FC2カウンター いちじくりん あーちゃんのお母さんはマリアさまだったんだ
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私涙がとまりません。
あーちゃんのお母さんはマリアさまだったんだとわかりました。

宮ぷーは倒れたときはまぶたが開いて、すきまがあって閉じることができませんでした。
でも、だんだん閉じれるようになってきて、左の目はしっかりと閉じることができます。でも、右目はなかなか閉じれないので、乾燥をしてしまうのです。そして、乾燥のために、目が傷ついたり、そしてばい菌が入って目がまっかになったりしてしまいます。
病院の先生や看護婦さんが本当によくしてくださって、最初は乾燥を防ぐために眼軟膏という黄色いビタミンのお薬を塗って、そしてアイパッチをしてもらっていたのですが、目の赤さがとれなくて、黒目までぶよぶよみたいになって、そして、サランラップで覆って、その上をま大きなテープで覆っていただいていました。
よくなってきたのですが、今度は目をとめているために、目の筋肉がぜんぜんつかなくて、目のあきしめがいっそうできなくなってしまっていたので、今度は夜だけラップをかけるとか、そのラップも看護婦さんが目が動くようにとダーツをとるようにして、ふんわりかけてくださるようになって、目もずいぶん動くようになり、目もきれいになったのです。
ところが、またすごく急に悪化しました。
もしかしたら、暑い夏の冷房の乾燥のためかもしれないし、何か風邪だったり、したのかもしれないし、わかりません。
前には割合すぐに赤みがおさまったのに、今度は長い間続くので、どんなに痛いだろうと私はやっぱりとても心配なのです。
先生も心配してくださって、私たちに往診してくださるお医者さんがあったら、いいね、探してみてといってくださいました。
歯医者さんや皮膚科の先生は往診してくださる方がおられて、今、宮ぷーはたとえば、くしゃみのときとかに、舌を噛んでしまうことがあるので、舌をかまないようにマウスピースを作っていただいている最中なんです。
ところが、なかなかお医者さんを探すことができません。あたりまえだなあと思うのです。宮ぷーと一緒に病院へ行けたら一番いいのですが、宮ぷーは胃の手術とか、転院とかをストレッチャーで運んだだけで、胃から出血をしてしまう。
どうしたらいいだろう。私は宮ぷーの赤い目を観ながら悩むばかりでした。
ところが、昨日、あーちゃんのお母さんと竹内先生が来てくださって、赤い目をみて、私と同じように心配だと言って下さったのです。
そして、心当たりをあたりますと。
私はどうしようどうしようと思うばかりで、おろおろしていたのに、あーちゃんのお母さんはずっといろいろなところに電話をかけてくださっていまいた。朝から何度も、決してあきらめないで。
「もうお盆のお休み」だったり「機械が必要だから往診はしていないのですよ」と、いろいろなところの先生がおっしゃる中、あーちゃんのお母さんはやっぱりあきらめないで、電話をかけてくださったのです。泣きながら頼んでくださったのです。
「みつかりました。してくださいますよ。だいじょうぶだから。今日行ってくださいますよ」と電話がありました。
私はおろおろして何もしていなかった。本当に心配ならなぜ、私があーちゃんのお母さんのようにしなかったのだろう。できなかったのだろう。
あーちゃんのお母さんは、私が昔養護学校で、一緒にすごしたあーちゃんという女の子のお母さんです。あーちゃんのためなら、何だってする。命の惜しくないとおっしゃるお母さんです。
そしてあーちゃんのためなら、本当にどんなこともやっちゃうのです。
でも、あーちゃんのだめだけじゃないのです。重い障害を持っておられる方が病院に受け入れてもらえないのはおかしいと、いつもは、私とそっくりでぼーっとしていて、おっちょこちょいで、こんな私が、あーちゃんのおかあさんは大丈夫なのかと心配しちゃうのに、いざとなったら、決して負けないのです。
そして、そのまま、こうして、決してあきらめないで電話をかけ続けてくださったのです。
私は自分が恥ずかしいです。どうして同じことができなかったのだろう。
どうして、自分で来てくださいと一生懸命知らない眼科の先生にお願いすることをしなかったのでしょう。
あーちゃんのお母さんはマリアさまだと思いました。
みんなを抱きとめて、一生懸命に一生懸命におられることで、周りがどんどん動いていくのです。

昨日という日に竹内先生やあーちゃんのお母さんが来てくださったことはとても不思議です。これまでだっていっぱい日があったし、これからだっていっぱい日があるけど、
今日でなかったら、明日からはもうお盆でどこも電話もつながらなかったでしょう。あーちゃんのお母さんは今日必ず見つけなければと思ってくださったのだそうです。
偶然のようで偶然じゃない。私たちは本当に宇宙から守っていただいているんだとまたそう思ったのです。

痛いよお、つらいよおと横で泣いている私、
だめだめ、私、そんなのじゃだめです。
私も強くなります。あーちゃんのお母さんのように、子供たちや家族や大切なものを守るときはどんなときでも、強くならなくちゃ。

本当に本当にあーちゃんのお母さん、竹内先生、来てくださる目のお医者さん、病院の先生看護婦さん、みんなに感謝します。そして神様にも・・・

この病院でこれから目が痛くなられた方も、きっとまた新しいつながりの中でいられるのじゃないか。

何もかもに感謝しています。

そして、今、病院にいる妹さんから電話がありました。
お医者さんが来てくださったとのこと。角膜がひどく傷ついていて、やはりすごく急を要したこと。
もし今日じゃなかったら、20日までお休みだったこと。

本当によかったです。はやくはやく目が治ってほしいです。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わたしも強くなります。

絶対絶対あきらめないで、前を見て、前を見て、感謝して、生きます。 

宮ぷーさんのこと、 
いつもお祈りしています

わたしもいつかお会いしたいなぁ。。
2009/08/13(木) 16:03 | URL | いずみ #-[ 編集]
先生見つかって良かったですねv-238

あーちゃんのお母様の気持ち良く分かりますv-22
親は子供の為なら何だって出来ますv-221
私もそうですv-21

素敵なあーちゃんママです。

宮ぷーさんも きっと感謝されてる事でしょうv-22
宮ぷーさん頑張れv-238
2009/08/13(木) 16:16 | URL | touko #-[ 編集]
かっこさんだけでなく、本当に周りの人のことを思って行動できる人がたくさんおられるんですね。

わが子だけでなく、他の人にも・・・・私もそうありたいです。

宮ぷーさん、みんなが守ってるから大丈夫!!!!!
広島からも祈ってますよ!
2009/08/13(木) 18:49 | URL | お寝坊母ちゃん #-[ 編集]
いちじくりんを毎日観てくださる。私の大好きなみなさんもいつもいつも、私たちを守って、そして、いつも勇気を持って、いろいろなことを行動してくださいます。
私はもうそのことを思うと胸がいっぱいになります。何度も何度も助けてくださってありがとうございます。
2009/08/13(木) 21:47 | URL | kakko #-[ 編集]
あきらめないって大切ですね。
そして、あきらめないで励まし続けることも大切ですね。
2009/08/13(木) 22:59 | URL | yuko #-[ 編集]
お医者さん、見つかってよかったね☆今日じゃなかったら20日まで、お休みだったんだね。本当によかったね^^きっと、大丈夫!!すぐに
よくなるよ☆早くよくなりますように・・・って祈っています*^^*
2009/08/14(金) 00:06 | URL | ★ひろっちぃ~☆ #eYj5zAx6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。