FC2カウンター いちじくりん たけちゃんごめんね。
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07-2-9.jpg

 たけちゃんはいつも穏やかです。たとえば、私たちが「ありがとう」とたけちゃんにお礼を言うと、たけちゃんは穏やかな笑顔で「どういたしまして」とていねいに返事をしてくれます。周りにいる人もいつもうれしい気持ちになります。けれど、秋の頃、たけちゃんは少し調子を崩していました。小さなことでいらいらしてしまったり、怒ってしまう日が続きました。私たちの性格や、そのときの気持ちは、だいたいドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンという3つのホルモンの様子で決まっているのだそうです。もしかしたら、たけちゃんはそのバランスがそのとき、少し崩れていたのかもしれません。それで、そのとき、たけちゃんは少しだけお薬の力を借りました。すぐにたけちゃんはいつものおだやかなたけちゃんを取り戻すことができました。
 私たちの気持ちや性格というものは、自分の力の及ぶところではないのかもしれません。与えられたものが大きいのですね。その自分の力の及ばないことをもし、他から強く責めらるようなことがあったら、それはどんなに悲しいことでしょう。私がもしそうだったら、自分自身がダメだと言われた気がして、すごく悲しく、つらいと思います。自分で自分の性格を選べないのに、私たちは、子供たちの性格をせめてしまいがちのような気がします。子供たちがいけないことをしたら、しからなければならないこともあると思います。けれど、忘れてはいけないことがあると思うのです。たとえば、掃除が苦手な子供に、「いつもきれいに」と言うとします。最初から簡単にきれいにしていられる人はそんなに苦労しなくてもいいけれど、それが簡単じゃない人は、何倍も何倍も苦労して努力して私たちの前にいてくれるんだということです。それに気がついたときに、子供たちがそして、自分自身さえも、いとおしくて仕方がありませんでした。

別冊たんぽぽにゆうきくんの海をアップしていただきました。


ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自分で性格は決められない。。。本当にそうですね
つい子どもに、此方の決め付けた考えを押し付けてしまっていました。
気付くことが出来ました
ありがとう御座います☆
2007/02/09(金) 14:18 | URL | biyousi #KxwGyqDc[ 編集]
お互いの考え方や価値観を押し付けあうのではなく、お互い様と思って、察してあげたり、譲ってあげたり、素直に協力を求めたり、そういう「やりとり」を双方向ですることが、改めて大切だなって感じました。
2007/02/09(金) 15:27 | URL | たこちゃん #-[ 編集]
お薬の力を借りて、そしておだやかになれた方が、子どもたちも助かるのではないかなぁと、私は想います。あまり薬は使いたくないと想う方もいらっしゃるけど、でも、自分の力ではどうしようもないときがあると想います。

性格もいろいろ。
お互いに、それを受容しあっていけたらいいですね。
2007/02/09(金) 19:20 | URL | perican #-[ 編集]
知らないうちに、良かれと思って投げかけた言葉が傷つけているかも・・・
大切だから、大事だからって自分でそう思って言ってる言葉。
「期待してるよ」「信じてるから」って子供達に言っています。

もっと考えます。
kakkoさん、ありがとう。

2007/02/09(金) 22:50 | URL | マサコ #-[ 編集]
なかなか寝ない子を

叱り飛ばして寝かせてしまったぁ

子どものイライラも 親のイライラも

共に、ホルモンバランスの狂いなのかも…

2007/02/10(土) 00:29 | URL | たぁ #-[ 編集]
ホルモンバランスの崩れ・・そうかもしれない。私ここのところ、とっぷり落ちこんでいたもん。自分でどうしようもできないことがあるんですね。
わたしもね、どの人に対してもだけど、言葉を選ぶ作業をします。
それは、相手が私にかけてくれた言葉は、どういう気持ちで言ってくれたか、心で受け止める訓練です。自分なりに理解できた上で、相手のこと思って言葉を選ぶ・・それができたとき、たとえ、相手が怒っていても、ほんとに穏やかな会話ができます。
『一呼吸おく』・・・ただね、家族はそういうわけにいかなくて・・・甘えてしまって、ダメなおかあさんです。
『大好きな気持ち』はまけないけど・・。自己嫌悪になりますが、それでも、自分を大好きでいたいです。
2007/02/10(土) 02:02 | URL | さら #-[ 編集]
子どもたち本人が
一番不安なんでしょうね。
kakkoさんのように
苦しみを共に分かち合い、思いやれる心を持った人が増えれば、子どもたちの安らげる場所も増えるのでしょうね。
明日の大阪講演で思いやりの輪が広がるといいですね

大丈夫kakkoさんなら出来ます^^





2007/02/10(土) 08:16 | URL | ピッチ #-[ 編集]
自分の気持ちさえも自分の力の及ばないところにあること。安心しました。自己をコントロールすることは自分の責任であり思い通りにしようと頭が命令します。そう出来ないことが多い私は、やっぱり自分をいじめてしまっていました。そうそうそれもお天気と一緒だね。ありがとう。
2007/02/10(土) 14:54 | URL | CoCCo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/279-53ca03df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。