FC2カウンター いちじくりん 衣替え
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラスのお母さんが「10月に入ったら、すぐに冬服でしょうか?」と連絡帳に書いてくださいました。
「私たちの学校は、衣替えはないので、その日の気温にあわせて、暑い日は半袖で、いいし、寒い日は上着を着てきてくださったらと思います」と言いました。
 そういえば、10月に入るというのに、私はまだ毎日半袖のTシャツですごしています。温暖化が進んでいるのでしょうか?

 衣替えのお話が職員室でも出ていたときに、
「学校によっては、10月になって、夏服を着ていると玄関でとめられちゃうんだよ。それで、汗かきながら、一日ずっと冬服なんだよ」というお話を聞きました。
 そうなんだ・・と思いながら、でも、寒いときは一枚はおれる、暑いときは脱げるってすごく大切な力なんだけどなあと思いました。朝も自分で、今日のお天気を考えながら、洋服もどっちにするか考えられるのってとっても大事ですよね。

そんなことを思いました。
さあ、文化祭。行ってきまーす。

ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Kakkoさん、金沢は、もう肌寒いんでしょうね。沖縄は、まだまだ、真夏を感じるのですが、やはり、朝・晩は沖縄の秋を感じています。ちょっぴり、センチメンタルは気持ちになるのはなぜでしょう?こちらの衣替えは11月ですよ。それでもまだ昼間は暑いんだよ。今日は、学園祭だそうですね。きっと楽しい出来事いっぱいありそうでご報告いまから楽しみにしています。ワクワク
2006/09/30(土) 11:08 | URL | CoCCo #-[ 編集]
衣替え。季節感があってよいとは思いますが、しばらるのはどうかと思います。
確かに温暖化のせいもあって、異常気象かもしれませんね。夏服の6月の衣替えも暑くて大変です。
でも、すこしずつ、『移行期間』長くもうけてくれるようになりました。夏服はゴールデンウィーク明けからOKになりました。
いろいろな人がいるので、みなさんの事情にあったように選択できるといいですね。
さて、とてもいい天気です。文化祭で、笑いこけてるかっこちゃんが目に浮かびます。
2006/09/30(土) 12:16 | URL | さら #-[ 編集]
衣がえ、会社の制服とかは、6月1日と10月1日からと決まってるところがほとんどなんですね。オイラ、制服ってものを着て仕事することないので、自分の着たい服だけど、日本のホテルの従業員さん、地獄だなと思うことがあります。
夏でも、冬モノ生地の制服で、死ぬほど暑いらしいです。それで体調崩す人もいるくらい。客から見ても暑苦しくて気の毒だから、涼しい制服を夏に用意してあげればいいのに
2006/09/30(土) 15:54 | URL | かるちゃん #-[ 編集]

衣替えの季節ですか?今年も残り3ヶ月、早いですね!kakkoさん文化祭楽しんでくださいね!!


2006/09/30(土) 17:31 | URL | ピッチ #-[ 編集]
本とは寒くて仕方ない。
秋になるともう冬の格好がしたい(^^;)
2006/09/30(土) 19:30 | URL | まこちゃん #-[ 編集]
お仕事の制服・・そっか、みんな一斉にかえるほうがいいところもきっとあるのですね。
みんな、いろんな事情がありますものね。
今日もとてもいいお天気でした。文化祭は明日まで。みんなもうひとふんばりです。
2006/09/30(土) 20:14 | URL | kakko #-[ 編集]
衣替え
かっこちゃんの学校は衣替えがないので良いですね。働いている人も最近はクールビズとかウォールビズとか言って以前よりは良くなったみたいね。制服で働く人にも見た目は同じでも生地などで暑い人用とか寒い人用なんかが出来ると着ている人は快適に仕事ができるのにね。
文化祭 楽しかったでしょうね。みんなの嬉しそうな顔が浮かんできます。
2006/09/30(土) 20:49 | URL | きらり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/144-055364cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。