FC2カウンター いちじくりん おみじくは神さまからの言付けだろうか
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
鎌倉の会場は、鶴岡八幡宮が目の前でした。少し雨が降っていたけど、「姫様、宮ぷーのことを祈ってまいりましょう」と小林さんがおっしゃられたので、出かけることができました。私はときどきおみくじをひきます。そして、おみくじの表や中程に言葉がかいてあって、それがとても気になるのです。私がたくさんの中から選んだおみくじだけど、心の目と耳をすまして、選ぶことができたとき、きっと、神さまはおみじくを通して、私にお手紙をくださるのじゃないかとそんなことを思ったりするのです。
思えば、宮ぷーが倒れる前の大晦日にいただいたおみくじの言葉は「祈れいのれば、御助けなさる。神のこころは親ごころ 子を思う親心ほど切なるものはない。其切ない親ごころが、やがて神様の私共をおぼしめす有難い御こころである。母親の乳房にすがる赤子のこころになって神様におすがりする。屹度(きっと)御助け下さる。御救い下さる、信神に疑いは大の禁物である」だったのです。まだ宮ぷーが倒れる前だったので、なんだかぴったり来ていないようだったけれど、でも、そのあと、神さまにおすがりすれば、きっと助けてくださるんだと、本当に息をするごと祈るようにして時間をすごし、何度もこのおみくじに助けていただきました。そして6月の終わりに太宰府天満宮に行ったとき「心だに まことの道に かなひなば いのらずとても 神や守らむ」と書かれていました。そして、病気のところに「長引くが治る」と書かれていて、何よりうれしかったのです。おみくじにはそんなに祈ることや神さまのことがたくさん書かれているわけじゃないと聞きました。それなのに、二度とも私にとってはそのときに、ぴったりとした大切なことばで、神さまからの伝言のように、私には思えてならなかったのです。そして、昨日、鶴岡八幡宮でいただいたおみくじはこんなふうでした。「生まれつきの浄らかな志や尊いものです。世の変転にかまけて、見失ってはいけません。どんな苦難の中にあっても清浄心を保った人に神の見えぬ力は恵まれます。」このおみくじがどんな意味なのか、今ははっきりとわからないけれど、でも、今、確かに、宮ぷーにとって、そして一緒に時間をすごす私にとっても苦難のときと言えるかもしれません。でも、苦難のときだからこそ、神さまやたくさんの方に守られて愛されてすごしている今は、本当に有り難く、得難く尊い時間とも言えるなあと思います。
1003081.jpg
鶴岡八幡宮には、雨の中、お花が咲いていました。なんの花でしょう? 桜でしょうか?
1003082.jpg
みんなが気持ちを伝え合えますようにの動画はこちらです。
宮ぷー心の架橋プロジェクトの参加をお願いします。
子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やっぱり、かっこちゃんだね~。
「世の変転」が間もなく来るということですね、きっと・・・。
神様は知らせるべき人のには、必ず知らせているんですね~。
何処にいても、たとえ火の中・水の中・・・^_^;
いつも、かっこちゃんはかっこちゃんで居てくれるから、本当にそれがすごいんです。
師匠・・・ついて行きますから~(^O^)/
2010/03/08(月) 15:10 | URL | Eiji #gJtHMeAM[ 編集]
桜にしては早いような・・もも、かな?

おぉ~清浄心..
kakkoさんのためにあるような、お言葉!
苦難なんて、へっちゃらだね(o^-^o)
2010/03/08(月) 19:46 | URL | ピッチ #/2CD/BNk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する