FC2カウンター いちじくりん 宮ぷーの車いす漕ぎ2012・6・25
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
6月25日に撮った車いす漕ぎの写真です。少しずつですが、本当に少しずつだけど上手になっています。でも、座る位置や、重心の位置が少し違うと、もう難しくなったりもするのです。本当に少しずつだけど、頑張っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
友人の言った「頑張ってる人間大好き」って言葉が大好きです。
宮ぶーさん「ガンバッテ!」
でも、ゆっくり、のんびり、少しつづでいいとおもいますよ。
1回の人生には限りがあっても、本当の自分の時間は無限らしいですから、この人生のこの時を大切にのんびりと楽しめばいいのではないかな。

そういえば、全ての人が自分の人生の中で、それそれの形で頑張っているような気がします。
頑張っていない人間っていないようか気がします。
2012/07/05(木) 08:15 | URL | 飛騨の忍者 #-[ 編集]
宮ぷーさん
少しずつ車椅子こげるようになっているんですね
少しずつうまくなってる(^∀^)ノって感じられるかっこさんがいるから大丈夫o(^-^)oなんでしょうね
きっとまたうまくなっていかれるんでしょうね
どんな状況でも、前向きにとらえて進んでいくかっこさんのブログすてきです
ありがとうございます
2012/07/08(日) 01:22 | URL | みわこ #-[ 編集]
すごいですね。
2012/07/09(月) 01:00 | URL | yuko #-[ 編集]
ありがとうございます。頑張れば必ずいつか前へ進めると信じて頑張っています。そしてやっぱりそのとおりなんですよね。頑張ります。
2012/07/10(火) 06:29 | URL | kakko #-[ 編集]
本当にすごいです。宮プーの強い気持ちが伝わってきます。私もなかなかうまく行かない事あるけどがんばります。ありがとうございます!
2012/07/12(木) 03:22 | URL | お多福ちゃん #/7smQtWI[ 編集]
こんにちは。先週、初めてかっこちゃんと宮ぷーのこと知りました。こう言うと御幣があるかもしれませんが、宮ぷーに起こった脳幹出血は、単なるアクシデントじゃないって思いました。かっこちゃんが障害者と健常者の壁を無くす使命を持って生まれたように、宮ぷーも体を持ってそれを証明する・・・・そんな気がします。誰にでも進める道じゃない、険しい道です。だけど、脳幹出血が起こる前から、障害を持った人の気持ちが良く分かる、優しい心を持った宮ぷーが体験している、それには大きな宇宙との約束が見えるようです。私は今ハワイ島に住んでいます。ハワイ島にはマウナケアという山があって、そこには各国の望遠鏡とかが設置されているのですが、山ろくの途中に、鬼塚ビジターセンターという、休憩所を兼ねた建物があります。ここまで行くと、雲よりも高い所にあるので、雨が降っているということは無いのです。私の家のある場所は雨がよく降るので、日食や金星トランジットも、ここまで車をとばして行きました。道中、雨がざーざー降る中、思ったんですね。こんなに雨が降っているのに、目的場所が必ず晴れてるって知ってるのって、すごいな、って。うまく言えないけど、必ず晴れてるって知ってるから、日食が見えなかったらどうしよう、とか不安が無いのが、うれしかったのです。人生もそんな風に、最後に行き着くところが晴れっていう確信があれば、いくら泥道でも、不安無く、前向きに進めることができるのにな、って。私には、宮ぷー、そしてかっこちゃんのいつかくるいい日が、神様の光で包まれているのが、確信できて、こう言ってはまたまた御幣がありますが、うらやましいくらいです。いつもいつも応援してます。
2012/07/14(土) 04:48 | URL | Rika #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する