FC2カウンター いちじくりん 介護法講習会
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
今日は初めて、介護法講習会だけの会を催していただいてとてもうれしかったです。京都のトータルヘルスデザインさんが、名前はわからないけど、「かっこちゃんと介護法の会、金沢の温泉に泊まろう」みたいな会を催してくださったのだと思います。近藤会長さんが、宮ぷーの病院の近くなら、私もすぐに病院へ戻れるからと、駅からすぐの場所をとってくださいました。レンタルの介護用ベッドも用意してくださったのです。今までは講演会のおまけのようにして、何度も介護法ミニ講習会はしていただいていました。それから、私の旅行とか、イベントでは介護法の時間をみなさんにお願いしてとっていただいていたけれど、こんなふうにしっかりと介護法をみなさんと一緒に勉強したのは初めてでした。それがとてもうれしかったです。
 宮ぷーが倒れたときに、私が知っていたのは、多くの介護士さんが今まで習ってこれらたと同じ方法でした。けれども、私はそれでは、宮ぷーよりもっと軽い子どもさんでも、車いすに載せたり、起こしたりすることができなかったのです。でも学校では同僚が、一緒に手伝ってくれました。けれど、私は介護士さんや看護師さんがおられない場所でも、一緒に座ったり、車いすのリハビリがしたかったのです。夢中でユーチューブで探して、それから、自分でも工夫していくうちに、介護用の電動のベッドがあれば、誰の手も借りなくても、私ひとりで、どんなこともできることがわかりました。そして、この方法はコツさえつかめば、本当に力がいらなくて、3,40キロくらい自分より重い方でも、車いすに載せたりもできるのです。そして、残念ながら広まっている方法では、腰を痛めてしまったりします。
 会場に行って、今日はどんなことをさせていただこうかなあと考えながら黒板に書きました。1、たてにころがす(シーツを替えるときなどに、寝たまま替えるには、ベッドと平行に身体のたての中心でころんと転がすといいのですが、その方法も、従来のたぶん十分の一くらいの力でできるんです)2 寝たまま身体を頭の方へ移動させる。3 寝たまま身体をベッドの端っこに移動する。(床ずれ防止のクッションをもし右側に入れるときは、身体を右端に入れて、咳き込んでも身体が柵にぶつからないようにします) 4 足をのばしたまま簡単に起こす 5足を横に出しておこす 6車いすに乗る 7車いすからベッドにもどって寝る 8 服を着替える 9 立つ練習・・・たぶんこれくらいで、ベッドにいる場合は、ほとんどのことができると思います。講習会は、寝る役と移動させる役を交替交替にしながらはじめました。どの方法も、いままでの方法や、その方法を知らないときはどうやるだろうという方法を一度してもらってから、簡単介護法をしてもらいました。そうすることで、どれくらいそれがらくかがわかるので、その方法と必要性が心に残りやすいのと、きっとコツもつかみやすいのじゃないかと思うのです。そして、みなさんが、「わあ、すごい」とか「ぜんぜんちがう!!」と歓声や驚きの声をあげてくださっていました。少しでも力がある方は力任せにしようとしてしまうのですが、そうすると腰も痛めるばかりじゃなく、寝ている人も、痛かったりつらかったりします。力を入れない方法は寝ている人にとっても、とても優しい方法なのです。それがうれしいです。
みなさんとてもお上手でした。だから、2時間ほどで習得されました。わーい。みなさんが、さっそくお母さんを車いすにのってもらうときにためしてみます。おじさんに伝えますというふうに言ってくださいました。それから、うれしかったのが、「介護って、すごく大変とか、つらいというふうに暗いイメージがあるのに、かっこちゃんは楽しそう。ダンスしてるみたい」って言ってくださったのです。私は本当のことを言うと、毎日宮ぷーのところに来ていることを介護というふうに思ったことがありません。どうしてかなあと自分で思ったら、あ、やっぱり、私の中にも介護っていう言葉に、つらかったり大変と言うイメージをもっているからじゃないかと思いました。そして、自分がしていることはすごく楽チンで楽しいことだから、そんな感じがしないのかなと思いました。近藤会長さんが、広めますよと言ってくださいました。うれしいな。うれしいな。ぜひぜひお願いします。
1104022.jpg


宮ぷー レッツチャットで毎日お話しブログはここから

毎日日記を配信しています。「かっこちゃんの毎日。宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと」

おはなし広報大使を募集中です。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
弱気になってしまいました。一生懸命一人の子を守ったのに、金八先生の最終回のようなことをいう人がいたんです。それも当たり前のことですが、やはり弱者に寄り添のは本当に大変です。加津子先生を尊敬しています。本当にすごいですね。弱者に寄り添うことは当たり前でそうしてきたのに、甘えさせているっていうのです。でも、「いつかのいい日のためにあるから大丈夫。」って思っていれば良いのかな。悪者にされるって辛いことですね。
2011/04/03(日) 23:36 | URL | yuko #-[ 編集]
介護法講習会

このような催しが拡がってくる
とよいですね

誰もが当たり前に介護に向き合える

そんな日が到来するような気がします


ありがとうございます
2011/04/05(火) 05:18 | URL | ponsun #77XYfFt6[ 編集]
講習会でお世話になりました、緑のセーターの則里子です。当日の講習では、かっこちゃんの体の使い方の素晴らしさに感動しました。何とか寝ている方によくなって頂こうという、かっこちゃんの愛情が生み出した技なのですね。私の友人の中には、介護のお仕事で腰を痛めている方が何人かいます。彼女たちに早く教えてあげたいです。かっこちゃんのやり方だと、されている方もとても楽ですね。寝ている役を体験させていただいたので、よくわかりました。私はバンクシアフィットネスの健康教室を開いているので、そこでもお伝えできればと思います。かっこちゃんに直接教えていただくことが出来て、幸せでした。ありがとうございました。
2011/04/09(土) 03:13 | URL | 則里子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する