FC2カウンター いちじくりん 命のバトンタッチの瞬間
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
091124.jpg
命のバトンタッチの瞬間はいつなのだろうか?
雄花と雌花が出会った瞬間だろうか?
種が風にブーメランのように飛び、土に落ちた瞬間だろうか?

葉っぱにも命の始まりと終わりがあるのだろうか?
葉っぱの命が終わるのはいつだろう?
葉っぱが木から離れた瞬間だろうか?
それとも、枯れて土になったときからだろうか?

宮ぷー心の架橋プロジェクトの参加をお願いします。
子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
宮ぷーありがとう!あなたをみてると 今生きてることに感謝できます!私の近くにも元気だった方が四肢麻痺になり、今とても元気で私たちに勇気をくだっさっています。がんばりましょう!みんなの力で 応援しています
2009/11/25(水) 00:03 | URL | tomoko #-[ 編集]
命のバトンタッチの瞬間はね、いつって決まってないんだよ。
地球に存在する全てのものに『命』はあって、それぞれがその瞬間を決めているの。
人間もボディを無くす瞬間だと思いがちだけど、私は今でもバトンを差し出しているよ。

受け取る側がそれを必要としてくれるその瞬間を
バトンタッチのときだと思っている。

葉っぱもね、木の一部なんだよ、大きなサイクルの中でのワンシーン。
落ち葉はね、次の葉っぱの芽が付け根を押し出すからヒラヒラ散っていくんだよ。
葉が落ちてから芽吹くんではないんです。
そう思うと、終わりではないでしょ?つながっているんです。

2009/11/25(水) 06:54 | URL | さら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。