FC2カウンター いちじくりん 背中が黒くお腹が白い理由
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100529.jpg
昨日は遠足でした。雨がいっぱい降っていて、コースを変更して水族館に行きました。とっても楽しかったよ。水族館でも思ったのはやっぱり自然とか宇宙のすごさです。イルカショウーでは、イルカちゃんが台の上に乗っかってお腹や背中を見せてくれました。イルカの背中は黒、お腹は白。イルカショーのお兄さんが「これには理由があるんですよ」と教えてくださいました。「海の上の方から下にいるイルカを見たときに、海の底の色にとけるのは黒い色です。敵にもおそわれないように、そして、食べ物である小魚にもわからないようにするためには、海の底の色にとけないといけません。だから背中は黒なのです。それから、イルカが上の方を泳いでいるときに、下からイルカをみたときに、お日様が入ってきて、底から見た海の白い色と同じ色である必要があるのです。だから、お腹は白色なのです」ペンギンのお散歩の時間に、「ゆすらこちゃんが、どうしてペンギンは白黒なんですか?」とお姉さんに聞いたときも、お姉さんは同じように教えてくれました。ペンギンは歩くけど、とても上手にお魚みたいに泳ぎます。そのときにやっぱり上から見たら黒で、下から見たら白くないといけないのですね。
 海遊館というとっても小さな、でも、その水族館にしたらとっても大きな水槽の場所がありました。(出かけたのは小さなけど、とっても素敵な大好きな水族館なのです。福井の松島水族館)水槽の中には鮫やエイも泳いでいたよ。オニイトマキエイという名前のエイがいます。大きな菱形のエイで、ゆっくり体をななめにしながら、目の前で体をひるがえして遠ざかっていく姿にうっとりします。エイはお魚なのに、オニイトマキエイは卵でなくて子供を産むのだそうです。生まれてすぐに泳ぎ出すのだそうです。そうだね。泳がないとおぼれちゃうものね。それで、ああ、飛行体みたいな、こんなお魚を見ていたら、ここは宇宙だなあとそんなことを思って、もうずっと何時間でもいたいよねと子供たちと離していたのでした。それから、この葉そっくりのお魚。サンゴそっくりのタツノオトシゴ。いろいろなものを見ていたときに、急に思い出したことがあって、涙が出そうになったのです。それは、NHKの番組「地球大進化」の中で感じたことでした。その番組のHPを見るとこんな言葉があります。・・・「母なる地球」と呼ばれるこの星は、かつては大変動をくり返す「荒ぶる父のような星」でした。生命は、地球の大変動による絶滅の危機を何度も乗り越えてきました。私たちの祖先が微生物から人類へと進化してきた背景にも、地球46億年の数々のドラマが隠されています。最新科学と映像技術で描く、「地球大進化 46億年・人類への旅」6回シリーズ。俳優・山崎努がご案内します。・・・その番組の中で、人類の祖先は地球全氷結など、恐ろしい大変動をくぐりぬけるのですが、その中で私が驚いたのは、その大変動が起きる前に、必ずそれをくぐり抜けることのできるものが、まるでその大変動が起きることがわかっているかのように現れているということなのです。今までは、ダーウィンの進化論でもあるように、変化や変動が起きたときに、その変化に対応できるように、体が進化して、その変化をくぐりぬけることのできたものが、生き残ったという考えが一般的だったと思うのです。しかし、それだけでは説明のできないことだという考えが今は多くあるようです。私はどうしても、サムシンググレートのことを思います。神様というか宇宙をつかさどる大きな力というものは確かにあって、いつかのいい日のためにすべてがあり、そして、ちゃんと大丈夫のように作られているんだと、水槽の前で思ったのです。そして、その思いは、やっぱり、自分は自分でいいし、誰もが、一番いい状態にそこにあるのだと思えるし、また、宮ぷーが倒れたことも、またつらいことだけど、必要だったのだと思えるのです。地球大進化の番組では、恐ろしい変動があったからこそ、今の人類にたどりつくことができたんだという考えが何度も出てきます。もし、その変動がなかったら、今の私たちにはたどり着くことは決してなかったのです。私たちでないものであれば、もちろんそれは神様のはからいだから、それでもよかったのでしょうけれど、今、私たちがここにいるということは、それがとても必要で、神様の計らいでそうなっているということ。奇跡のような自分たちであるということを思ったら、私、やっぱり泣けるのです。

毎日日記を配信しています。「かっこちゃんの毎日。宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと」

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。