FC2カウンター いちじくりん 魔女・モナの物語のことについて
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090819.jpg
魔女・モナの物語は私にとって、とってもとっても大切な本です。その本が、三五館さんから、改訂版として出版されました。私はすごくうれしいのです。
それにはこういう理由がありました。
改訂版のあとがきから・・・・
「 人はどうして出会えるのだろう。広い広い宇宙の中、長い長い時間の中で出会えるということにはきっと大きな意味があるのだと、私はよく考えます。
2月の終わりの頃、この本の口絵のページの絵のグラフィックも担当してくれた宮田俊也さんが脳幹出血で倒れました。彼は、私にとって、ものすごく大切な友人で、このモナの作品をとても愛してくれて、一緒に文章の構成を考えたり、校正も手伝ってくれたりもした人です。
命が助かることはまずないだろうし、たとえ命が助かったとしても、意識が戻ることは万に一つもないだろうというお医者様の言葉をものともせず。今は意識をしっかりとりもどし、「四肢機能全廃、コミュニケーション手段なし」ということにも、真正面からぶつかり一生懸命それを乗り越えようとしています。
 ところで、宮田さんが倒れた何日か後に、「モナの物語」を出してくださったプラザ(青心社さんの部署)の山下さんの奥様がご病気で倒れられたことを山下さんからの電話で知りました。奥様の章子さんも、私にとってはかけがえのない大切なお友達なので、涙がとまらない時をすごしました。私は、二人の大好きな大切なお友達を絶対に失いたくなくて、息をするごとに祈るような毎日でした。
 山下さんは、プラザさんをたたんで、奥様と一緒に毎日を送るということに決められました。私は、宮田さんの病院へは、仕事のために、夜に出かけることしかかなわない毎日です。そんな中で、私は山下さんの決断に奥様はどれだけ心を強くされただろうかと思い、すごくうれしかったのです。
 折りしも、ちょうど「モナの物語」の在庫がなくなったときでした。驚いたことに、山下さんは「モナはとても大切な本です。続けなくちゃいけない。プラザはたたむことになったけれど、三五館さんから、改訂版として出していただくことはかなわないだろうか」と言ってくださったのです。
 そして、星山さんは「山下さんの意思をつがせていただきましょう」と言ってくださいました。
 昏々と眠り続けていた宮田さんの枕元で、何度も「どうして私は、宮田さんと出会えたのだろう?どうして、こうして今、息をしてくれている宮田さんのそばに一緒にいることができるのだろう」と考えました。
 「モナの物語」を三五館さんから新しく出していただけるようになって、私は山下さんと、奥様の章子さんともどうして出会えたのだろう。私はどうして三五館さんの星山さんとも出会えたのだろうと思いました。どの出会いがなくても、今日のこの日はないのですから。
 宮田さんと章子さんは今も、どんなに大変と思える中にも、幸せはあり、毎日毎日を一生懸命明日に向かっていくことが大切だということを教え続けてくれています。
 お二人と、山下さん、星山さん、そして、モナを愛してくださっているたくさんの方々に心から感謝をしています。
 モナは私が書いたはずなのに、いつしか、まるで私の手を離れるようにして、自由に時空を超えて、空や海や光や自然を通してたくさんの人とつながって、冒険をしだしたように思います。私もわくわくしながら、モナと一緒に冒険をし続けたいです。」
今度の本には グラフィック加工のところで、宮田俊也というの名前もしっかりと入っています。

宮ぷー、山下さん、章子さん、そして、三五館の星山さん、みなさんが、お力を寄せてくださってできあがった改訂版です。

ぜひ、手にとってみてほしいです。
明日、宮ぷーにも持って行くよ。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 そして、ワシも
 モナの伝道者のひとりやで
2009/08/19(水) 23:26 | URL | パウロ赤塚 #-[ 編集]
モナの本、三五館さんから出版されることになったんだね。じゃぁ、モナの物語は、これからも続くんだね。うれしいな。やったー☆

7月に、かっこちゃんに会った時、講演会の後の本の紹介で、小林さんが言われたことが、ずっと気になっていて「出版社さんがなくなっちゃったってことは・・・モナは、どうなるんだろう??モナの旅は終わっちゃうのかなあ??」って思っていて、すごく淋しくなって、いつか、かっこちゃんに聞こうと思っていたんだよ。だから改訂版として出版されることになって、すごくすごく嬉しいです☆
かっこちゃん、嬉しいお知らせ、ありがとうね^-^

大好きなモナの物語。宮ぷーが、作るの手伝ってくれた本だったなんて・・・。なんだか、すごく嬉しい
気持ちでいっぱいです。

「エルガンダの秘密」のグラフィックも、宮ぷーが、お手伝いしてくれたのかな??

宮ぷーも、きっと喜んでくれるよ。
また報告待ってまぁす^0^
2009/08/19(水) 23:38 | URL | ★ひろっちぃ~☆ #eYj5zAx6[ 編集]
そうなんだね~。

青心社の山下さん、ほんとに感動します。今、青心社の本を取り出して、これが、宮ぷーが描いてくれたんだね。と、ちゅうと見ています。

関係者のみなさん、ほんと、ありがとうございます。

モナの物語、ほんとうに大好きな人、いっぱいいるよね。改訂版のあとがきを声を出して読んでちゅうに伝えていたら、涙でつまって、あぁ~。ほんとに、命ってありがたいよ~って思いました。

山下さんの奥様、どうぞ日々の中に、うれしいことがありますように。
宮ぷー。私たちは、知らないうちに宮ぷーが心をくだいてくれた本や、映画などやいろいろな現場でずっと出会っていたんだね。

きっときっとお二人に奇跡が起きます。

会いに行きたいよ~。
できるかな。
待っててね。

かっこちゃん、改訂版、色といい、文字といい、モナって感じがいっぱいするね~!

喉の奥も、目の奥も、感動でいっぱいです。

いつも、ほんとにありがとう!
2009/08/20(木) 00:45 | URL | Olivia Candle Sunshine #iBbSDt2Y[ 編集]
やっぱりひとつひとつの出来事には必ず意味があるんですね。
そしてどんな出来事も必ず神様からの愛があってこそなのですね。

宮田さん、章子さんもきっとまた奇跡をみせてくれると思います。
ありがとうございます。
2009/08/21(金) 07:57 | URL | しほこ #1.200zYU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。