FC2カウンター いちじくりん 今日は東京からお友達がきてくれました。
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
1011281.jpg
今日も私も宮ぷーもうれしくて幸せだなあとしみじみ思う日でした。東京のお友達のグループの皆さん(お茶つながりの)まあちゃん、ろくちゃん、かほちゃん、えびちゃんが、なんと東京からきてくださったのです。車だと8時間。運転されたろくちゃんは夜中に出られたのだそうです。
私の大好きなお茶をいっぱい持ってきてくださって、お茶のふりかけやお茶のゼリーや濃いお茶をくださって、宮ぷーにもお茶のオイルで足や体のマッサージもしてくださいました。
朝、おしっこに、またもろもろがいっぱい入っていたのです。熱が出ちゃうと嫌だなあとすごく心配でした。ところが、お茶のマッサージをしてくださっている間に、3度もおしっこが出て、それも、いっぱい出て、白いきれいなおしっこになって、ああよかったとほっとしました。そんなことは普段はなくて、私がいるあいだに、朝一回、昼一回、夜に一回ほどなのですが、今日は3回もおしっこが出て、菌が流れて呉れたかなあとうれしかったです。宮ぷーも「いつも祈ってくださってありがとう。ようこそいらっしゃいました」とあいさつをしていました。みなさんに足や手をマッサージしていただいて、温かい空気につつまれて、宮ぷーも何度もうとうとしていました。

東京新聞の昨日の記事はインターネットでも読めます。
それから、朝日新聞は、署名のことと池原さんのことを載せてくださいました
今日は、その記事のことを紹介します。
<言葉なき叫び 届いた 「意思伝達装置 販売続けて」(1/2ページ)2010年11月18日>
 重い病気や障害などで言葉を話せない人たちが言いたいことを伝える「意思伝達装置」のメーカーが今年解散し、危機感を募らせた利用者の親たちが、装置の存続を求めて10万人分にのぼる署名を集めた。事業を引き継いだ別の会社が新製品を発売すると決定し、利用者らはひと安心する一方、「代替がきかない必需品」として、故障対応など従来通りの支援体制を望んでいる。
 装置の名は「レッツ・チャット」。頭や指など身体の動く部分でスイッチを操作し、文章をつづれる。同種の装置はほかにもあるが、操作が簡単なことから、脳性マヒなどの障害者や、筋肉の力が衰える筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)などの難病患者らが利用し、これまでに約2千台が出荷された。1台12万円で、購入にあたっては国などから給付金が受けられる。
 だが、製造元でパナソニックの社内ベンチャー企業「ファンコム」(大阪府守口市)が、ホームページで6月に解散すると発表。販売は在庫品限りと紹介された。
 「レッツ・チャットは使用者にとって希望の光。なくなるのは困る」と立ち上がったのが、奈良市の主婦池原惠子さん(58)だった。脳性マヒの息子、久豊さん(25)はレッツ・チャットを駆使して家族やヘルパーと「会話」していたが、今の装置が故障したら二度と使えなくなる、と落胆してしまった。
 池原さんは発売継続や故障対応を含むきめ細かい支援体制の確保を求め、8月末から障害がある家族を持つ仲間に口コミで署名を依頼。インターネットを通じて全国から賛同者が増え、署名は約1カ月で10万1244人に達した。
池原さんは9月末、パナソニック(本社・大阪府門真市)社長あてに署名を送付。その2日前、子会社「パナソニックヘルスケア」(愛媛県東温市)が新製品を来春発売すると発表した。同社は「署名集めは知っていたし、レッツ・チャットを大事に考える利用者がいることも把握しており、安心してもらうため、早めに後継機種発売をお知らせした。支援体制についても検討する」としている。
 池原さんは「1人の主婦が始めた署名だったが、たくさんの方が支えてくれた」と感謝しながらも、「販売継続と支援体制、どちらが欠けても利用者にとっては深刻。署名された方の思いが届くよう願っています」と話している。(角谷陽子)

・・・・
改めて署名をたくさん集めてくださったこと、応援してくださったことのお礼をいわせてください。ありがとうございました。角谷さんも、書いてくださって本当にありがとうございます。とってもうれしいです。

宮ぷー レッツチャットで毎日お話しブログはここから

毎日日記を配信しています。「かっこちゃんの毎日。宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと」

おはなし広報大使を募集中です。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そう、会社は製品を作るだけではなく、販売した商品全てのメンテナンスも続けないといけないのです。 あらためて、昔聞いた創業者の言葉を思い出しました。
2010/11/29(月) 01:11 | URL | ただし #-[ 編集]
今日の日記の記事とは関係ないですが、
たまたま今日のテレビで「脳出血から復活したギタリスト」さんが紹介されていました。
わたしは最後のほんの少ししか見られず詳しい内容はわかりませんでした。
この方は、「脳動静脈奇形」という生まれつきの問題で脳出血になったらしいので、宮ぷーさんのケースとは全然違うかとおもいますが、
番組の内容を下記に添付しておきます。
世界まる見え!テレビ特捜部
http://www.ntv.co.jp/marumie/onair/101129/101129_04.html
2010/11/29(月) 22:29 | URL | smileflower #-[ 編集]
かっこさんは
いつも穏やかな笑顔でいらっしゃいます。女神さまのような方です。

かっこさんは、すべての人みーんなを愛していらっしゃる。
だから、誰もかっこさんに悲しい言葉をぶつけたりしないのですよね。

私は、私に悲しい言葉を投げつけてきた人を許すことができずにいます。悲しいけど、その人に笑顔を向けることができないのです。
2010/11/30(火) 14:13 | URL | やすこ #-[ 編集]
そんなときは駄洒落を返し続けてみてはいかがでしょうか。 それで楽しくなれば、そのうちお互い笑顔になるかも?
2010/12/03(金) 00:08 | URL | ただし #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する