、たくさんの方がラフレシアを見に来ます。
08820.jpg

ラフレシアは5日間くらい咲くのだそうです。このラフレシアは咲いて、少し日が経っているとか・・真ん中には、虫が飛び込んで、ラフレシアの栄養になるのです。
見たラフレシアはそれほど大きくはありませんでした。少しこぶりだとのこと・・・。それでも、やっぱりさすがに世界一の大きさの花。
みることができてうれしかったです。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

ボルネオで珍しいお花をおしえていただきました。
このお花の名前は何でしょう?
088191.jpg

ヒントは形です。こんな形で、みんなが大好き。夏休みに会ってこられた方も多いのではないでしょうか?

正解はじゃーん。

mikki819.jpg
これでーす。
でも、絵が下手でわからないかも・・ミッキーマウスの花。

とてもきれいなピンクの花でした。

東京にいる姪が帰ってきていました。毎日楽しい?と聞くと、姪は必ず「うん、かっこちゃん、私いつも楽しんでるよ。最高に楽しんでるよ」と明るい声で言ってくれます。
 みんなと離れてすんでいるから、私たちが心配をしているだろうと思ってか、必ずそう言ってくれます。
 つらいことやさびしいこともあるだろうけれど、そう言ってくれる姪に、私はどんなに大きな勇気をもらっていることでしょう。もちろんつらいときはつらいって言っていい。だから、そういうけれど、「かっこちゃん、つらいことだってもちろんあるけど、楽しいことがいっぱいだよね。生きることは楽しいよね」ってそう言うのです。姪は素敵だなあと思います。

明日は登校日です。みんな元気かなあ。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
08818.jpg
お盆のお休みも終わったのでしょうか?朝もいつもの時間にラッシュが始まりました。そして、今日からまた学校もプールが始まりました。
水の中の光のキラキラをずっと見つめてはそれこそキラキラの笑顔でうれしそうに上を向いて笑う男の子がいました。私もキラキラの水がうれしくて、きらきらの笑顔がうれしくて、そのたびに一緒に笑いました。

朝晩は少し涼しくなってきましたね。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
0817.jpg
今日は東京からみさちさんがいらっしゃって、「宇宙の約束」のレコーディングがありました。一日一日、着実にできあがっていく映画、今日は一応の映画のクランクアップになったのです。もちろん、これからも、どんどん進化していくのがE・Eプロジェクトさんの映画だから、また録画ということもあると思うけれど、一日一日できあがっていくのがとても楽しみです。

 たくさん、暑中お見舞いのおはがきをいただきながら、ほとんどお返事もかけずにいて、申し訳ないです。書かなくちゃ、書きたいという思いがつのっているのに、今日もまた一枚も書くことができずにいます。だめだなあ・・ごめんなさい。



子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
今日はE.Eプロジェクトの三人のみなさんが小松に来てくださっています。
今日のメインは、映画の中の音楽のレコーディングなのです。すでに、石塚さんや、重森さんや井塚さんが、バイオリンとピアノで演奏してくださって録音してある音に、歌をあわせていくのです。
今日は高校生の二人が歌をうたってくれました。まっすぐな力まない声が、とても心地よく、素敵にしあがったなあとうれしいのです。

08816.jpg
二人とも、「わあ、テレビで観るレコーディングと一緒だ」とうれしそうでした。
本当に素晴らしい装置・・・山の中にあるのですが、とてもりっぱで、東京や大阪や全国のいろいろなところからもレコーディングにこられるのだそうです。
088161.jpg
実は私も、こんなところで、歌うというような経験を、もうしたくても絶対にできっこないだろうなあ・・となんでも興味津々な私は、一度だけ、歌わせてもらって、なんと録音までしてもらったのでした。
歌は聴いていただけるようなしろものではありませんが、「超気持ちいい」感じでした。



子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
昨日、ふと思いついたのです。「ライアーを作りたい。ライアーを明日作ろう」
それで、材料を買いました。
ニトリで木のお盆、カーマでねじを何種類か、そして、山蓄でギターの弦。
raia1.jpg

まずライアーの真ん中に開ける穴の場所を鉛筆で書いて、それから、弦を通す穴そして、調節ねじの穴のしるし付けをします。
raia2.jpg
電動糸鋸、それから、電動ドリルで、穴をあけます。
raia3.jpg
サンドペーパーで磨きます。

そして、弦をつけます。
raia4.jpg
音の調節は、弦を張ったねじの上の方で弦をとめ、下の部分にドライバーでまわして巻き付けていくことで、調節します。

でも、まだ音の調節がむずかしいです。
何か演奏できるほどに音があえばいいんだけど・・・


今日は学校にはほとんど誰も来ておられません。お盆ですものね。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


四つ葉もオリンピックブームです。
yotuba814.jpg
ごはんを作っているときはいつも、集中して上から食べ物がおちてこないかみあげているはずなのに、このごろは、なんだか落ち着かない様子をみせます。
何を思ったかタタタタタと居間へ戻り、目を輝かせて見ているのは・・・
yotuba8142.jpg
そうです。オリンピックの放送。
四つ葉はオリンピックが好きらしいのです。そして、どうも日本の選手を応援している節があります。
北島選手が金メダルだとわかったあと、よろこびのために、部屋をあちこち飛び回るのです。
そして、
疲れた後は・・
鳥の巣の形のベッドで休みます。
torinosu814.jpg

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
aku813.jpg
ボルネオの旅日記にもかきましたが、朝、お散歩にでかけたときに、逆さまの形をした虹をみたのです。いったいあれはどうなっているの? 一緒に散歩にでかけた、アルバさんや大谷さんやワンディさんたちと、首をかしげながら、写真をとりました。雨も降っていない、雲もあまりない空でした。
帰ってからわかったのは、これは逆さ虹とも呼ばれる環天頂アークという現象だということがわかりました。ネットで調べていたら「倉敷科学センター(倉敷市福田町古新田)の三島和久天文技師(37)が22日夕、地平線に向かって逆さに弧を描く虹「環天頂アーク」の撮影に成功した。」というような記事が載っていたので、めずらしいことなのでしょうか?
でも、私、前にも一度この逆さ虹を見て写真をとったことがあるのです。
場所はペルー。外国ではあまり珍しくないのかな?
それとも偶然に運良くみれたのかな?
どっちにしてもうれしいことです。

sakasa813.jpg

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
bo39.jpg
ボルネオの写真日記を続けています。最初の小さな写真のページは変わらないままだけど、そこからリンクしているトラベラーズノートの方へ、大きい写真と文章をアップしています。

旅から帰ってきて、思い出は何もかもが宝物だけど、そのなかでもふとよみがえるのは、そこで出会った風景と、出会った人の言葉、そして子ども達の美しい目だなあとよく思います。
ボルネオで出会った子ども達もとてもとても可愛かったです。遠い場所へ行って出会った人は、見知らぬ人。それでも、私たちはきっと深い深いところでつながって、ひとつ命を生きている・・この赤ちゃんとも、私はきっとつながっていて、不思議なめぐりで出会って、接点を持つことができたことにも、きっと理由があるに違い在りません。

ところで、養護学校では企業からも、いくつか仕事の下請けをさせていただいて、作業の練習をしています。今の学校では、DVDのレンタルを電話かインターネットで受け付けて、その中に入れる返送用の封筒に90円の切手を貼っています。やぶれないように、切手を上手に貼って、決められた枠内に貼ることは、簡単なことじゃなく、とても神経をつかいます。それでも、みんな一生懸命その作業に取り組んでいます。
 そういうことがあって、私は、DVDは90円で送れるのかなとちょっと思っていました。ボルネオでとった写真のフォルダの容量が大きくなったのでDVDに焼いて、旅の仲間に送ろうと思っていました。それで、ちょうどいい封筒がなかったので、手作りで封筒をつくって、宛先を書きました。そして、90円切手を貼ろうかなあと思ったけど、「どうして、ちょうどいい封筒がなかったのだろう?」と思ったのです。もしかしたら、定型じゃないからじゃないかと思い立ちました。それで調べたら、やっぱり定形外で、120円のはずなのです。そっか、きっと送り先が全部、DVDの会社だからなのかもしれない・・と思いました。学校に来ているので、なかなか郵便局には行けないので、どうしようかなと思っていたら、メール便という方法があるよと教えてもらいました。どうやったらいいの?と友達に聞いたら、電話してみたらどうだろうということで、ドキドキしながら電話をしたら、ちょうど宅急便もあったので、そのことも言うと、取りに来てくださるとのこと・・わあうれしい・・そして送ることができました。代金は80円。
こんなことも、子ども達に話そうと思うのです。きっと卒業したら、郵便なども送ったりするから、自分の経験したいろんなことも、お話ししていきたいです。
たとえば、封筒を作ったら、ふと気がついたんだけどねって・・


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


sora811.jpg
昔から青い色が好きです。
夜になる少し前の、藍色に変わる色は、心まで空に融けていくような気持ちになります。
青い色はつながる色、心の色のような気もします。
イスラエルに行ったときも、中国に行ったときも、モスクやお寺の壁の色は、青い青い青い色でした。

お盆が近くなって、昨日も小松空港は、東京から帰ってくる家族のお迎えの人でいっぱいでした。

これからの何日間は、オリンピックをみんなで見たり、特別な時間が流れるのでしょうね。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



「平泉行きたい?」と小林さんが前々から聞いてくださっていました。ずっと行きたかったところです。小さいときに、義経と弁慶のNHKのテレビをみました。義経が誇り高い亡くなり方ができるようにと、弁慶が、仁王立ちになり、すごくたくさんの矢がささっても、立ち続ける緒方拳さんの姿をすごく小さかったのに、よく覚えています。あれはたぶん、平泉だったと覚えていました。それから、教科書に何度も出てくる中尊寺金色堂にも行きたかったのです。

濃いピンクのハスがとても美しかったです。
hasu810.jpg
それから、緑のもみじもとてもきれいでした。
tyuuson810.jpg

秋もきれいなんだろうなあ・・・
行き帰りに、地元の言葉でおしゃべりされるおじいさんに出会いました。方言が大好きな私は、宮沢賢治さんみたいだなあと耳をそばだてて、おしゃべりを聞いてしまったのでした。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

今日は仙台で「とっておきの時間」という講演会と演奏会がありました。
一番初めは、しょうこちゃん(渡辺祥子さん)がきいちゃんをろうそくしてくださいました。稲垣さんのピアノと一緒のしょうこちゃんの朗読、私のきいちゃんのお話しなのだけど、しょうこちゃんが読んでくださると私、涙が出そうになるのです。稲垣達也さんのピアノも心をゆさぶられるのです。inagaki89.jpg
お話しをさせていただいたあと、今度はゆうくん(笙YUUくん)の笙の演奏がありました。4,5年前くらいにお会いしたときのことを私はよく覚えています。あのとき、祈るようにして笙を演奏されるというふうに思ったけれど、今日もやはり同じように感じました。ゆうくんは、音楽を聴いて、自分で頭の中に音符を作り、そして演奏されるのだそうです。笙という楽器は、いくつもいくつも、(竹のかずだけ)和音ができる楽器です。だから、それだけでも、なんてすごい才能だろうと思います。そして、やっぱり祈りに似た演奏に涙があふれました。
yuu89.jpg
それからともちゃんとご家族(荒川知子とファミリーアンサンブル)の演奏がありました。
ともちゃんのかわいさ素敵さに、まっすぐさに、私も小林さんもノックアウトです。ああ、また涙が出ます。
tomo89.jpg

私は最後のあいさつをさせていただくことになっていたのですが、あまりに感動して、しゃべれなくなりそうなくらいでした。
仙台にはとっておきの音楽祭が毎年6月に開催されるのだそうです。ホームページによると「とっておきの音楽祭の「とっておきの」はVERY SPECIALの意です。一人ひとりがかけがえのない存在であり、音楽のチカラで個性が輝いてほしいという強い願いが込められています。
 2001年、宮城県仙台市で始まったこの音楽祭(平成18年度バリアフリー化推進功労者表彰・内閣府特命担当大臣表彰受賞)は、全国に広がりつつあります。」とのこと、ゆうくんやともこちゃんのように、心をゆさぶられる音楽家を生み出す素地が仙台のみなさんのあたたかさや障害をもっておられる方を大切にしようというお気持ちの中にあるのではないかとすごく感じました。
本当に素敵な一日でした。

仙台のみなさんありがとうございました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
0888.jpg
仙台に来ています。たくさんの飾りが、通りいっぱい飾られていて、くぐるようにして、歩きました。
今日でおしまいだそうです。お祭りの終わりはさびしいですね。そして、なんだか走るように夏が急ぎ足で行ってしまう気がして、それもさびしいです。
でも、まだまだ夏はありますね。

ボルネオの写真をアップし出しました。写真の上をクリックすると、トラベラーズノートに載せた写真へ飛びます。まだ半分の写真誌か、トラベラーズノートにアップしていませんが、近々全部アップしたいと思います。
見ていただけたらうれしいです。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

なんか、このごろしょっちゅうはげしく転んでるなあ。
今日は学校中のワックスがけだったのです。
箒で掃いて、汚れを落として、ぞうきんがけをして、それからワックスをかけるのです。

今日ころころと転んだのは、ぞうきんがけのときでした。
新しくおともだちにもらったお気に入りのクロックスhaite87.jpg
ね、可愛いでしょう。すごく気に入っています。
今日、びっくりしたのだけど、今までぞうきんがけはすごく大変でした。長い距離を雑巾で水拭きするときに途中ですぐにつかれちゃっていたのだけど、クロックスは魔法の靴のようです。きっとゴムみたいな素材でできているかだと思うのですが、すべらないためか、らくらく水拭きができるのです。

調子に乗って、自分ではありえないスピードで、大きな教室を走り抜けようとしたのです。きっと時速40キロ(くらいに感じました)ところが、この学校もたって何十年もたっていて、少し古くなってきています。真四角な板を貼り合わせて出来ている教室の床が、一枚うきあがっていたところがあったのです。40キロのハイスピードでぞうきんがけをしていた私のぞうきんが、そこでつまづいて、私はすってんころりーん。だーんと頭をすごく打ちました。目の前がちかちかとなって、頭が真っ白になって、涙がぽろりと流れました。
え?どこでどうなったの? 私だってよくわかりません。でも、同僚の先生が言われたとおり、「自損事故」・・誰の責任でもなく、ボルネオでもどこでも、いつも、たいした段差のないところで、いつもこのごろ転ぶなあ・・

頭に出来た大きなコブをさすりながら、気をつけようと自らをいましめている私です。もちろんたいしたことはありません。
そして、もちろん大切なお気に入りのクロックスにはなんの責任もなく、私は、やっぱり、気に入っているので、うれしいなあと、にこにここれを履いています。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


お若いお嬢さんからのメールではないかなあと思います。「どんな人とずっと生涯を一緒にすごしたいですか?かつこさんはどんな人が好きですか?」という質問のメールをいただきました。
そして、思ったのは、ボルネオで出会ったお友達のワンディさんの言葉でした。
ボルネオではイスラム教徒の男の方は4人の奥さんを持つことができるのだそうです。いろんな約束(たとえば、一人の奥さんにしてあげたり、買ってあげたりしたときは、同じように他の奥さんにもしなくてはならないなど)はあるにしても、何人も奥さんがおられることはそれほどめずらしいことじゃなく、当たり前のようなことだそうです。
「ワンディさんも、何人もの方と結婚されますか?」と私が聞いたとき、ワンディさんは、にこやかに、「たとえ、そんな権利があっても、僕は一人の人としかしません。今、フィアンセがいます。携帯があるから、いつも電話ができます。彼女が悲しむことはしたくないから」とワンディさんが言いました。
誰かを好きでいても、もう一人他の人を好きになるということは、絶対にないとは言い切れないかもしれません。それでも、一緒にいる好きな人を悲しませると思ったときに、その気持ちにはブレーキがかかるということだと思います。

私はその言葉を聞いてワンディさんがいっそう好きになりました。相手の気持ちはともかくも、相手のことを一途に愛し続けるというような愛もあるでしょう。でも、私は、このごろ、「悲しませたくないから、誰か素敵な人がいたとしても、あなたを思っている」というような気持ちに涙が出ます。そして、大切にしてくれる人、愛してくれる人に、まっすぐに、応えたい、大切に思ってくれて、私を悲しませたくないと思ってくれる人と穏やかに、その温かいぬくもりの中で、いたいと思うようにいつのころからかなってきました。嫌われるのじゃないかとドキドキしたり、相手の気分をそこなうことを言わないかとドキドキしたり、疑いあったりするような関係じゃなく、ほっと安心できる中で、すごしていたい・・そんなふうに思うようになったよとお返事をしました。なんだか自分勝手な答えのようにも思うけど、そんなふうなことを思うこの頃です。

haibisu86.jpg
ハイビスカスはマレーシアの国の花だそうです。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
静岡市の校長先生の研修会で、静岡に日帰りで出かけていました。
お城の中にある葵小学校という木の美しい素敵な学校が会場でした。

校長室に入ったとたん、あっと何か、私思ったのです。すごくひかれてよく見たら、
なんと山下清さんの絵でした。
08851.jpg
笑顔の素敵な優しい校長先生が、この絵の秘密?を話してくださいました。
08852.jpg
「前に山下清さんが、学校に来られたときに、模造紙に、ペンでさっさと絵を描かれたのです。それを四分割して、それが、この学校にあるはずだと教えてもらって、探したのです。今、2枚かけてあるのだけど、あと一枚もあるということを知っていて、もう一枚もあるはずだけど、いまだみつかっていなくて、ちょっと心配なのです」
わー・・ホグワーツみたいだ!! 秘密の部屋があるんだろうか? 必要な部屋みたいなものも隠されているんだろうか? とわくわくしました。少し歩くと、馬頭琴が飾られていたり、古いおひな様が飾られていたり、葵の御紋みたいに葵の葉っぱが普通は2枚のしか生えてこないんだけど、3枚のがあってねとみせていただいたり・・ちょっと魔法のようでした。

もしかしたら、ダンブルドア先生みたいに魔法が使えるのかも・・・後ろにうつっておられるのは、マクゴナガル先生?

来ておられた校長先生も、じつは姿を変えた魔法使いだったりはしないのか?
行き帰りの電車で、ハリーポッター第7巻を読んでいて、そのことで頭がいっぱいの私は、なんだかそんな思いで楽しく帰ってきたのでした。お世話になりました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
旅の間、うれしいことがいっぱいいっぱいありました。
その一つがワンディさんとの出会いでした。
夏の旅は9回目になります。そのたびに、かけがえのない友達をその国で得ることができました。
みんな素敵な方で、大好きで大好きで、お別れがつらくなるのです。
そして、ワンディさんも、まさしくそんな方でした。
いつしか、私たちは仲間になって、口には出さないけど、別れの時間が来るのが本当に悲しかったのです。
ワンディさんにお礼をメールを出したら、さっそくお返事をくださいました。涙がぽろりとおちました。
「カッコちゃん、

お疲れさまです。
他のみなさんと同じようにカッコちゃんと呼んでいいと許可頂いて、
仲間に入れてくれるとそういう気分になります。

カッコちゃんとミンナ大好きの仲間、今までツアーケアーしたグループ
の中で最高です。自分も思わず今回のツアーは仕事じゃなくて、
皆と一緒に旅行した気分になりました。

毎日、早起きと移動とアクティビティーがあるから、みんな疲れるだろう
と思って、以外に毎朝、皆の元気な顔を見ると、自分にも力になります。

ミリでお別れのとき、寂しかった。自分のフライトに行く時、ずっと皆さん
が乗っているフライトを見ました。自分のフライトは皆が乗っていたフライト
直ぐ隣だったから、窓から誰かの顔が見れるかなと思って、やっぱり遠かった。

また、ボルネオに来てくださいね。

これからも宜しくお願いします」
wandysan.jpg

こんな幸せなことがあるでしょうか? ボルネオのことを思う度に、これから私たちは幾度もワンディさんを思うと思います。ボルネオが大好きです。自然も素敵、空も素敵・・でも何よりも大好きなワンディさんがそこにおられるからです。

ボルネオで一番びっくりしたこと・・順番なんてつけられないけど、
最後に泊まったロッジの本棚にあるものを発見して、「小林さん、大変です。大変なことがありました。すぐに来てください」と思わず叫んだほどびっくりしたこと。
honndana84.jpg
それは、この本棚にロッジの名前のはんこを押された「さびしいときは心のかぜです」の本があったからです。
アメリカのドルで70ドルの値段のシール。売っているのではないようで、買われたような感じでした。ああ、こんなところで出会えるなんて・・幸せですね。
そしてその本の写真をとったはずなのに、真っ黒の写真・・暗くてうつっていませんでした。
旅の仲間の方に、証明写真をとっていただいたので、いずれ・・・
と書いていたら、あやちゃんが送ってくれました。ありがとうございます。うれしかったです。

わあい。谷さんも送って下さいました。ありがとうございます。
DSCF2701.jpg
tanisann.jpg


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

おりこうさんにお留守番をしていたワンコたち。
みんなとても元気です。
rin83.jpg
すぐにとびついてきて、顔をぺろぺろなめたがる凛。
itijiku83.jpg
じっと顔をみて、そっと私のそばにきて、よりそうようにいるいちじく・・みんな元気です。四つ葉も元気。
ところで帰ってきていろんなことがありました。

まず、なぜか、アルのサイドミラーがなぜか、割れていたのです。最初は汚れているだけかなと思ったけど、さわってみたら、放射状にわれていることがわかりました。
石川県地方は嵐があったみたいだから、ちょうどサイドミラーにあたったのかな?アルの窓でなくてよかったな・・なおさなくちゃ・・

それから、今日、私、小さな小さな手術?をしました。
ボルネオではジャングルをいっぱい歩いて、滝のところで泳いだり、サバイバルな毎日だったのです。ジャングルではころんだりしなかったのに・・ロッジの長い木の廊下になっているテラスで足がもつれて転びました。カメラを死守してえらいと思ったのだけど、手袋の下でたくさんの棘が手のひらにささっていたのです。
直径でも、2ミリくらいあって、長さも1センチ以上ある大きなとげがやっと抜けたのですが、どうも、まだいくつも棘が手のひらに残っているようで、小林さんが、化膿止めを貸してくださったのだけど、少しずつ化膿しだして、でも、だいじょうぶ・・平気!!と思っていたのです。そのうちなおるからって・・けど、何度も小林さんが、「きょうすべきことは何でしょう?」「え?今日ですか?わかりません」「それは病院へ行くことです」というような会話もあって、当番医の病院へ出かけました。
今日出かけた外科の先生の待合室には「ブラックジャックの秘密?」みたいな本の執筆に加わったというポスターが貼られていたのです。ブラックジャックみたいな先生かなあと思いながら診察室に入りました。
先生は「これは、手術しないと採れないな」と一言。え!?今、手術っていった?シュジュツって言った?私怖いのも痛いのも嫌なんですけど・・・と思ったのでした。

あんなにがんばっても、とれなかったたくさんの小さなとげをひょいひょいと抜いていく、ブラックジャック先生。けれど、大きな棘が入っていたところはどうしても切らないととれないなあと言うのです。
一本目の麻酔・・「おかしいな、効かない?」「はい、歯医者さんでも、あまり麻酔は効きません。でも、がまんします」なんだか変な会話のあと、麻酔をあと2本打ってもらって、45分の格闘のあと、残っていた棘を抜いてくださいました。「ワインで乾杯したいような気持ちだなあ」とブラックジャック先生。
看護婦さんも「先生も、山元さんもよく頑張りました」とほめてくれました。そして拍手が起こったのでした。
手のひらには穴があきました。棘を観たらそんなにも大きくなくて、何だこれくらいというような感じですけど、45分はとても長くて、やっぱり棘をいただこうと思って、「ください」と言ってもらってきました。
toge83.jpg
というような格闘の今日でありました。
棘がささったのはそれはうれしくないことかもしれないけど、小林さんやみなさんの温かさがうれしかったり、ブラックジャック先生に棘をとってもらったのもうれしかったし、やっぱりささったこともうれしいことだったな・・
少しずつ、写真やノートの整理も始めます。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
8/2
関空に帰ってきました。
旅のお話し、またいちじくりんなどでお話しさせてください。
ありがとうございました。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。