FC2カウンター いちじくりん ありがとうの花
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ありがとうの花」の表紙を装丁家の石川直美ちゃんと三五館さんが、メールで同時に送ってくださいました。表紙はとても優しい色でできています。そして、イラストはなぜか私の送ったイラストの中の野球の絵になりました。最初は、え!?どうして野球の絵? お花の絵もいくつか描いたのになあ。私、野球ちっともわかってなくて描いたのになあと不思議でした。でも直美ちゃんが「いろんなことがあっても、いつかは笑顔になれる。笑顔が戻ってくるよ。という心が軽くなるような意味合いが出ていると思うのです」と言ってくださいました。そして、帯には私が星山さんにメールで送ったことや、昔おしゃべりしたことや、そんな思いをいっぱい入れてくださっていることもわかりました。価格もできるだけ安くしてほしいなあという私の思いもわかってくださって、1100円にしてくださいました。星山さんありがとうございます。
帯にはいっぱい言葉が載っています。「照る日、曇る日、なにげない日のたいせつさ」という文字があります。「照る日、曇る日」というのは、亡くなった父の本の題名です。父は川柳をずっとしていました。この本と「金沢・城下町の風」という二つの本は父の思い、考えた方であり、歴史でもあるように思うのです。だから、「照る日、曇る日」は私にとってすごく大切な言葉です。それから「なにげない日のたいせつさ」は宮ぷーが言ったことばです。「なんでもない日がたいさせつだった」とも言いました。目の玉ひとつ動かすことすら自分の思い通りにならなくなったときに、宮ぷーは毎日の中にどれだけ幸せがたくさんあったことだろう、なんと守られていたことだろうと思ったのですね。でも、そのあとには「でも、いまもやっぱりしあわせ」とも言いました。どんな日にもかならず幸せはあるんだと宮ぷーは思ったのだと思います。それから、帯に書かれたピンクの文字は「人は信じるに値する」ずいぶん前にメルマガでお話しさせていただいたお話です。みなさんはこの本を読まれて「人は信じるに値する」と感じて下さるでしょうか? 感想をまた教えてくださいね。それから赤い文字は「泣けて、笑えて、優しい人への大讃歌」本当に作っていてずいぶん涙が出ました。笑えてというのは、どうも、私のおばかなお話しがメルマガ同様いっぱい載ったからなあ・・・。そして帯の下の方の黒い文字は「メルマガ『宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと』から生まれた本です。『ゆうきくんの海』『本当のことだから』に続く感動ドキュメント!」と書いてあります。早く見たいですとたくさんの方が言ってくださいました。私もはやくみなさんに見ていただきたいです。
1107091.gif


宮ぷー レッツチャットで毎日お話しブログはここから

毎日日記を配信しています。「かっこちゃんの毎日。宮ぷーこころの架け橋ぷろじぇくと」

おはなし広報大使を募集中です。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
全国いっせい発売ですか?
どこの本屋さんなら間違え無く買えるかな?
わく♪わく♪
2011/07/09(土) 23:07 | URL | 昔の相模っ娘 #EzKErQac[ 編集]
素敵なタイトルですね☆⌒(*^∇゜)b
私も早く手に取って読みたいです(^O^)/
2011/07/10(日) 00:10 | URL | mitchy #-[ 編集]
早く読みたいなぁ~。
2011/07/10(日) 00:13 | URL | 横浜かっこ #zD/zKsOM[ 編集]
素敵なタイトルですね。心が洗われる気がします。
2011/07/10(日) 23:36 | URL | yuko #-[ 編集]
日本に行ったら絶対買わせていただきまーーーす!!!
タイトルだけでも心があたたまります。ami
2011/07/11(月) 18:59 | URL | ami #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。