FC2カウンター いちじくりん 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
いちじくりんを読んでくださって、ずっと宮ぷーのことも応援してくださった方が、宮ぷーをみんなで応援していこう、そして、みんなで大きなエネルギーをひとつにすれば、何かが変わったり起きたりするよと言ってくださって、「宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと」というプロジェクトを立ち上げてくださいました。
私はすごくすごくうれしくて、そして、みなさんも、同じ思いでいてくださったらなあと、そして、ぷろじぇくとに参加をしてくださるように、お願いしようと思いました。
・・・・・・・・・・

宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと
宮田俊也さんという方がいます。養護学校の教員で、子供たちからは「宮ぷー」の名前で慕われています。
平成21年の2月の終わりの頃、宮田さんは、脳幹出血で倒れました。脳幹という場所は、「生きる」ということをつかさどる場所です。息をすること、体温を調整すること、体を動かそうという思いを伝達すること、何もかもを脳幹がつかさどっているのです。
宮田さんは、命が助かることはまずないだろうし、たとえ命が助かったとしても、意識が戻ることは万に一つもないだろうというお医者様の言葉をものともせず。今は意識をしっかりとりもどし、「四肢機能全廃、コミュニケーション手段なし」ということにも、真正面からぶつかり、一生懸命それを乗り越えようとしています。
宮田さんは、養護学校教員で、作家でもある山元加津子さんの大切な友人でもあります。宮田さんが倒れてから、山元さんは、宮田さんの毎日を「宮ぷー日記」として書き、次の日にそれを宮田さんの前で読むということを繰り返してきました。その結果、「宮ぷー日記」は8月現在でワードで300ページ、単行本にすれば、800ページを超えました。そして、その量は毎日増え続けています。
祈りとは何か、生きるとはどういうことか、人が自分であり続けるとはどういうことか…脳幹出血という最悪とも思われる事態に直面した日記であるはずなのに、読む人の頬を温かい涙がくりかえしくりかえし流れ、元気をもらうのはどうしてでしょう。
そんな折、重い障害を持った子供たちの教育に取り組んでいる國學院大學の柴田保之先生が宮田さんの病室を訪れます。どんな重い障害のお子さんの気持ちも、手振りという不思議とも思える方法で、気持ちを文字にしていく柴田先生の手で、宮田さんは、山元さんに思いを伝えました。
「日記を本にしてほしい。それが僕の願い。それが僕の生きがい、それが僕の生きている証だ」
脳幹出血は本当に大変な病気です。絶え間ない痛みがあったり、目の玉や、首、指のさきを動かすということにも、大変な労力を必要とします。そんな中で毎日を送っている宮ぷーを思ったとき、山元さんはその思いをなんとか実現したいと思いました。
けれど、山元さんは、その原稿を一冊の本にまとめたいのではないと言うのです。「倒れてから6ヶ月で800ページもあるその本の内容は、宮ぷーが、命をかけて生きてきた証。私は宮ぷーが私たちに見せてくれたことを、綴っただけだけど、でも、宮ぷーの生きかたは、同じ病や同じように病床にある方や、そばにいる人だけでなく、きっと多くの人が元気になったり勇気がわいてくると思う。それほど、宮ぷーの生き方が素敵で、素晴らしいから。だから、体裁は文庫本の形をとって、何冊にも亘って続いていくものにしたいし、これからも、ずっとずっとそれを続けて行きたいし、いつか、宮ぷー自身が文章で思いを伝えてくれるとも信じている」と言うのです。
そしてもうひとつ、山元さんはこんなふうにも言いました。
「宮ぷーが倒れてから、たくさんの人が、まるで自分のことのようにして、一生懸命繰り返し祈ってくださいました。そして、今も祈り続けてくださっています。宮ぷーに良いと思われるお水やオイルを贈ってくださった方、お守りをくださった方…本当にこんなにたくさんの方がどうしてと思えるほどに、いっぱい力をくださいました。宮ぷーが、今、命があって、毎日を送ることができるのは、その方々のおかげです。その方々と宮ぷーが、そして私が、ずっとつながっていられたらという思いがあります。ずっと宮ぷーを応援してほしいし、宮ぷーが命をかけて伝えたがっていることを、そのみなさんにいっそう知ってもらいたいのです」
どうしたらいいかと考えて、山元さんとも相談し、「宮ぷー心のかけはしプロジェクト」を立ち上げようということに思いがいたりました。
宮ぷーを応援して、支えてくれているたくさんの人の思いをひとつに束ね、大きな愛のエネルギーが、宮ぷーの応援というより、自分たち自身を応援することに絶対につながると私は確信しています。
この思いに賛同してくださる方、宮ぷーを応援し続けるよと思う方、かっこちゃんが大好きな方、登録をお願いいたします。。 
プロジェクトメルマガを通じて、かっこちゃんからの宮ぷー情報、時々の情報やお願い、を送らせて頂きます。

星野ひとつ

プロジェクトの仕事。

・宮ぷー日記を出版するために力を出し合い、その本を広くしってもらうようにする。
・宮ぷーの回復を祈り、宮ぷーから、元気をもらって、愛のエネルギーを広める。
など

・・・・・・・・・
私は星野さんからプロジェクトのお話をうかがっていて、わかったのは、宮ぷーは何も本を出してほしいというだけのじゃなくて、生きている証がほしいのだとわかりました。いろいろな方とつながれて、それから、宮ぷーの生きかたがたとえばたったお一人の方でも、ああ楽になったとか、幸せになったとか、何かが変わったとかいうことがあったら、それだけでも、ああ、あのとき死ななくてよかった。生きていてうれしいと思えると思うのです。そのことがわかりました。そして、それはたぶん本が一回出て、それが終わりとかじゃなくて、宮ぷーは、ずっと守ってくださって、気持ちを理解してくださって、ささえてくださる、お仲間がほしいのです。それは私の思いでもあります。
私、宮ぷーを一緒に支えてくださる仲間がほしいです。でも、本当は今もずっと支えてくださってる。でも、確かな形でつながれること、それが何かを起こしていくって、すごくうれしいし、わくわくします。そのわくわくの真ん中が宮ぷーだったらと考えると涙が出ます。

・・・・・・・・・・
星野さんがくださったぷろじぇくとの文章を、今日、病院で読みました。宮ぷーが涙をぽろぽろとこぼしました。すごくうれしかったのだと思う。
私も泣きました。星野ひとつさん、ありがとうございます。

お願いします。
こんなにいつも助けて支えてくだだっているみなさんにいまさらですが、プロジェクトに参加していただけたらうれしいです。
そして、宮ぷーが生きている意味を伝えたいと思っていることが、たくさんの人に知っていただけたら、もっともっとその意味が大きくなるって思って、たくさんの方に、ブログやミクシィでお伝え願えたらと思います。
いっつも、お願いばっかり。いつもいつもお願いばかりでごめんなさい。そして、本当に心から感謝しています。


何ヶ月か前の宮ぷーと私です。
miyaputo2.jpg
miyaputo.jpg

私ね、泣いたりもしたけど、でも、しょっちゅう笑っていました。写真も笑っているのばっかり。
どんな中にも幸せはあるって、宮ぷーは教えてくれていると思います。
今日は、宮ぷーに、りんごとぶどうのゼリーと、プリンを買いました。
味見だけだから、そんなにいらないんだよって言われちゃいそうだけど、でも、たくさんから選べたらうれしいと思うのです。
最初は鼻からの栄養だけで、それからは胃からの栄養だけでした。今もそうだけど、味見ができるようになって、私、おみやげが買えるようになりました。
すっごく幸せです。こんな日が来るなんて。本当になんてなんて幸せなのでしょう。
私がずっと思ってきた幸せとはぜんぜん違うけど、りんごのゼリーがおみやげに買えることの幸せを、今日は宮ぷーが教えてくれたよ。毎日本当にいろんなことがあるよ。

本のことも、きっときっと実現するよね。宮ぷーもいつか文章をかけるようになるよね。

どうぞよろしくお願いいたします。

かつこ
子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
素敵なプロジェクトだね~。
かっこちゃん、教えてくれてありがとう^-^

宮ぷー、ゼリーの味見が出来るようになったんだね☆・・・ってことは、口から食べることもできるようになったってことかな??よかったね^0^
2009/08/25(火) 00:12 | URL | ★ひろっちぃ~☆ #eYj5zAx6[ 編集]
かっこちゃん。

ありがとう。

そうか。わかった。
ステキなことだね。

宮ぷーが自分で日記が書けること、祈っているよ。

りんごのゼリーのうれしさ。
とってもよくわかる。うれしいよね~。おみやげ。

宮ぷーも、とってもうれしかったと思うな~。

よかった!
2009/08/25(火) 02:23 | URL | Olivia Candle Sunshine #iBbSDt2Y[ 編集]
いつも素敵な日記をありがとうございます。
8年前に亡くなった私の父はALSという病気でした。からだを動かすことがだんだんとできなくなり、呼吸も自分ではできなくなるという過酷なものです。
そのうえ、医療事故で誰もいないときに人口呼吸器がはずれ低酸素脳症になってしまい、最後の5年間は全く自分から何かを表現することができない状態でした。

かっこちゃんの日記を通じて、たくさんの人が宮ぶーさんのことを知り、感動し、共感しているということをうれしく感じてます。
また、このような病気の人たちをとりまく状況が少しずつよくなっているのかな、とも思いました。

そして、日記を読まれた方が、自分のまわりにも実はたくさんの「宮ぶーさんと同じ状況の人たち」がいることに気がついてくれたらなぁと思います。
大きな病院だったら数人はいるでしょう。そういう人たちはこの瞬間にも誰かの励ましを必要としているのです。

病院を目にして思い出したとき、ちょっとそんな人たちのために祈ってくれたら、そうしたらもっともっと光が奇跡が広がる、そんな気がしています。
2009/08/25(火) 04:08 | URL | じゅんこ #oGls5L52[ 編集]
宮ぷーさんを真ん中に宇宙とつながれる、あたたかい輪を広げていく・・・
そんな輪が地球の皆をふくめて広がれたら・・・

地球に住んでいる人たち皆がもっともっと生きていることに幸せを感じられたら・・・私の願いです。

2009/08/25(火) 04:42 | URL | 順子 #-[ 編集]
お口から味わって食べれるようになったのですね。良かったですね。食べれるってすばらしいことだから。
生きてるってすばらしいですね。
ありがとうかっこちゃん。
2009/08/25(火) 10:40 | URL | moto #-[ 編集]
しっぽみたいに・・・・からも発信して頂いて、私もプロジェクトに参加させていただけるようになりました。
たくさんの方々・・ありがとうございます・・
そして、これからも宜しくお願いします。

山元先生・・宮田さん・・いつも応援させていただいていますよぉ・・
少しでもお手伝い出来たら嬉しいです・・
2009/08/25(火) 12:02 | URL | のら #-[ 編集]
ありがとう
ありがとう

はじまりは お友達が貸してくれた1冊の本。
大ちゃんからのメッセージとkakkoさんの温かさに触れて なんとも言えない思いになったことを思い出します。
しっぽみたいにつながって・・・
今もこうして ありがとうの気持ちいっぱいな毎日を過ごせること 本当に嬉しいです♪
これからも よろしくお願いします。
2009/08/25(火) 13:48 | URL | sato #-[ 編集]
ありがとうございます。
うれしくてうれしくて涙がこぼれます。今日は病院でみなさんのコメント読ませていただきます。
まだ口から食べられるというところまでは行っていないのだけど、味見ができるようになりました。
すぐに口をぬぐわなくちゃならなかったりもしますが、味がみれるのはすごくうれしいと思います。

ああ、うれしい。みなさん、こんなに温かいコメントに涙がとまりません。
2009/08/25(火) 17:12 | URL | kakko #-[ 編集]
かっこちゃんのブログに出会えたこと。宮ぷーさんのことを伝えて下さったこと。お写真を見て涙が止まりません。。。やっぱりかっこちゃんは天使です。すべてのことに意味があって、生きていることがこんなにうれしいことだといつも教えてくれます。ほんとうにありがとうございます 感謝をこめて。。。
2009/08/25(火) 22:45 | URL | えっちゃん #-[ 編集]
応援も祈りもします
お知らせもします
涙でいっぱいだ~~~

2009/08/26(水) 08:36 | URL | Love みっちょ♪ #-[ 編集]
コクーンの本田裕子です。

かっこちゃんとは、何度かコラボさせていただき、その度に感動をいただいています。

このプロジェクトに参加して、応援するつもりが、かえって私の方が毎日のメールに勇気と元気と感動をいただいています。

私の息子は胆道閉鎖症から脳内出血を引き起こし、4ヶ月半しか生きることが出来ませんでした。あのとき祈った気持ちを鮮明に覚えています。だから、とても他人事には思えなくて・・。一緒に祈らせて下さいね。

ずっと、ずっと応援しています。

コクーンのホームページのブログでも書かせていただきました。少しでも、お役に立てれば・・・。と願っています。

2009/09/29(火) 12:41 | URL | コクーンゆうこ #eBE9POhY[ 編集]
生きているだけで幸せ、いや、生きていること自体が一番幸せで、素晴らしいことだと再認識させられますよね。

「気・波動療整理 夢紀行」の(ヒーリング、気功等をやってます)小島と申します。
意思の疎通がありませんので、どれだけ力を発揮できるかはわかりませんが、今日から遠隔ヒーリングを試みてみたいと思います。

「かっこさん」は、本当に天使のような方ですね。
澄んだ笑顔が愛の光を放っているようです。
是非力にならせていただきたいと思います。

本当は、お会いできれば良いかもしれませんね。

応援させていただきます。

そして、生きていることの幸せを再認識させていただき、感謝感謝です。

ありがとうございます。

遠隔ヒーリングが「宮ぷーさん」に届いたらいいな~と思います。



2009/10/11(日) 11:48 | URL | ヒデ #NJsiWxd2[ 編集]
日曜日の大阪での講演会に参加させていただきました。私は10年前40歳過ぎに役員をしていた会社が倒産して、それから福祉の仕事を少しずつはじめました。今は大阪で独立型の社会福祉の事務所をしています。その延長線上で山元さんのことを知りました。また1/4の奇跡で出演されていた中山 靖雄先生とは20年前の30代のころに何度かお会いしたことがあり、映画を見ていて不思議な気持ちになりました。このプロジェクトに参加させていただきます。どうかよろしく御願いします。
2009/11/24(火) 12:02 | URL | 才門 宏平 #-[ 編集]
力にはなれませんが、お祈りならできます。仲間に入れてください。ありがとうございます。ありあとうございます。
2010/02/10(水) 17:11 | URL | 大八木 明 #6urEx/7U[ 編集]
 思いを、念じる事を実現させて下さい。共に、これからの心の時代を作りあげれたらと思います。
2010/02/21(日) 22:21 | URL | 日高 裕二 #-[ 編集]
可能性信じて子育てしてきました。
 未来は、無限ですね。
2010/05/17(月) 07:56 | URL | mirai #-[ 編集]
神田さんより山元さんの著書「1/4の奇跡」を送っていただきました。ゆっくり読ませていただきます、ボチボチ頑張ってください。
2010/06/16(水) 18:32 | URL | 谷和厚巳 #-[ 編集]
しばらく前に、新聞で宮田さんのことを知りました。私の知人に、事故で頸椎損傷、四肢麻痺になった人がいるのですが、リハビリでかなり回復されています。当初から首から上は動いていたので、障害の度合いは異なるでしょうが、彼のブログの中に役立つ点があるかと思い、参考までにお知らせします。
http://blog.goo.ne.jp/vgm3033/m/200807
です。
2010/10/15(金) 23:34 | URL | レイコ #-[ 編集]
今日三名で東大阪市のライティホールで講演を拝聴しました感動感動しました。有難うございました。
2010/12/05(日) 22:56 | URL | 米澤 #-[ 編集]
はじめまして

”月はきれいと僕は言えるぞ”の本を昨日読みました。

意志伝達装置レッツチャットの事を知り、宮ぷーの事を知り、彼を支えるかこちゃんを知り泣きました。

私は実家の父と心が通っていません。赦そうとか、思ってもうまくいきません。
そんな時この本を読んで、私も父も夫も、義父だって普通に会話ができるのに、どうして心が通じ合えないのかって思いました。

私も宮ぷーとかこちゃんから力と勇気と愛をもらいました。 

だから宮ぷーのこと私のミクシーでも紹介してもいいですか?

私は児童養護施設の子供たちの為に何かできないかと思っている一人です。 そんな友達、知り合いに宮ぷーについて紹介したいって
強く思いました。

声が出せたら”ありがとう、ごめんね”って言えるのに、
そんな人がいる。

声が出せるのに”ありがとう、ごめんね”が言えない人がいる。

私は自分が恥ずかしくなりました。
そして宮ぷーの動画も許可をいただければ、私の友達に見せてあげたいと思いました。

昨日色々ありましたが、この本を読んで、私にも小さな慈愛がある!
って思いえて嬉しくなりました。
だって何度も何度も涙が出たんですよ。

これからも応援していきます。だから私の事も応援してくださると嬉しいです。 ありがとうございます。

2011/01/05(水) 10:50 | URL | 山田百合香 #-[ 編集]
初めまして♪アロハ~
ちびゆかと申します

宮ぷーさんの頑張りに感動です☆
生きる力強さを感じます!!
☆ステキです☆
ちびゆかも小さいながら何かお手伝い
出来たらいいなぁ~と思います
2011/10/22(土) 13:19 | URL | ちびゆか #-[ 編集]
かっこさま☆宮ぷーさまへ

ありがとう
ありがとう
ありがとう

この記事を拝読させて頂いて、
なぜだかお二人にたくさんの‘ありがとう’を伝えたくなりました^^*

かっこさんのお写真を見て、‘天使みないな方だな~’と思いました。
さらさらと繊細な優しいエネルギーを感じて涙があふれてしまいました。

おふたりとお二人に関わるすべてのみなさんの存在に感謝いたします。

本当にありがとう*^^*
2011/11/03(木) 21:51 | URL | EMY☆ #-[ 編集]
味見ができるようになってよかったですね。
まあちゃんも味見程度、スプーンひとさじがやっとだったのに、今ではミキサー食ですが給食を完食する日もあります。
あきらめなければ、大丈夫です。
まあちゃんがおしえてくれました。

2011/12/24(土) 23:01 | URL | 新潟のむっちゃんです #-[ 編集]
図書館で何気なく手にした「手をつなげば、あたたかい」神様からのプレゼントでした。
まず某組長さんのところで一緒に泣いてしまい、最後まで涙がポロポロ止まりませんでした。かっこちゃんとお友達のみんさん、目を醒まさせてくださってありがとうございます。
50歳にもなっても負けず嫌いで曲がったことが許せない私は、夫が許すことが出来なくて離婚したり、職場の人権を無視した人事制度に反発して一人で歯向かって組織からいじめらたり(営業トップなのに業務評定最低をつけられた。マジか!?)、弟の嘘だらけ家族を裏切った行いを庇う母とうまくいかなくなったり、代表している小学生のサッカーチームが弱いからと馬鹿にされることに腹を立てたり(勝つより一人ひとりが楽しいサッカーがいいもん)、被災地の惨状を見ないふりしている東京に腹をたてたり、政治の茶番に絶望したり(節電を強力に国民と企業にアピールすれば、原発を稼働させなくても電力は足りると思う。災害直後は出来たでしょう)等々・・・文字にすると悪いことばっかり感じていました。
私は頑張ってることを褒めてもらいたかったんだ。そのことは自分でも気付いていたの。でも50歳にもなってって封印していたんです。
かっこちゃんに「大好き」って最後に私にも言ってもらえたと感じました。
ホントに嬉しかったです。
私も誰かに伝えなくっちゃ。最初の一歩で、母に大好きって伝えましたよ!
2012/06/16(土) 14:46 | URL | Bちゃん #Tzwnz1rc[ 編集]
私は訪問看護の中で看護師をしています。利用者さんの中には全身麻痺の方もいらっしゃり、若い時期から家の中だけでの生活で閉じこもっている方もいます。そんな方たちをはじめ、私自身も本当に勇気と希望をいただきました。

たくさんの方に奇跡は奇跡ではないんだということを伝えて行きたいです。

かっこちゃんありがとう。
宮ぷー本当にありがとう。
2012/10/08(月) 06:49 | URL | 中 ルミ #-[ 編集]
宮ぷーさん・山元先生出会えてよかったです。こんなにも命って素晴らしいことを再確認しました。あきらめてはいけないですね。人には心があるのですね。少しでも聞ける人間になろうと思います。
2013/03/02(土) 19:57 | URL | kiyomi #EBUSheBA[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/21(月) 15:48 | | #[ 編集]
周りが全員脇役に見えます。ナルシスと満開
2016/03/02(水) 11:12 | URL | me #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する