FC2カウンター いちじくりん かっこちゃん新聞3
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩崎靖子ちゃんから、12月8日に倉敷で初上映される今度の映画の題名の打診がありました。宮ぷーに聞いたら、宮ぷーも声で、靖子ちゃんに「いいよー」と答えていました。内容は
・・・・
映画「僕のうしろに道はできる」~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~
キャッチコピーは…聴こえる? いのちの声 いのちの力…ストーリー脳幹出血で突然倒れた宮ぷーこと宮田俊也さん。意識も戻らず、一生四肢麻痺と思われましたが、現在は、機械を使っておしゃべりしたり、車椅子に乗って外出したり。奇跡の復活、でも奇跡ではなかった。そこにはあきらめないで、リハビリし続けた宮ぷーがいた。一緒に歩く仲間たちがいた。生きるってどういうこと?幸せってなんだろう?いのちと向き合うって?観終えた時、いのちの力がおなかの底から湧きあがってくる!
・・・
12月8日はNHKスペシャル「私の声が聞こえますか?」~植物状態からの帰還~などでも、治療が不可能だと考えられてきた植物状態の常識を変える看護にずっと取り組んでこられた紙屋克子先生の講演会と私の講演会もあります。「雪絵ちゃんの願いが世界へ今広がっていこうとしているように、宮ぷーや私が思っているこの願いもどうか、世界中が当たり前になるようになってほしいです。そのためにも、メルマガをもっともっと多くの方にとっていただいて、仲間を増やしたいとも思うのです。もちろんそのためだけじゃなくて、みなさんで作っているこの素敵なメルマガを多くの方と共有したいという思いもあります。かっこちゃん新聞3を作りました。
http://image02.w.livedoor.jp/i/n/itijikurin/dd49ba0dfe60cf65.pdfまた、どうか、周りの方に配っていただいたり、どこかのお店においていただけたら、本当にうれしいです。どうぞよろしくおねがいいたします。
12121.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。