FC2カウンター いちじくりん 見つかるなよ
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年賀状に写真を取り入れる授業に使うために、運動場へ写真を撮りに出たのです。
紅葉を撮っている人、空を撮っている人、栗の木を撮っている人いろいろです。
運動場の隅っこには柿もなっていました。
06-10-25-1.jpg

さかくんが「あれ甘柿かな」と聞いてくれました。
「どうだろう・・おいしそうだね。カラスが食べたあとがいっぱいあるから、甘柿かなあ・・本当においしそう」と私が言いました。
でも、全部で20個か30個くらいしかなっていない柿の実。そしてこの学校の子供たちは何百人もいるのです。食べてみようかというのをためらいました。
その授業の終わり頃、さかくんが私のそばに来て、こっそりと言いました。
「ほら、とってやったぞ。ないしょだからな。すぐにしまって・・みつかるなよ」
彼が私に渡してくれたのは大きくておいしそうな柿の実がひとつ。
「あ、ありがとう」
「いくつもはとってやれないけど、ひとつはいいさ」

さかくんの男らしさに、すごくうれしくなりました。
内緒でもらった柿の実は、こっそり職員室にある鞄のなかに入れました。ひとりじめしちゃいけなかったかな? ちょっと心が痛かったけれど、でもいいや。
だって、内緒でもらったんだもの。

家に帰って食べたら、とても甘いおいしい柿でした。ありがとう。さかくんと、そして、内緒だけど、みんなの分をもらったので、みんなにもありがとう。

いちじくと凜はとても元気にしています。寒くなったらいっそう、私の服をひっぱってきて、その上にすわるんですよ。

06-10-25-2.jpg



ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Kakkoちゃん、ほんとによかったですね。学校のお友達のお話、優しさにいつもほろっと涙がこみ上げてきます。さか君はきっと、Kakkoちゃんのこと守ってあげたい。と思っているのでしょうね。お友達はみんな自分にできることでKakkoちゃんを守ってくれているのですね。
 いちじくは、Kakkoちゃんに似てますね。
2006/10/25(水) 20:51 | URL | CoCCo #-[ 編集]
さかくん、粋だね!
なんか、どきどき、わくわくしてしまいましたぁ~v-10
2006/10/25(水) 21:09 | URL | たーちゃん #-[ 編集]
内緒でくれた柿の実。。なんだか、大好きの告白みたいで可愛らしいです。
kakkoちゃん、愛されてるなぁ♪^^色付きの文字v-238
2006/10/25(水) 21:44 | URL | たこちゃん #-[ 編集]

美味しそうなかきですね。
私だったら全部取っちゃうかも^^
さかくんの勇気のこもった柿
味わって食べてくださいね。
2006/10/25(水) 21:56 | URL | ピッチ #-[ 編集]
いちじくりん~って、パピヨンとミニチュアダックくんの名前でしょうか??
もしそうなら奇遇です。当家にも二匹いて~名前はモモとナナって言いますが??
2006/10/26(木) 06:46 | URL | らくらく^^ #WzzJX4NY[ 編集]
柿なんてここ何年も口にしていなかったような…。気持ちのこもった柿ですから一段と美味しかったことでしょう。
2006/10/26(木) 09:16 | URL | srx #-[ 編集]
柿はとってもおいしかったです。そしてすごくうれしかったです。

いちじくはパピヨン、凜はミニュチュアダックスです。らくらくさんのおうちにもパピヨンちゃんとダックスちゃんがおられるんですね。うれしい・・
2006/10/26(木) 21:04 | URL | kakko #-[ 編集]
kakkoさん そうなんです^^
うちのパピとダックスは仲良くなくて後から来たダックスがパピヨンをカブって依頼は喧々(犬犬)の中でございます。
2006/10/27(金) 05:58 | URL | らくらく^^ #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/170-002b2392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。