FC2カウンター いちじくりん
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴の開いた靴下やもう着ない長袖Tシャツの袖はわたしにとってはお大事です。だってお掃除の道具になるから。水拭きだってワックスがけだってできちゃうんです。
スポンサーサイト
とにかく何か作りたくて作ったキーホルダー  本作りでちょっと煮詰まることがあったので、一休みの時間に作ったらいいことを思いついて解決したよ。ジタバタしたりあがいたり、ちょっとお休みすることって大切ですね。
家に合皮があったので、ぺんケースを作りました。

糸を通す穴をあけても、穴が縮んでどこに開けたかわからなくてしまうのは、合皮だからなのでしょうか?
内側と外側はつながっていて一枚。そうすると縫う場所が減ったり、つながっているところが、なんだかいい感じだなと思います。

無残な新聞紙の足型
粘土と昨日あんなに格闘したけど、はっと気がついて、乾くということは、どこからか水の分子がでるということだから、蒸発するから縮むのでは?と思いました。縮むと、型をとっても後で、また足すとヒビが入るなあと思って、それで、結局菊練りをして、形を作り直しました。がーーーーん。そしてどれだけ縮むかもわからないしむずかしいです。
中をボンドを塗ってきれいにして木の粘土を詰めました。取り出し用の穴が靴型には開いているから棒を差し込みました。
つま先が落ちないように本を置いて乾かそうと思います。いったいいつ乾くのでしょうか?
粘土がちゃんと詰まったかな?不安でいっぱいです。
カーブに影響しにくい横の部分に切り込みを入れることにしました。

中もドライヤーで乾かしました。

中があまりくっつかないように最初ボンドを薄くしたので中がボロボロ。うーん

いつも履いてる靴下の上にラップを巻いて

新聞紙を上から水溶きボンドに浸した新聞紙を張り付けています。

たくさん貼ったら足を上げながらドライヤーをかけて乾かし中です。結構大変。足がブルブルしてきたよ。
まだ乾かないのでこのまま寝ます。


靴作りをチーム宮ぷーのみんなとしたのですが、でも人数のことや、あとでチームに入られたということや、いろいろなことで、ちかちゃんとまさおちゃんが参加できなかったのです。でも、手作りが大好きなお二人。私はしっかりと作り方を覚えてあとで伝えるからねとそう宣言していたのです。ところがです。靴作りをすることは簡単ではありませんでした。第一に、靴型が必要なのです。
手のひらワークスの小林さんが、いっぱい用意をしてくださって、靴型に合わせて底の部分もつくってくださってあったり、いろいろと工夫してくださったからできたのでした。
でも、お二人だって作りたいはず。なんとか靴型ができないかと朝からペットボトルをお湯につけてみたり(全然柔らかくならなかった…失敗)いろいろと考えて思いついたのが、木の粘土。これは、あとで釘も打てるし、そして削ることもできます。これなら作れるかなあと思ったのです。でも、自分の足の型を作れなければ、結局、彫刻のようにして足そっくりにつくるしかありません。これでは誰でもできる方法じゃない。今考えていることはおかしすぎる抛方なんです。笑っちゃうけど、足にラップを巻いて、それに、新聞をのりではって、はりこをつくって、型にするってどうでしょう?うまくいくかな?木の粘土はセリアという100円のお店でいっぱい書いました。やってみるよ。まず自分のをしてみます。できるかなあ。できるかなあ。
靴作りがすごく楽しかったから、今も靴のことを考えています。みんなで靴を作っていたときに、小林智行さんが、「ここは難しいので僕がします」というような場所が何箇所かありました。でも、私はなんでもやりたがりなので、私したいですと言いました。小林さんは、「自分でしてください。挑戦してください」と言ってくださって、すごくうれしかったです。少しガタガタになっちゃったところもあったけど、だからこそ愛おしい靴ができました。そして、ああ、ここはもっとこうしたらよかったということがいっぱいわかったので、絶対にまた靴を作ろうと思います。



身の回りのものはなんだって手作りしたい私。万年筆と靴を作りたいと最近では言い続けていて万年筆は去年作りました。そしてついに今日と明日は靴作り。小林智行さんに教えていただきながら、今日は上の部分を明日は下の部分を作ります。たのしくてしかたがありません。みんなの靴が勢ぞろい。
毎年母の日には新しい種類のアジサイをプレゼントしてきました。このアジサイの名前はケイコというそうです。二つ買うことができることも幸せ。
大根おろしお餅が食べたいけどお餅がないので大根おろしトーストにしました。いただきます。
ももこのお店トリミングハウスMOMOが開店して、6月で1年になります。
ももこのお店は、お風呂の隣の頭を洗うシャンプー台を、ドッグバスに入れ替えて、それから、洗濯部屋をトリミングのお部屋に変えました。
もともと勝手口があったところがお店のドアなんだけど、開けると大きな洗濯機がドーンとあります。もうこれは仕方がないこと。
でも、ももこが見えなくしたいなあと言って、木でカバーをつくってと言いました。蛇口も隠してよという注文で、寸法を測ってつくりました。

ところが、私が外に出ているときにももこから電話がありました。
「中の洗濯物がとれないんだけど」「どういうこと?」「枠が高すぎてとれないよ」
それで、台に乗っても取れなかったの出、今は、焼肉のトングを使って洗濯物を取り出しています。
おかしすぎるももこ。
今まで自己流でしていたPhotoshopとイラストレーター。でも、本の入稿や、みなさんにちらしのデーターをお送りすることもあって、自分で何もわかっていないことがわかりました。
それで、勉強のしなおしです。
やっぱり、「一番やさしい」とか「これからはじまる」とかそういう言葉に弱いのです。
それで「これからはじまるPhotoshop」「これからはじまるイラストレーター」など3冊を買いました。
がんばるよ。


南アフリカの田舎へ向かっていたときに、何度かガソリンスタンドに寄りました。
そこは村の果物や日用品や野菜も売られている小さなスーパーマーケットでもありました。
そこで、駝鳥の羽のほうきを買いました。これがとても便利なのです。
そのときのメルマガ「宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと」になんて書いてあったかな?
・・・・・・
目的地につくたびに、いろいろなガソリンスタンドに停まります。今度のガソリン
スタンドは、たぶん田舎にあって、他にもお店がないからだと思うのですが、いろい
ろな野菜や日用品も売られていました。そういうものを見るのが大好きです。小林さ
んは、大きなミカンの袋をふたつ買われました。そういえば、窓の外にはミカンの木
がいっぱい植えられていました。私は小さなほうきを買いました。ほうきはダチョウ
の羽でできていて、大きなすす払いのようなものも、小さなパソコンのほこりをはら
うようなものもあって、一番小さな物を買いました。南アフリカのお金で15ランド。
日本円で150円ほどになります。ほうきを買っていたら、なんだか後ろから私の足を
なめる物がいます。いちじく?(私のおうちの犬のひとり)と思ったらもちろんそんな
はずはなくて、小さなふさふさの毛の可愛い犬でした。いちじくや凛やそして、ハー
トは元気だろうか。犬たちもきっと淋しいのを我慢してくれているのだろうと思う
と、チーム宮プーのことや宮プーのことも思いました。そしてもちろん家族のこと
も。みんなで旅にこさせてくれたんだと思いました。
・・・・・・・
150円ほどだったんだ。とても便利で今でもなくてはならない便利グッズです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。