FC2カウンター いちじくりん 明日は入学選考です。
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07-2-14.jpg

明日は入学選考です。今日は試験会場の準備をしました。試験問題はまだ金庫の中。明日の朝まで出てきません。

もう一年たったんだなあ。今、一緒に毎日をすごしている子供たちが、入学選考に来てくれた日のこと、よく覚えています。一馬君もたけちゃんも、ゆきちゃんも、しょうちゃんもちかちゃんも、りっちゃんも・・みんなみんなすごく緊張してた。私も緊張していました。みんなどんなに緊張して来ているんだろう、不安だろうな、怖いだろうな・・
泣いている子供さんもいました。怒ってどんどん机をたたいている子供さんもいました。中へなかなか入れない子供さんもいました。
なんとか緊張を解きほぐして、一日が無事に終えられるといいな・・そう思いながら、言葉を交わしたのでした。

終礼のときに「明日は入学選考のために、みんなはお休みだよ」というと、帰りがけにしょうちゃんが「僕、この学校来て良かったな。楽しいもん。厳しいことだってあるけど、楽しいから」と言ってくれました。

そうだよね。明日入学選考に来てくれるみんなも、きっと楽しいことがいっぱい待っている高校生活だからね、



ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私はルカが養護学校で過ごしたこと、よかったなぁって思っています。入学してから、他のお母さんともそんな話を何度もしました。でも、養護学校に行かせるなんて…って何度も何度もいろんな人からいわれましたね。親が戦わないとか…親が差別してるとか…。今でもその言葉は辛い思い出です。そんな言葉をおいわれると、養護学校が可哀相なん?なにが差別なん?って…思いました。そんな言葉をかける人の心の中の何かしっくりしないものを私は感じています。もちろん皆みんな一緒に過ごす学校・一緒に笑顔でいれる社会は素敵だし求めてやまないですが。
明日、子どもさんたちとやってくる保護者の方々もきっといろんな思いをしているのでしょうね。
2007/02/13(火) 19:12 | URL | ラピス・ラズリ #-[ 編集]
kakkoさんがいるんだもん、楽しいはず♪

ラピス・ラズリさんに同感です。
可哀想って思う人が可哀想ですよね。だって知らないんだもん。だからkakkoさんが知ってもらおうと頑張ってるんですね。
違うって悪いとか間違ってるとかじゃないんですよね。
2007/02/13(火) 20:04 | URL | マサコ #-[ 編集]
養護学校で生活して、良かったと、子どもたちも保護者のみなさんにも想っていただけるように、
私も力を尽くしたいです。
勇気をいただきます。
ありがとうございました・・・
2007/02/13(火) 20:57 | URL | perican #-[ 編集]
仕事先の子達の所属校をきく四月は今までちゅうとうぶだった子がこうとうぶで一年の早さを感じます。かつこさんの学校を受けに来る子達にとってよい一日でありますように!
2007/02/14(水) 08:23 | URL | まきな #mQop/nM.[ 編集]
音楽や体育を専門にする学校とか、たくさん勉強する学校とか…いろんな学校が様々あって、それぞれ進学していく中に養護学校という選択があって…その中でいろんなこと体験する…そうゆうものだと思うのです。で、うちの子は養護学校だよーって。それだけでいいんじゃないかなって。
でも、養護学校は守られた世界で、社会に出たら厳しいのだから、そんな社会にでていける強さを身につけるためにも養護学校じゃないほうがいいんじゃない?っていわれたことも。
だけど…安心できたり、楽しかったり、ほんわりしたりする体験は、甘やかしているわけではないと思っています。そうした体験があるって大切なことなんじゃないかなって思う。ゆっくりした時間の中で十分に光をあびて社会に出て行く準備をすることもいいんじゃないかな?
じっくり向き合ってもらったり、繰り返し教えてもらったり、いろんな友達に出会ったり。支えられたり支えたり。そんな姿を高等部でたくさん見ましたよ。そしてお家の人もなんだか安定した気持ちになるから、子どもたちも落ち着いたみたいで、それが親から「養護学校よかった…」っていう声でよくきいたことかな。
うちの学校にもkkakoちゃん、いてくれたらなぁって思いましたけど…思いの伝わってくる先生にも何人も出会えてしあわせでした。
…だけど…うーん、うまくいえないけど、結局、子どもたちはどこにいても自分で育っていくんだなぁとは…思ったりしました。それぞれの学校でじっくり育ってね、15歳のみんな…。先生方、どうぞよろしく。子どもたちも、私たちも。
2007/02/14(水) 09:53 | URL | ラピス・ラズリ #-[ 編集]
子供が幸せに笑える毎日がやってきますように。
みんなつながっているんだもの。
子供を愛していない親はいないんだもの。
だからきっと大丈夫。

今日は、加津子さんと子供たちとそのご家族にとって新しい扉を開ける素敵な日になっていると思います。

楽しい高校生活になりますように。

素敵な日記をありがとうございます。
2007/02/14(水) 12:45 | URL | かしょう #8ny9lUUM[ 編集]
今年入学する、子供たちにも楽しい学園生活が待っていることでしょうね(^^)子供が安心できる居場所を作ること、子供の成長を信じ続けるのが親の役割と思う今日この頃ですo(^-^)o笑顔と笑い声が絶えない三年間になるといいですね。
2007/02/15(木) 07:51 | URL | ピッチ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/283-f7b49a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。