FC2カウンター いちじくりん 神様はどこにいるんだろうって考える
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06-9-3.jpg

「流学日記」(文芸社・幻冬舎)の岩本悠さんこと、悠ちゃんは、キリマンジャロにのぼったときに、そして、もう死んじゃうんじゃないかと思ったときに、(ああ、自分は神様の一部なんだなあ)ってわかったんだそうです。「それが旅の間ですごい気づきやったみたいな気がする」
 神様はどこにいるんだろうって思っていたときに、実は自分の中にも神様がいてくださるんだ、とか自分も神様の一部かもしれないって思える。それはすごい幸せな気持ちですよね。
私は「本当のことだから」(三五館)という本の中で(今、その本が手元になかったので、HPのこの本のもとになった文章からとっています)
・・・・・・・・
パソコンの上手な友達に、電話で、そんなお話をしたいたときに、友達は「それはパソコンのインターネットに、少し似ているかもしれない」と言いました。


「インターネットにつないだときに、どこかに、すべてを管理している神様のようなものがあるわけではないんだよね。かっこちゃんのホームページの内容は、かっこちゃんの契約しているプロバイダのところにあるし、僕のデーターは僕が契約しているプロバイダにある。でも、インターネットにつなぎさえすれば、誰もが、かっこちゃんのを見れるし、僕のも見れる、他の人の内容も見ることができる・・・かっこちゃんもすべてを見れるし、僕もすべてを見れる。パソコンひとつを人間の体にみたてれば、かっこちゃんはその神様の内容をすべて見れるわけだから、かっこちゃんのパソコンの中にも神様はいると言えるかもしれない、僕の中にもいると言える・・・数えられないほど多くのプロパイダの中身をすべてかかえているものが、どのパソコンの中にもあるんだ。どうしてそんなことができるかというとね、それは、みんなが“つながっている”からだよね。脳もそういうことなのかなあ」

友達が言うとおりなのかもしれません。私たちは、ひとりひとり、それぞれ、勝手に生きているような気がしているけれど、でも、本当はそうではなく、私たちはみんな、奥深いところで、つながっているに違いないんだと思いました。

神様はどこにいるか?大きな力はどこにあるか?ずっとそのことを考えてきたのだけど、どこか特定の場所に、神様がいるわけじゃなくて、それはすべての生き物の心の奥にあり、そして、その一つ一つが宇宙を作っている。宇宙はひとつの命だし、私たちはそれぞれ、宇宙の大切な一部分なんだとそう思ったのです。


私は小さい頃から、「ああ、また変なこと言ってる・・変な子だ」って言われてて、今も言われそうなんだけど、そっかあ・・・一人一人が、その大きな力、神様をつくっていたんだぁ・・そのことがわかったよって叫びたいようなうれしい気持ちなのです。
・・・・・・・・・
悠ちゃんと桃ちゃんと意気投合して、そんな話をいっぱいして、帰ってきました。楽しかったなあ。

ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント

う!ランキングが2位に下がっちゃいました~(TT)1位の荒川執事さんて何回かいちじくりんに書き込みしてくれた方ですよね?
2006/09/03(日) 10:53 | URL | ピッチ #-[ 編集]
神様、好きなの。
神様という言葉も好き。私もどこにいるかはわかんないけど、でも、いつも感じている。
私の中の『もう一人の私』も、もしかしたら、神様のお使いかもしれない。
ときどきくる、『煩悩』君もそう、そして、空や雲や太陽や、風や雨や雷や虹もみんなみんな神様のような気がする。いつも、気付かせてくれるし、励ましてくれるし、何よりも幸せにしてくれる・・・。
そう思うと、出会った人すべても神さまで、じつは、神様の中で暮らしているのかなって、ちょっと、大げさだけど、思っちゃいました。e-266
2006/09/03(日) 11:40 | URL | さら #-[ 編集]
そうだったんですか?荒川さん、書いてくださったのですね。荒川さんも応援したい。いちじくりんも頑張りたいです。
さらさん、私もそうかなって思うのです。きっとみんな神様、お花も木も海もみんなそうなのでしょうか。
2006/09/04(月) 07:06 | URL | kakko #-[ 編集]
なるほど~。じゃぁコレはどうですか?
http://www.dvd-synergy.com/1674
2006/09/07(木) 03:03 | URL | ゆうな #YZdnnNwY[ 編集]
という題名の本があります。児童文学・・・の分類らしいですけど、大人が読んでもとても心に響くものがあります(私の印象としては子供には難しいかもと思いました)。
私はこの本を読んでとても優しい、穏やかな気持ちになれました。目に映る全てのものが、私を見守ってくれているように思いました。
神様の存在を信じる皆様、一度読んでみてはいかがでしょうか?お勧めです。
2009/01/21(水) 22:06 | URL | みずき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/117-cb942143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。