FC2カウンター いちじくりん あーちゃんのお見舞いに行きました。
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06-12-3.jpg

もう、十年ほど前に3年間一緒にすごすことができた、大好きなあーちゃんのお母さんから昨日の夜に電話がありました。お母さんは元気がありません。どうしたのですか?とおたずねすると、あーちゃんの両足の骨が折れてしまったとのこと、手術が必要で入院しているのだけど、笑顔も出ず、おしゃべりもせず、ごはんも食べないとおっしゃるのです。
「会いに行きます」と約束をして、朝、金沢の病院へ行ってきました。

あーちゃんのことを「ゆうきくんの海」に書いてあるので、その後半をちょっとここに載せさせてください。
・・・
あーちゃんはいつもニコニコしています。だれに対してもとても愛想がよくてそれはそれは可愛い笑顔でにっこり笑うのです。だれもがあーちゃんの笑顔を見ると幸せな気分になれます。そんな素敵な笑顔です。
「あーちゃんはだれに対してもニコニコしてるし、だれかのことを特別好きという感情は持ってないんやろうな」ってある人は言いました。「だれのあとでもついていってしまうんじゃないか、人の区別ってしてるのかなあ」という人もいました。でもね、あーちゃんのことをだれよりも大事にしているあーちゃんのお母さんが、「この子は確かに障害はおもいかもしれないけれど、なんでもおわかっているんですよ。私はそう思います」とおっしゃるように、私もうに違いないと思うようになっていました。
 それでも、本当は少し自信がなかったんどえす。あーちゃんは何でもわかっているということは間違いなかったけれど、あーちゃんにとっても私が特別な存在かどうかということについては少しも自信がなかったのです。だって、本当はあーちゃんはだれに対しても可愛いあーちゃんなのですもの。
 ところがそんなふうにあーちゃんといるようになって半年くらい経ったころでした。その日、よその授業に参加することになっていて、どうしてもあーちゃんとその時間一緒にいることができなくなりました。あーちゃんのことを他の先生にお願いして、教室を出たら、あ0ちゃんがニコニコしながら、私の後を追ってきてくれました。でも、教室にいてほしかったので、「あーちゃんいてね」と教室のドアを閉めたのです。そのとき、びっくりすることが起こりました。
 だれのことだって、好きだけど、だれのことかわからないんじゃないって言われたこともあったあーちゃんが教室のドアをどんどんたたいて、涙を流して私のほうを見たのです。私にはあーちゃんが「先生おいていかないで、そばにいて」って言ってくれているんだと思いました。
・・・・・・・・
そんなふうに一緒にいたあーちゃん、どんなに痛い思いをしているだろうと病室をのぞくと、あーちゃんの大きな目がじっーっと私を見て、そしてあーちゃんは確かに「ちぇんちぇ」と言いました。そして「どんどこどんどんどん」っていいました。それはあーちゃんが機嫌がいいときに、私と一緒に歌った歌でした。あーちゃんは、もう十年ももっと経つのに私のことを覚えていてくれたの?心のタンスにずっと入れて、はやく会いに来てよって思っていてくれたの?と涙が出ました。私たちはどうして、障害が重いように感じると、いろんなことも「わからない」のじゃないかなんて思ってしまうのでしょう。こんなにあふれるような思いを持っていて、それを本当は伝えてくれているのに・・私はどうして、あーちゃん覚えているかなあなんて思ったのでしょう。あーちゃんはこんなにもまっすぐ私を見て、呼んでくれたのに・・ごめんね、あーちゃん。

あーちゃん、早くよくなってね。はやく元気になってね。痛くありませんように。また一緒に歌を歌おうね。飛行機を見に行こうね。

ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
kakkoさん
あーちゃんが、痛くないように私も祈ります。

もうじきクリスマスだもの、きっといいことが起きます。
素敵な奇跡がおきます。ね。
2006/12/03(日) 19:55 | URL | perican #-[ 編集]
あーちゃんが早く良くなることを私も祈っています.命の力ってすごいものですね。大切なことをいろいろな感覚によってきずかせてもらっています。Kakkoちゃん、昨日はCDが届き興奮して大胆なコメントをしましたが、ふと今日になって私に、主催?なんてできるはずもないなんて弱気になってしまいます。(そうです私だけではもちろんできませんね)それから、大阪に行っても私皆さんとはとてもとてもお話なんてできないと思います。緊張しちゃって・・
2006/12/03(日) 21:24 | URL | CoCCo #-[ 編集]
わたしもね、主催者やったことあるけどね、自信なんていらないよ。必要なのは、『どれだけ、大好きか』っていう思いだけ。それは、かっこちゃんのことも、家族のことも、自分の周りのこともそして、自分自身のことも『大好き』と思う気持ちが伝わるのだと思うよ。緊張なんてどこにもないよ。、だってね、大好きな気持ちはとっても素直だから・・・
2006/12/04(月) 06:09 | URL | さら #-[ 編集]
疑いなく 「大好き!」っていう感情。

真っ直ぐな あーちゃんが 良くなりますように…。
2006/12/04(月) 11:21 | URL | たーちゃん #-[ 編集]
さらさん、メッセージ本当にありがとうございます。うれしくって胸いっぱいです。わたしの命が喜ぶこと、安心すること、大切に思っていることの軸の中にKakkoちゃんやみなさんのように、生命の大きな力を信じること不思議を楽しむことがあります。どのように私のお大切な人たちにそれを知ってもらえるのかと日々考えています。それが、Kakkoちゃんや皆さんと出会うことができ、ひとつの方法となりました。「大好き」な気持ちもっと伝わるといいな。ありがとう。
2006/12/04(月) 11:35 | URL | CoCCo #-[ 編集]

あーちゃん両足骨折早く治るといいですね。あーちゃんはこれから10年、20年たってもkakkoさんのことを忘れずに大好きでいてくれると思いますよ^^
2006/12/04(月) 18:00 | URL | ピッチ #-[ 編集]
いつも本当にありがとうございます。あーちゃんは今日はどうしているでしょう。みなさんが、早く治ることを思ってくださってすごくすごくうれしいです。
Coccoさん、さらさんありがとうございます。たくさんの方に、本当に感謝の思いでいます。講演会もcokkoさんやさらさんのように、温かい思いで、いてくださって、毎回がおこなわれているんだなあと本当にそうだなあとしみじみ思いました。
2006/12/04(月) 22:30 | URL | kakko #-[ 編集]
あーちゃんとかっこちゃん
信頼って。。
涙がでるね。。
あーちゃんの痛みが少しでもかるくなりますように
かっこちゃん
あーちゃんに会いにいってくれてありがとう。。
2006/12/04(月) 23:29 | URL | MAYA #USufH/tE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/211-d87d80f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。