FC2カウンター いちじくりん イーハドーブは温かでした。
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「賢治の言うとおりだよ。岩手はイーハトーブ、理想郷だよ」と小林さんが言いました。みなさんが、あまりに心が温かで、それはもう信じられないくらい親切で、まるで初めてであったよその人というふうには私たちのことを思っておられないのじゃないかとおもったほどでした。
花巻はだんだんと雪になっていきました。傘をもっていない私のことを、賢治記念館の方が本気で心配して追いかけて来てくださいました。傘がなかったかなあと探してくださったり、荷物を預かってくださったり、優しく話しかけてくださったり・・賢治童話館は賢治の心の世界が表現されているようでした。賢治記念館にも童話館にもどちらにも私、ずうっとずうっといたかった。
これは童話館の中のひとつ
06-12-17-1.jpg


タクシーの運転手さんに連れて行っていただいた、花巻農業高校の中にある、羅須(らす)地人協会は「しまってるといけねから、かぎ借りてきてやっから」(正しくは忘れてしまいました)と言ってくださったり、傘を貸してくださったり。
そして、そこには、あの有名な黒板。
06-12-17-2.jpg


そして、あの、賢治さんの家の、あの教室みたいな部屋。(会議室かな)。感激です。本当にこれたんだ。本当にここにいるんだ!!と思いました。
06-12-17-3.jpg


もう泣いちゃうよ。雪が降って、私には賢治さんがすぐそこに歩いておられるような気がしました。

06-12-17-4.jpg


旅の間に何度も思ったことは、私もこれからできるかぎり、もし自分にできることがあったら、しよう・・あったかい心を持ちたい。そう思ったことでした。今日のうれしかったことを忘れずにいたいです。

ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TAROさん、おわりました。いつものわたしに復帰です。
賢治さんに会われていたんですね。その写真をみただけで、『命』を感じます。かっこちゃんと賢治さんのつながりをです。なぜか涙がとまりません。
『大切なこと』って、その場にいただけで伝わるんですね。言葉もなにもいらない・・ただ、そこにいて、あなたを想うだけでちゃんとつながっているんだなって感じました。
ありがとう、感謝しています。
2006/12/18(月) 06:06 | URL | さら #-[ 編集]
有名な「下ノ畑ニ居リマス 賢治」の黒板ですか^^
字が薄くなる度に花巻の人たちが書き足してきたそうですね。
そしてこれからも黒板は花巻の人たちの手で守られていくのですね^^
2006/12/18(月) 10:49 | URL | ピッチ #-[ 編集]
なんだか・・泣けてきます。
自分が行ったみたいな気持ちになれました。
2006/12/18(月) 12:56 | URL | こう #-[ 編集]
kakkoちゃん
まるで童話のお話の中にいるみたいだよ・・
私もいつか行ってみたいな。
2006/12/18(月) 18:38 | URL | perican #-[ 編集]
なんだか心が温かくなりました。
ありがとうございました。
2006/12/18(月) 20:35 | URL | 高まり #-[ 編集]
大好きな賢治さんにお会いできたKakkoちゃん幸せがあふれて観えます。大好きの気持ちは胸が一杯で
身体の奥底からキラキラ生命が喜んでいます。それを、感じ取った皆さんのメッセージのなんて優しいことでしょう。わたしも優しい気持ちにしてくれてありがとうございます。
            ペコリ
2006/12/18(月) 21:01 | URL | CoCCo #-[ 編集]
あの黒板は賢治さんの字の上にかきたされたものだったのですね。ああ、今もあのお部屋、あの風景が頭の中にいっぱいに広がっています。賢治さんは確かに今もいらっしゃったように思います。
2006/12/18(月) 23:10 | URL | kakko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/225-bbf0fc7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。