FC2カウンター いちじくりん
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kakko_y

どんなに強い風の中でも あなたの声がききわけられるどんなにたくさんの人の中でも あなたの姿を見つけられるきっときっと 見つけられる
01-30 06:54

スポンサーサイト
kakko_y

だいじょうぶ…そう思えたときから、だいじょうぶがはじまるんだと思うのだいじょうぶ。だいじょうぶ。そう思えたら、もうだいじょうぶ。
01-27 22:25

kakko_y

明日の私は 私の知らない私なのいつだっていつだって明日になれば新しい今日のことを思い悩むことはもうやめてそして明日の私を楽しみにするの
01-26 22:05

kakko_y

雪を見てあなたを想う 月を見てあなたを想う 元気でいて… 笑っていて…と いつも いつも あなたを想う
01-24 22:14

金沢には二つの有名な川があります。
ひとつは犀川。
もうひとつは浅野川。
男川と女川とも言われます。

冬の浅野川にはカモメが舞います。

亡くなった父が好きだった景色です。

12123.jpg
まだ宮ぷーに話してないけどお昼から三年ぶりに倒れて始めて映画に行こうと思っています。いつもよくしてくださるひろこちゃんも一緒です。わーいドキドキ。生きることは楽しみを持つことと言っておられたのはどなただったでしょう。先に楽しみを持つことは大切ですね。
岩崎靖子ちゃんから、12月8日に倉敷で初上映される今度の映画の題名の打診がありました。宮ぷーに聞いたら、宮ぷーも声で、靖子ちゃんに「いいよー」と答えていました。内容は
・・・・
映画「僕のうしろに道はできる」~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~
キャッチコピーは…聴こえる? いのちの声 いのちの力…ストーリー脳幹出血で突然倒れた宮ぷーこと宮田俊也さん。意識も戻らず、一生四肢麻痺と思われましたが、現在は、機械を使っておしゃべりしたり、車椅子に乗って外出したり。奇跡の復活、でも奇跡ではなかった。そこにはあきらめないで、リハビリし続けた宮ぷーがいた。一緒に歩く仲間たちがいた。生きるってどういうこと?幸せってなんだろう?いのちと向き合うって?観終えた時、いのちの力がおなかの底から湧きあがってくる!
・・・
12月8日はNHKスペシャル「私の声が聞こえますか?」~植物状態からの帰還~などでも、治療が不可能だと考えられてきた植物状態の常識を変える看護にずっと取り組んでこられた紙屋克子先生の講演会と私の講演会もあります。「雪絵ちゃんの願いが世界へ今広がっていこうとしているように、宮ぷーや私が思っているこの願いもどうか、世界中が当たり前になるようになってほしいです。そのためにも、メルマガをもっともっと多くの方にとっていただいて、仲間を増やしたいとも思うのです。もちろんそのためだけじゃなくて、みなさんで作っているこの素敵なメルマガを多くの方と共有したいという思いもあります。かっこちゃん新聞3を作りました。
http://image02.w.livedoor.jp/i/n/itijikurin/dd49ba0dfe60cf65.pdfまた、どうか、周りの方に配っていただいたり、どこかのお店においていただけたら、本当にうれしいです。どうぞよろしくおねがいいたします。
12121.jpg
おしゃべりがしたい宮ぷーは、肺活量だってふやさなくちゃなりません。
だから、ときどきナイロン袋をふーっと膨らませたり、ラッパを吹いたりもしています。

でも、なかなかどんなふうにしたら、息がふうってできるのかわからなかったのです。
だんだんじょうずになってきました。



すごいなあ
kakko_y

「だいじょうぶ?」 何度も何度も聞く私  「だいじょうぶだよ」繰り返しうなずいてあなたが 笑ってくれたから  私 本当に だいじょうぶになっていく
01-16 22:15

kakko_y

生きるということは 道を作ると いうことだろうか  私たちは 誰かが歯をくいしばり 涙を流しながら 一生懸命生きることで作った 道の上を 歩かせてもらっているのだろうか 
01-15 22:08

kakko_y

本当に大切なことなら、天が応援してくださるはじめるのが怖いとき 私はいつも そう 思います
01-14 23:00

悲しいことやさびしい気持ちはどこにいても 当たり前のように、私のそばにすわっているけどでも、そのそばにあるのは、いつもいつもうれしい気持ち最後はいつもうれしいということを 私は決して忘れずにいよう
01-14 05:42

今朝、宮ぷーは「101回目のプロポーズ」の映像のいくつかをテレビで見たのだそうです。どんなお話し?ということで、私はそのテレビが大好きで毎回一生懸命見ていたから、あらすじをお話ししました。婚約者が亡くなってしまって、浅野温子さんは、大好きな人が亡くなるのが怖くなってしまったんだよ。でも、武田哲也さんはトラックの前に飛び出して「ぼくはしにません、ぼくはしにません。だって、あなたが好きだから」って言ったんだよ。とい�うお話しをしました。それから、結婚指輪のかわりにボルトを指にそっと入れてあげたんだよという話もしました。宮ぷーは、レッツチャットで「ぼくはしにません」って言いました。だから、私は「そうだよ。宮ぷー。もう二度と死なないでね」とまた言いました。宮ぷーがしにませんと言ってくれることがうれしいです。
宮ぷーが倒れた次の冬から時々床屋さんを開業しています。今まではお客さんは坊主刈りとスポーツ刈りしか注文がなかったのに昨日はソフトモヒカンの注文がありました。えー?どんなの?とわからずにとりあえず真ん中の刈り上げはやめておいたよ。
右手が自由にリハビリをできるようにと、二宮さんが作ってくださったスイッチを手袋に縫いつけました。
まだ初めてだけど、使えるようになりそうです。
最初は右手と左手につけて、いつか左手だけで使えるようになったら、もっともっと右手の練習を頑張れます。二宮さんありがとうございます。明日とあさって、それから連休と頑張って練習します。
今日は宮ぷーのところにスイッチ名人の二宮さんが来てくださることになっていて宮ぷーも伝えたいことをあらかじめいれていました。スイッチが合わなかったら意思伝達装置も使えません。多くの方に広まることでスイッチを合わせて作る技術が増えたりお仕事として成り立っていけばスイッチ名人も増えたらいいな~と思います。二宮さんに支えていただいてる宮ぷーの毎日です。


新年明けましておめでとうございます。愛でいっぱいの素晴らしい年になりますことをお祈りしています。
宮ぷーの左足が腫れていて今年は病室で初詣。伊勢神宮でいただいてきた神様のお札に手を合わせて、携帯電話で小林さんが祝詞をあげてくださいました。神様はきっといつもどこにでもいて守っていてくださいますね。何度も手を合わせようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。