FC2カウンター いちじくりん 今日は父の一周忌でした。
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父が亡くなったのは昨年の2月20日。
もうすぐ一年です。今日は親戚の方々が集まってくださって、父の一周忌をしました。

ああいろんなことがあったなあ。ついこのあいだだけど、もう一年たって、あっという間だったけれど、でも、長かったような気もします。
父が亡くなったことのさびしさとそして、母がいっときはすごく元気がなくて、そのことが心配で不安でならなかった時期がありました。
でも、今はずいぶん元気になって、今日も自分で挨拶をしていました。
「今日一番うれしかったのは、お天気がとてもいいことです。そのことがとてもうれしいです」
本当に母の言うとおり、もし、今日が土砂降りだったら、来ていただく方にも大変だったし、それだけでなくて、やっぱり悲しい気持ちになったかもしれない。
父はお空で笑っているよと思える今日のお天気がうれしかったです。

090215.jpg
姪が東京から来てくれて、帰り道も同じなので姪を小松空港まで送ることができました。
私はこの姪とそして甥が大好きで大切で、ならないのです。
姪とおしゃべりをしながら、私は父にとって姪が初孫だったので、本当にうれしそうに、眠っている姪の顔を何度も何度ものぞきこんでは、ほお眠ってるねとか、おや笑ったとかそんなことを何度も言っていたことを思い出しました。

大好きな父と母の子どもでいられてよかったなあとしみじみ思ったりもして、やっぱりちょっと淋しい今日でした。

家に帰ったら、田口ランディさんからメールが届いていました。
ランディさんもお父様を亡くされたのですが、「ここ数年にわたってエリザベス・キューブラー・ロスの思想を取材 していました。ロスの看取りの研究について取材している途中から、父が末期がん になり自分が看取りをするという、現実と取材が入れ子状態になり、その過程で「パピヨ ン」という作品が生まれた」とのことでした。

そのパピヨンという御本の紹介を動画でユーチューブで見られるとのこと、ブログでお知らせをしてほしいというメールでした。それでお知らせさせてください。




ランディさんはお母様やお父様やご兄弟の命にも向き合って生きてこられました。父を亡くしたばかりの私はやっぱりランディさんの思いを知りたいなあと思います。ランディさんの御本、私もさっそく読ませていただきたいです。



子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お天気が良いと故人も幸せかなって思いますね。私の父の葬儀の時も天気が良すぎるくらい良くてきていただく人にとっては、良かったから良かったって思いました。本を読み終わりました。クラスの子で「椅子をゆらゆらする子」がいますがゆりかごのような感じなんだそうです。理由がわかったら、納得しました。
2009/02/15(日) 19:54 | URL | yuko #-[ 編集]
kakkoちゃん
暮れに田口さんがこの町にも来てくださって、お話を伺いました。
田口ランディさんの本は大好きで、何冊も読んでいて、
そんな方ともお知り合いなんですねぇ・・
私もパピヨン、読んでみます。
2009/02/16(月) 20:57 | URL | perican #-[ 編集]
私は、約10年前に母を亡くしました。

「母の病、死」なくして今の私はありません。

身近な人の死は、残されたものの人生に大きな影響を与えてくれますね。

 田口ランディさん、知らなかったです。
早速読んでみたいと思います。

ありがとうございます。

 

2009/02/18(水) 00:41 | URL | peko #B2CsETZw[ 編集]
わたしは
母の2番目の旦那様を
一昨年見送りました。
25年も母と一緒でした。
アメリカ人だったのを
国籍を捨てた人でしたが
最期は英語だけになっていて
痛くていたくて
たまらなかったみたいで。。
私と夫が
最期に部屋にいったとき
“take it easy,,"
ほっといてくれ、、って。。

それがさいごになってしまって、、
とても寂しかった。。

ただね、、
もう痛くてなにもしたくないって
言う頃に
最後に読んだものが
わたしが
彼に書いた英語の手紙だって
後でわかって
救われました。。

戦争で硫黄島に着た彼は
17歳だった。。
戦後直後広島を見て。。
ずっとそれから
日本を愛し続けた彼。。

母を愛した彼。。

一周忌に
夢にでて来てくれて
私を抱きしめてくれました。

始めて
『お父さん』、、、って
泣けました。。

嬉しかったです。

かっこちゃんの
お父さんとも
天国であっているかもしれませんね。。

乾杯!って。。v-22
2009/02/22(日) 07:55 | URL | MARIA はるなGARDE #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。