FC2カウンター いちじくりん
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪根さんがいらっしゃると、赤塚さんや、小林さんが来てくださって、毎年10数年も歌会が行われてきました。今年は、宮ぷーとチーム宮ぷーが一緒に参加。
うれしい土曜日と日曜日になりました。
日曜日の朝、よっこちゃんと用事があって車のところに行ったら、車の窓に、何か不思議な美しい帯がうつっていました。何がうつっているの?振り向いて驚きました。空には、白山の上に、帯のような美しい雲がうかんでいました。
驚いてみんなにも知らせて、みんなで観ました。彩雲というのだそうです。阪根さんが、「最後に観たのはパタゴニアだったな」と言いました。ところがそのとなりにあったお日さまは、ダイヤモンドの指輪のようなめずらしい日輪の姿をしていました。
そして、その中には、動く不思議な光がありました。星のような、でも、太陽の近くを動くもの。
ひろこちゃんが、「お日さまは、きっとアマテラス。昨日の夜に、伊勢神宮に宮ぷーもいこうねという話があったけど、お伊勢さんが、いらっしゃいと言ってくださってる。そして、彩雲はきっとククリヒメさん。白山さんが、すべてだいじょうぶといってくださっている。そんな気がする」と言いました。きっとそう。これからもいいことがいっぱいと神様がつたえてくださっているんだと思いました。宮ぷー。本当にそうだよ。こんなに温かな、みなさんといつも一緒だもの。
135251.jpg


135252.jpg
スポンサーサイト
このごろ製本がマイブームですと書いたら。作り方を教えてとメールをいくつかいただきました。
実際にみていただくわけでもないのに、どうやったら作り方をお伝えできるのかな?とりあえず、作ったノートに作り方を書いてみました。ぜひぜひ、楽しいから作ってみてくださいね。




大阪の初上映会のときに、医療関係の方などに、「僕のうしろに道はできる」の映画を上映していただきたいと、医療関係者の映画上映費を寄付であつめるというサイト、レディフォーへの基金にと作ったのがすのうメダルです。
山梨で上映して白雪姫プロジェクトを広めてくださっている白雪隊の山梨手芸部のあけみちゃんから、すのうメダルの作り方をおしえてほしいとメールをいただきました。それでノートに書いてみました。メダル物語はここから読めます。
http://ohanashi-daisuki.com/medal/index.html

13514.jpg
宮ぷーからチーム宮ぷーのみんなに届いたメールです。
・・・・
みなさん こんばんわ。せんじつはながしまめいよしゅうしんかんとくがりはびりをしているえいぞうをみました。すごいとおもいました。 まけるもんか!ともおもいました。あっ しゅうしんめいよかんとくというめいしょうのまちがいをしたかもしれません。きっとそうにちがいありません。まぁ めいしょうなんてどうでもいいや。
かっこちゃん ねぇ おたんじょうびのぷれぜんととしておきどけいとかのめざましどけいなんてどうですか?だめならまたかんがえるけど これでよかったららくてんいちばでえらんでください。またいっしょにえらびましょうね。
あ! わすれていた。もうすぐははのひもあるんだったなぁ。おくりものはなににしようかなぁ?たべものにするととうにょうびょうのあっかがしんぱいだしなぁ。
あ! めっせーじかーどもいいね。
・・・・・
大好きなお母さんと離れた病院にいて、なかなか会いに行くことがむずかしいけれど、宮ぷーは少しの間だって、きっとお母さんのことを忘れたりはしないのだと思います。それでおととい、私が帰りにイオンによって何かプレゼントを買ってくるねと言いました。でも、妹さんに電話をしたら、病院では、靴下、服なども共同なのだそうです。そして今はお口からは食べられないとのこと。アルバムを渡して一緒に見るよと妹さんが言っておられました。他にはものはあまりおけないとのこと。でも、宮ぷーが言っていたように、メッセージカードを作りました。きっとすぐにでも、いつでも、宮ぷーはおかあさんに会いたいんだろうなあ。私は前に、スーツをプレゼントをしたのですが、何日もたったら、そのときは母の日のプレゼントのつもりでも、また、何か渡したくなりました。それで、亡くなった父が竜雄という名前で、たつ年だったので、父のことが大好きな母に竜のもようの日本手ぬぐいでノートを装丁して、本みたいにして、プレゼントしようとつくりました。ちょっと素敵に仕上がりました。うふふ。
これは、材料。日本手ぬぐい、厚紙、そしてノート。

表は竜、

裏は金色の玉

そして、これは、上の部分。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。