FC2カウンター いちじくりん ももちゃんごめんね
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0909041.jpg

イライラしたり、うまく気持ちが伝えられないと、ついモノや人に当たってしまうということは私たちもよくあることです。その日、ももちゃんやなぎちゃんのそばにいたお友達も、急にイライラした気持ちになったのかもしれません。そばにいたももちゃんをペンとたたいてしまったのです。大変、ももちゃんたちから少し離れたところにいてもらおうと、お友達の場所を少しうつってもらおうとしていたときのことでした。ももちゃんも突然、自分が何もしていないのに、たたかれてしまって、気持ちの持って行き場がなかったのかもしれません。本当に軽くなんだけど、ももちゃんは一番近くにいた、なぎちゃんの手をちょっとつねろうとしました。私はあわてて、すごく大きな声を出して、「ももちゃん」と名前を呼んでももちゃんを怒ってしまいました。ももちゃんははっとしたように、すぐになぎちゃんに「ごめん」と謝ってくれました。なぎちゃんも本当に軽くだったので、痛いわけでもなく、ニコニコと返事を返してくれたのです。けれど、私はまた、ももちゃんに、「なぎちゃんは何にもしてないよ。どうして、なぎちゃんをつねろうとしたの?」と言いました。ももちゃんはまた「ごめん」と頭をさげてくれたのです。そのあと、ももちゃんはなんだか少しイライラしているようでした。そんな様子を見ていて、はっとしました。私はももちゃんのことをペンとたたいたお友達のことを叱ったりもせずに、ももちゃんのことだけ、叱るようにして大きな声をあげました。ももちゃんにすれば、なんと理不尽なことでしょう。確かに、なぎちゃんを咄嗟のこととはいえ、つねろうとしてしまったことはいいことではないけど、私は少しもももちゃんの気持ちを受け止めることをしなかった。もし、私がすぐにももちゃんをたたいてしまったお友達に「だめ」と言えば、なぎちゃんをつねろうとはしなかったかもしれません。ももちゃんはきっとすごく悲しかったのじゃないかな。ももちゃん、ごめん。ももちゃんごめんね。私、ももちゃんのことだけ怒っちゃったね。ももちゃんを抱きしめて、そういうのに、ももちゃんはまた、私の顔をじっと見て、「ごめん」と言ってくれるのです。そうじゃないの、私が悪いの。何度言っても、ももちゃんは優しい顔で「ごめん」と言って私の頭をなぜてくれるのです。本当になんて、優しいももちゃん。いつもいつも、私は大切なことに気がつかずに、子供たちの思いを受け止めることもできずにすごしているんだなあと思うのです。本当にごめんね。ももちゃん。そしてなぎちゃん、ごめんね。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

宮ぷー心の架橋プロジェクトの参加をお願いします。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
山元先生、お疲れですね。

無理してがんばらないで下さい。
辛いときは、つらいって言葉にするだけで、楽になれますよ。

たまには周りの人に気持ちぶつけてもいいと思います。みんな山元先生に癒してもらっているんですから、たまには先生を癒させてもらわないとこっちが罰当っちゃいます。
2009/09/04(金) 17:26 | URL | 星野尚香 #-[ 編集]
かっこちゃん、だいじょうぶだよ~^-^ももちゃんは、きっと、かっこちゃんの伝えたかったこと、わかってくれたと思うよ。だから、かっこちゃん、あんまり自分を責めちゃだめだよ~^-^元気出してね。
2009/09/04(金) 18:10 | URL | ★ひろっちぃ~☆ #eYj5zAx6[ 編集]
頑張りやのももちゃん


かっこさんは教えられた事があるのでなかろうか
2009/09/04(金) 18:29 | URL | はるぞー #-[ 編集]
私もね、思い出したことがあります。

小学校1年生の子どもたちが、女子トイレの中でけんかをしてたのです。

並んでたのに、先を越されたというのが原因でした。

わたしは何もみていなかったのに、そう主張する子を完全に信じて、先を越したと思われる子をしかってしまいました。

そうして、しかられた子は泣いてしまいました。私はどうして泣いているのか、その後考えました。

みんなに、その子は順番を守っていなかったのかを聞きました。すると、おそるおそる、口々に、別の子が、その子は順番を守っていた。先を越したわけではなかったといいました。

私はショックでした。

何が本当なのかはわかりませんでしたが、その子が泣いた理由が分かった気がしました。

理不尽なことでしかられたということです。

私は、何も分かってなかったのに、その場を収めようとしてしかった自分に気付かされたのです。

そして、私は何も分かってなかったのにしかっちゃってごめんね。といいました。するとその子は泣き止みました。

気付かないでいることのなんて恐ろしいことでしょうか。

そんなことを、思い出しました。

2009/09/05(土) 00:28 | URL | ゆうこです。 #-[ 編集]
ももちゃんを怒ってしまった事。
その前のストーリーがあること。
これって色んな場面で同じ事ってありますね。戦争も、殺人事件も、いじめも、引きこもりも・・・
必ずそうなっているストーリーがあるもんね。
だってさ、みんな生まれた時は真っしろな
心でここに来て、大きくなる段階で、攻撃的になったり、意地悪になったり、内気になったりいろいろ変っていく。

みんな元々は真っ白なんだもんね。
だから、きっと色んな出来事ッて、見えてる
ものだけじゃなく、その背景を注意深くみなくっちゃいけないよね。
私もこの事忘れないようするね。
2009/09/05(土) 10:14 | URL | Yoshie #6dL3pp1g[ 編集]
「ぼくはうみがみたくなりました」と「筆子その愛」の映画を見ました。自閉症やダウン症の子が登場する映画です。感動しました。
2009/09/05(土) 20:13 | URL | ツイてる! #M79fGODU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。