FC2カウンター いちじくりん 引き渡しの確認
FC2ブログ
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんなで幸せになるための家。
モナの森の今の持ち主のガートさんが「この状態で引き渡しをしますよ」ということを一緒に見る日になっていて、いろいろなものの使い方、たとえば、アメリカ式のおうちなので、掃除機をつける穴があちこちのお部屋についていて、ゴミシューターみたいになっているのだけど、その使い方や、お風呂のつけ方とかもっといろいろなことの説明もしてくださることになっていました。
ガートさんの家へ。お天気がよくて森がとても美しいのです。でも、やはりとても雪深くて、途中で、ニホンカモシカがさっと木立に隠れるのが見えました。

降りて、少したってガートさんが到着。「プリーズトゥミニッツ待っててね」と言いました。そして、「さあどうぞ」といれていただきました。
今まで土足で入っていた場所も、昨日綺麗にしてもらったから、今日はスリッパを履いてねと。そうなのです。引き渡しのために、床をきれいにしてくださったのです。そして、カナダの大工さんのところも床にワックスがかかっていてピカピカでした。そして、いくつか春のお花が置かれてありました。これはお礼のお花ですよとガートさんが言いました。わたしは、家を買ってくれてありがとうというより、おうちにありがとうという気持ちで置かれたのかなと思いました。「春になったら外に植えてもいい」とガートさんが言いました。
あちこち説明してくださるけれど、わたしにはとても覚えられそうにありませんでした。あこがれの赤いまきストーブも、いったいどうやったらつくのでしょう。

「わからないことがあったらいつでも教えますからね」と優しく言ってくださいました。
6日に正式に契約が終わったら、いよいよガートさんのおうちはモナの森になります。

ガートさんは羽織みたいなTシャツを来ておられたよ。


ブログランキングに参加しています。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。