FC2カウンター いちじくりん トイレのドアと椅子を作りました。
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
ついに、お寺の方のトイレのドアができました。
ガートさんがちょうどこられて、1904年にこのお寺ができて、1951年にこの場所に移設されたのだということだったので、今が2019年だから正確にいうと、このお寺は築115年になるのだけど、そのときの窓が外されて置いてあったので、それを真ん中に置いて、あとはツーバイの木を作ってドアを作りました。
ドアはまささんに教えてもらって、古く見えるようにクラッキングメディウムというものを使いました。
最初に焦げ茶色に塗って、乾いたらクラッキングメディウムを塗って、これは生乾きのうちに、白いペンキをのせると、ひび割れを起こすのです。
ドアを作っても枠にきちんと入れるのはとても大変な作業でした。カンナで削ったり、ノミもつかったり、サンドペーパーでこすったり、あれやこれやいろんなことをして、ついにドアが入ったのでした。
ドアの取っ手は、流木か森の木をつかって作りたいなあと思っていました。どんなのがあるかなあと思ってネットで見たら、その取っ手がみんな一万円以上してびっくりしました。
でも、モナの森はもちろんただです。
いえ、正確にはネジと丸いダボ穴を隠す丸棒をが必要でした。
モナの森のリノベーションはご寄付いただいたお金で成り立っているので、そんなところにお金を使うわけにはもちろんいかないのです。

そして、モナの森にはまきストーブがあるので、まきに使う木材があちこちにありました。その中で、素敵な木を見つけて椅子もできました。


開いた穴に丸棒を入れてのこぎりで切ります。ネジを隠すため

あとリノベーション講座まで2週間を切りました。棟梁とふきちゃんはもっと早くから来てくださるそうです。わくわくします。それまでにできることをしておきますね。
ブログランキングに参加しています。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する