FC2カウンター いちじくりん 家も星も砂漠も
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅に行くと、心の中に、そこで見た景色がしっかりと私の中に小さな宇宙を作るみたいにいつもあって、ときどき、美しい景色を思い出して、胸がいっぱいになることがあります。

0909182.jpg

モロッコの星空も、砂漠も本当にとても美しかったのです。

その美しさを見ながら、私は「星の王子さま」の一説を思い出していました。
「家でも星でも砂漠でも、その美しいところは目に見えないんだ」
そして、「砂漠が美しいのはどこかに井戸を隠しているからなんだよ」

たとえ、井戸を隠していなくても、とてもとても美しいだろうと思えた砂漠や、星の王子さまがどこかの星で笑っていなかったとしても、とてもとても美しいだろうと思えた星空。
0909183.jpg

けれど、帰ってきて、こんなふうにも思いました。
砂漠で、青年達に出会いました。言葉を交わすと、シャイな笑顔を見せてくれました。
0909181.jpg

遠く離れた場所に住んで、今もおそらく元気にしておられる青年たちが生きていると思うだけで、地球がもっといとおしくなることがあるし、大好きだと思えるときがある。

私たちが美しい景色を見て、美しいと思えるのはどうしてだろう。
美しい景色を見て、美しいと思う心は誰が、そう思わせてくれているのだろう。

何かに心が震えるとき、そのとき、私たちの心を占めているものは、愛だろうか。誰かを大好きと思う気持ちも、誰かに会いたいという気持ちも、寂しいという気持ちも、そして、何かを美しいと思う気持ちも、みんな愛なんだろうかとそんなことを思いました。

愛は目には見えないけれど、けれど、確かにすべての人の中にしっかりと座っていて、私たちを今日も生かしてくれるのでしょうか。

宮ぷー心の架橋プロジェクトの参加をお願いします。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お父さんにたたかれるという子のことを考えてよく眠れないというのも愛かな。まだ我慢できるとのことなので、祈るしかないです。どこにでもいるこういう子。たくましく育っていくことでしょう。
2009/09/18(金) 00:56 | URL | yuko #-[ 編集]
美しいって感じるのは、自分の心が美しいからですよね。

世界中の誰でも、美しいと感じる心が、本当の自分自身なんでしょうね。

美しいって、頭で考えるんじゃなくて、心で感じることですもんね。

心ってすごい。かっこ先生ってすごい。感動。
2009/09/18(金) 08:19 | URL | 星野尚香 #-[ 編集]
かっこちゃんの写した写真は
 
 いつも ほんとうに 美しい

 愛に気付かせてくれる

  美は愛 愛は美
2009/09/18(金) 13:08 | URL | keiko #-[ 編集]
yukoさんはいつも本当に優しいですね。yukoさんの優しさがきっとそのお子さんにどんなに救いになっていることでしょう。
ひさかさん、美しいと感じるのは心が美しいからというところを読み、はっとしました。神さまは、私たちに美しいものを美しいと感じる心をうえつけてくださったのですね。
keikoさん写真ほめてくださってありがとうございます。すっごくすっごくうれしいです。
2009/09/18(金) 17:09 | URL | kakko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。