FC2カウンター いちじくりん ピンクの貝の笛
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江の島につれて行っていただいたのです。
江の島の神社にたどりつく道の両側にはおみやげやさんがいっぱいでした。
私の眼はピンクの貝の笛にくぎづけになったよ。

貝もピンクも大好きだから。


運動会のぴーとふく笛にします。

1106064.jpg
なにもかもがピンクです。



宮ぷー レッツチャットで毎日お話しブログはここから

毎日日記を配信しています。「かっこちゃんの毎日。宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと」

おはなし広報大使を募集中です。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
浜焼き屋さんのイカ焼きやサザエを焼いてる香りがしそう。。。
こんな可愛い貝の笛があったんですね、知らなかった。
かっこちゃんは、七里ヶ浜の夕日を見ましたか?
能登の海に沈む夕日も好きですが、七里ヶ浜の夕日も好いと思います。
2011/06/06(月) 23:23 | URL | 昔の相模っ娘 #EzKErQac[ 編集]
わーいいな~~~
私もピンクの貝の笛、欲しいです。

今日TVで鎌倉を映していて、アジサイがキレイに咲いていました。
久し振りに江ノ島まで、行ってみようかな~
2011/06/06(月) 23:35 | URL | フリージア #-[ 編集]
かわいいですね。どんな音が聞こえてくるのでしょうか?
想像してます。
江ノ島、鎌倉近くなのでまたのんびり行きたくなりました。
2011/06/07(火) 06:40 | URL | 横浜のかっこ #zD/zKsOM[ 編集]
私も横浜にいました。鎌倉まで行く予定でしたが、修学旅行先のズーラシアがあまりにも広くて疲れてしまって行けませんでした。何よりお会いしたかったです。津波を怖がる子もいるので、八景島シーパラダイスではなく、ズーラシアという動物園に変更したのですが、八景島の遊園地に行けなくて不満を持つ子もいるのではないかということで、修学旅行の下見に行ったのでした。ズーラシアは広かったですよ。今度行ってみてね。私は動物が大好きだけれど、動物が苦手な子もいるのかなあ。6月15日に16日が鎌倉への修学旅行です。思い出に残る修学旅行になると良いなあ。
2011/06/07(火) 23:18 | URL | yuko #-[ 編集]
6/4の平市で「宇宙の約束」を見た後、かっこちゃんのお話を聞きました。

なにもかも心にしみました。
中でも映画の中で、お父様の素晴らしい温顔を見せていただくことができ、心が大きく震えました。

かっこちゃんが、おんぶのたびに味わったお父様の背中のあったかさ。

お父様のたくさんの温かい言葉。

子ども時代には
「かっこはそのままがいいんだよ」
これでいいのかと不安な時には
「うん、それでいいよ」

亡くなる前にかっこちゃん作詞の歌を聴いた時は
「宇宙のひとつでいよう、っていうのがいいなあ」

と言っておられたのですね。

最期の日には、意識がなくなっているはずなのに、手をぎゅっと握ると、確かに握り返してくれた…。

こんな心のつながりを教えていただいて、本当に嬉しかったです。


お父様のお顔を正面から移した写真。
誠実で穏やかな、さりげない優しいお顔。


言葉とお顔。
私の心の宝物となりました。
本当にありがとうございました。


私の父は両親から精神的にひどい虐待を受けて育ちました。
そのケアをしてもらえる時代ではなく、父は娘の私を精神的に虐待しました。
そうすることでどうにか心のバランスを取っていたのだと思います。
温厚な中学の校長先生として認められていた父の、心の暗部を知っているのは私だけでした。


私は子供の時から心身症で、今もずっと治療とカウンセリングを受けています。
おかげでどうにか、子どもには虐待をしないで育てることができました。

私は父に会うことができません。
30歳の時、子ども時代の辛さを父に訴えると、親に向かって何を言うかと罵られました。
あまりにもひどく反撃され、私は実家に帰れなくなりました。
父から電話が来ると数日嘔吐が続くようになり、不意に父が現れた時は貧血を起こして倒れました。
それ以来、父には13年会っていません。これからも会うことはないと思います。

父は今、私の心の中で「傷だらけの孤独な少年」になっています。

かっこちゃんに
「素晴らしいお父様のお話を聞かせていただき、本当に嬉しかったです。これからお父様の言葉と笑顔を心の支えにします」
と言いながら、私は「本物の父親」に出会えた喜びで涙が止まりませんでした。

かっこちゃんも泣いてくださって、
「父も喜ぶと思います」
と言ってくださいました。

その時私の両肩に、後ろから温かい二つの手が、しっかりと添えられていることを感じました。
あれはお父様の手だと思います。
お父様が、私と、私の中にいる孤独な少年(父)の、その両方の肩をぎゅっと抱いてくださったのです。
「うん、うん、うん」とうなずきながら、黙ってじっと温もりをつたえてくださいました。
本当にありがたかったです。

かっこちゃんが講演会に行くとき、どんな時でも、お父様はいっしょにいてくださっているのですね。

かっこちゃん、
お父様、
新しい心の支えをいただきました。
本当にありがとうございました。
2011/06/08(水) 15:48 | URL | たなばた #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。