FC2カウンター いちじくりん 大人になったら
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝はどしゃぶりでした。学校へ行く途中、どうしたことでしょう。傘もささないで、びしょぬれになって歩いている女の子がいました。
車を停めて「どこへ行くの?}と聴いたら、学校へ行くとのこと。小さな道に入ったり一方通行だったりして、少し迷子になりなったり、遅刻を心配したけれど、無事学校まで送ることができました。
女の子の学校に着いたら、女の子が「ありがとう。私、大人になったら、雨で濡れている子供を乗せておくってあげるわ」と言ってくれました。
すごくうれしかったです。そして、思い出しました。私も小さい頃に、傘ももたずにずぶぬれになりながら歩いていたら、のせてくださった方がおられました。私はうれしくて、大人になって、子供がずぶ濡れになっていたら、きっとのせてあげようと思ったことを思い出しました。
いろんなことは巡るのかもしれません。

宮ぷー レッツチャットで毎日お話しブログはここから

毎日日記を配信しています。「かっこちゃんの毎日。宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと」

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいですねぇヾ(@⌒ー⌒@)ノ
嬉しくなりました♪♪

ちょっと少女時代を思いました♡♡
2010/07/14(水) 00:11 | URL | 金の卵を生むひよこ #-[ 編集]
素敵なお話をありがとうございました。<(_ _)>
先日、ある方の講演でこんな事を話されているのをお聞きして同じように感じました。

ある女の子が母の日にお母さんにプレゼントする為のカーネーションを近所のお花屋さんに買いに行った時にお店の店員のお姉さんがこう言ったそうです。

「お母さんにプレゼントするのなら、お姉ちゃんが良い物あげよ。」ってきらきらと輝くような笑顔でメッセージ・カードを差し出したそうなのです。

でも、その女の子は「メッセージ・カードなんていらない。」「だって、何を書いたら良いか解らないし、恥ずかしいから・・・」と受け取ろうとしなかったそうなのです。

しかし、そのお店のお姉さんは絶対に諦めずに、その女の子を質問攻めにして、その子のお母さんの事を徹底的に聞き出して、一緒になってメッセージを考えてあげたそうなのです。

そして、そのメッセージ・カードを受け取ったお母さんは唯々娘さんを抱きしめて涙を流したのだそうです。

それがきっかけでその女の子は自分の将来の夢はお花屋さんになる事となりました。

自分が嬉しかった事を、今度は誰かにしてあげたいと思ったからなのですね。

嫁を抱くのは誰かに憧れるからです。
そのお姉さんが彼女にとって憧れの存在となったからこそ、彼女も夢を抱いたのですよね。

かっこさんのお話でそのお話を思い出してしまいました。

本当に全ては巡り巡るものなのですよね。



2010/07/14(水) 00:23 | URL | 月影 #-[ 編集]
あっ!タイピング・ミス!<(_ _)>

嫁を抱くって?…(汗)

夢を抱くでした。ごめんなさい。
2010/07/14(水) 00:38 | URL | 月影 #-[ 編集]
かっこちゃん、いつもありがとう。

何気ない日常に、かっこちゃんのやさしさが たくさんあふれています。

私は かっこちゃんに憧れます。
2010/07/14(水) 11:29 | URL | すみれ #-[ 編集]
すてきなお話だなと思いました。悲しいかな人はしてもらったことしかしてあげられないのですね。愛は、与えると増えていくものなんですね。
2010/07/14(水) 22:25 | URL | yuko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。