FC2カウンター いちじくりん 多田進さんが装丁をしてくださることになりました。
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三五館の星山さんが、「多田進さんが装丁をしてくださるよ」と教えてくださいました。うれしい・・
tada.jpg


多田さんは、「ゆうきくんの海」「本当のことだから」の装丁をしてくださったのですが、私にとっては、そのときどき、夢のような気持ちでした。今もだけど、あこがれの方なのです。パイプのけむりや、もっともっとたくさんの素晴らしい本の装丁を手がけられています。
お目にかかったのは一度だけ、でも、その日があるからこそ、きっと多田さんはこうして、装丁をしてくださるのじゃないかと思います。
その日は、雪絵ちゃんをまじえての忘年会が山中温泉であったのです。
きいちゃんの絵を描いてくださった、多田さんの息子さんでもある多田順さん、アリス館の後路さんや、雪絵ちゃんと私のお友達とで、冬の海に出かけたあと、温泉に泊まりました。夜がふけても、みんなでいろんな話をしました。
その日のことが、映画にも出てきます。
雪絵ちゃんは「海って生きてるんだね」と冬の海を見ていいました。
「地球って生きてるのかな?」と私が言うと「そうに決まってるよ。そうじゃないと、私とかっこちゃんは出会えてないもの」と言ってくれたのです。温泉のあと、雪絵ちゃんと多田さんは、お手紙を交換したり、本をプレゼントしてもらったり・・・。

旅にも一緒に出かけようと約束しながら、結局出かけられたのは、その温泉がただ一度きりでした。

今、絵を描いています。先日描いたものの、追加と、それから表紙をというお話しがあったのです。多田さんが装丁をしてくださるろ思うと、それだけで、またどきどきわくわくします。一生懸命描いています。


ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
たくさんの方の気持ちがつまった本になりそうですね。楽しみな気持ちがどんどん高まってきます。
2007/03/20(火) 23:00 | URL | srx #-[ 編集]
kakkoちゃんの本、とってもとっても楽しみです。ワクワク♪
2007/03/21(水) 07:48 | URL | 弘子 #-[ 編集]
kakkoさんを通して本が出来上がるまでの様子を知ることが出来ました、ありがとうございます。
沢山の方に読んで頂きたいですね^^
2007/03/22(木) 17:21 | URL | ピッチ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/319-ff9346e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。