FC2カウンター いちじくりん
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
葉っぱの上に隠れていた
小さな甲虫。



120531.jpg

近寄ってみたら、宝石をいっぱいつけていたよ。
真っ赤なルビー。サファイア、そしてエメラルド。
それから、毛皮を巻いていたよ

甲虫はとってもおしゃれでした。
1205312.jpg
スポンサーサイト
たくさんの白い蝶が、木にとまっているみたいは
山帽子

もうすぐ夏がやってくるね
120530.jpg
すぐに 忘れそうに なるけれど
幸せは いつも 私の すぐそばに あって
どんなときも 私を包んでくれている

当たり前の中にも 苦しみの中にも どんなときも
幸せは 私から 決して離れることはなくて

そのことに気が付きさえすれば
あたりは 光で いっぱいになる

すぐに忘れそうになるけれど
幸せは いつも 私の そばにある

120527.jpg

飽きることなく続いている靴下人形製作。
どれが何かわかりますか?
今度はソックスワンコ ちょっと怖い顔になっちゃった
ソックスで作ったカエル。メキシコに住んでいるアカメアマガエルです。みんなみんな元気でいてケロ
みんなみんな笑顔でいてケロ
お願いカエルからのお願いです。
新しいおさるさんの名前はまさるちゃんといいます。まさるちゃんはおしゃべりします。ちょっと金沢弁です。ソックモンキーつくりまだまだ続いています。
学校でお母さんへのカードと花束を作りました。お母さんいつもありがとうと言って渡すのと紙袋にいれて大切に持って帰ってくれました。
携帯のイヤホンの柔らかいところ 耳にいれる部分がすぐに取れてなくなってしまいます。仕方がないので手つくりで補修。買えばいいのにとみんないうけど、使い勝手もまあまあなのでいいのです。
靴下のおさるさんには、ストーリーがあることを私間前に聞いて知っていました。
・・・・
1915年アメリカ。イリノイ州ロックフォード市のネルソン靴下会社が、労働者用の靴下を生み出した。それは補強するため、かかとを赤い糸で編んだ労働者用もの。その靴下は労働者に愛され使い続けられていた。

1929年10月29日木曜日(Black Thursday)、ニューヨーク株式市場の株価が暴落し、そのことがきっかけとなって世界中に大恐慌の波が押し寄せた。特に被害がひどかったアメリカでは、自殺者が続出し、何千万人の失業者を生み出した。大不況の泥沼の中、労働者たちはあくせく働くが、日々の生活を送るのがやっとだった。もちろん子供たちにおもちゃを買ってあげることもできず、不自由な生活を過ごしていた。

クリスマス前のある日、ひとりのおばあさんは孫にプレゼントを買う余裕もなく悩んでいた。窓の外を見つめたおばあさんの目に留まったものは……使い古された一足の靴下。おばあさんは知恵を絞って、その靴下から素敵なプレゼントを作り上げた。それは一匹のサルの人形。その人形はソックモンキーと呼ばれ、今なおみんなに愛され作り続けられている。現在、ネルソン社はフォックス・リバー社と名を改め、ソックモンキー用のレッド・ヒール・ソックスを発売している。ソックモンキーに関する書籍も多く出版され、ヴィンテージ・ソックモンキーのコレクターも多い。
・・・・・
ソックモンキー協会のホームページhttp://sockmonkey-kyoukai.jp/index.html
には下のようなページがありました。
・・・・・
ぼくらには、みんな、ママやパパがいる。「ぼくらにはみんな、ママやパパがいる。兄弟もいる。君みたいにね。日本で生まれるソックモンキーのふるさとは、からだにハンディキャップのあるひとたちがあつまる場所(身体障害者通所授産施設)なんだって。そこで、ひとつひとつ手づくりされる。何日もかけて、できあがる。ぼくらは、生んでくれたママやパパを大好きだし、ほこりに思う。タグに書いてあるのがママやパパの名前です。」
緑光苑 社会福祉法人サンフラワークラブ NPO法人タオ
・・・・
そんな温かなお話を思いながら、ソックモンキーを作るのは楽しかったです。もっといっぱいつくります。osaru.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。