FC2カウンター いちじくりん もうすぐ夏の海岸で
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能登の入り口の高松で夜に講演会がありました。
少し早くついたので、近くの海に行きました。
海はもう夏の色。

海が大好きです。
07-6-16-1.jpg

高松のすぐ近くには、海岸が国道になっている千里浜ドライブウェイがあります。ここでも車が通っていきました。砂の粒が小さいので車は埋まったりしないのです。ジープやバスが波打ち際を少し波に濡れながら走る姿も見られます。

07-6-16-2.jpg

それからこの海は遠浅でも有名です。アサリとりをしている方がおられました。私も講演会がなかったら、きっと入っていたなあと思うのですが、時間がせまっていたので、残念ながら海には入りませんでした。
入りたかったなあ。

07-6-16-3.jpg

アルも入りたかったの?でも、さびちゃうよ。見るだけでがまんしてね。

ところで、トラベラーさんが、「こんな画像を見つけましたよ」と送ってくださいました。その画像を載せさせてください。
dai1.06-23.jpg

私の見た魚と比べてみます。
07-4-17-1.jpg

もしかしたら、やっぱり凧だったのかもしれませんね。口の絵の様子は少し、違うけれど、形も細いですもの。それにしても、いろんな凧があるのですね。、楽しいな。
バリ島に行ったときにも凧の競技会がありました。すごくたくさんの凧で、楽しそうでした。

なにかちょっとほっとしました。
なぜって今日、とてもびっくりしたことがありました。東京のテレビ局の方からもお魚のことでお問い合わせをいただいたこと。
本当にびっくり。
あまりにおおごとで、やっぱり、見たことはほんとうだと思っても、自分が思っていないようなことになっていくのはやっぱり怖い気がしてしまうのです。

だから、ちょっとほっとしました。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
かっこちゃん、トラベラーさん、ありがとうございます。 不思議なこと、気になってしかたなかったので、スッキリしました。 
色々な凧があるものですねぇ・・・感嘆しました!
でも、ちょっと寂しい気持ちになるのは何故でしょう・・・?

能登の海辺は、車が埋まらないで走れるなんて、すごいですね。
夏色にきらめいてる海の写真も素敵です!
旅に出たくなりました。
2007/06/17(日) 01:19 | URL | Hana #BT1DVlwU[ 編集]
私も行きました。
浜辺って何か落ち着くんですが、
ひとりだと寂しくなるかな?

夏にはソーラーカー耐久レースがありました^^今もやってるかなぁ。

2007/06/17(日) 07:29 | URL | きもち楽々^~^ #WzzJX4NY[ 編集]
千里浜や能登の歌を時々聴きます。
アルと浜辺の写真を見ていると、昔ユーラシア大陸に一番近い場所だった能登の人々が大陸との交流のなかで歩んだ数々の人生劇場・・
そんな雰囲気が感じられます。
寂しそうにも見えるアルちゃんだけど、かっこちゃんが一緒に居るから幸せそうです。
2007/06/17(日) 13:31 | URL | 桃 #-[ 編集]
海に沈む夕日、日本海側ならではの綺麗な景色ですね^^
私は太平洋側なので海から朝日が昇ってきます。これまた綺麗な景色ですv-278
2007/06/17(日) 16:12 | URL | ピッチ #/2CD/BNk[ 編集]
凧のサメさん、よく似ていますね。
尾びれの感じが違うように見えるけど、実はもう一枚あって(画像が取り込めなかった)そちらの方は、空飛ぶお魚さんのような尾びれなんです。
バリ島の凧も似たような作りでしたね。多分、姿勢制御に必要な形状なのかもしれませんね。

でも、とてもユニークです。私も見てみたいなって思います。

実は、結論は未だ出ていませんが、空には楽しいものが一杯と言うことにしておきましょうね。

海は良いですね。私もカヌーをやっていたので、大好きなんですよ。
釣りもするし、潮干狩りも大好きです。アサリが取れたときには、ボンゴレを作って家族に振舞います。

アルさんが飛び込みたく気持ちが分かるような光景ですね。

2007/06/18(月) 19:09 | URL | トラベラー #wygPzqWw[ 編集]
どうしてこんなにこの場所は素敵なのでしょうか。私も、この場所が大好きで、人生の中で上位に入るほどの思い出の場所です。約1年ぶりにこの場所の写真を見られて本当によかったです。なんだか、胸が熱くなりました。涙も出そうです。
ありがとうございました。
2007/06/19(火) 23:40 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/409-ca27605e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。