FC2カウンター いちじくりん ススキと秋のきりんそう
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学校の帰り道に、見事にきりんそうが咲いている場所があります。
帰りの時間はいつも真っ暗なので、今日朝、そこへ出かけました。

07-10-14-1.jpg


昔、学校の会議室の外の景色が、ススキでいっぱいだったのです。会議中なのに、ススキが風に揺れる様子をずっと見ていました。でも、しばらくして、そこは、秋のきりんそうでいっぱいになりました。そして、またしばらくしたら、そこはススキでいっぱいに、今は、半分がきりんそう、半分はススキです。
きっとススキときりんそうは、おんなじ環境で繁殖するのですね。そして、競い合って、最初は外来種の秋のきりんそう(セイタカアワダチソウ)がススキを追いやって、お互いに競争しあうのですね。

辞書で調べたら「一時は気管支喘息の元凶だと思われていたが、セイタカアワダチソウは虫媒花で風媒花ではないため、無関係と考えられている。実際、日本への移入は養蜂家が蜜源植物として利用するためであったとされており、風媒花でないことは明確である」と書かれてありました。そうなんだ・・・。私は今もアレルギーになっちゃうのだと思いこんでいました。


07-10-14.jpg

一面の黄色の色。とってもきれい・・。ススキもきれい・・秋のきりんそうもとってもきれい・・。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あざやかな黄色ですね~

背後の社名は、若い頃お勤めさせていただいておりました。^^

きりん草というかわいいお名前とあいまって、素敵な光景ですね~☆
2007/10/14(日) 20:03 | URL | バラ #-[ 編集]
きりんそうっていう名前が一番似合ってる気がしました。セイタカアワダチソウは、関東では、ブタクサと呼ばれているんですよ。呼び方がいろいろあるお花ですね。
2007/10/14(日) 20:33 | URL | ぴんくまちゃん #-[ 編集]
一つ利口になりました。
私も秋のアレルギーの原因の一つと考えていましたから・・・

麒麟草はこちらにも沢山生えています。
明日からはもっと優しい目で見てあげたいです~~~
2007/10/14(日) 21:48 | URL | 月風 #-[ 編集]
うちにもあります。喘息の元凶ではないんですね。良かった。
2007/10/14(日) 22:24 | URL | yuko #-[ 編集]
本当にきれいです。

2007/10/14(日) 23:30 | URL | コーマ #-[ 編集]
わたしも大好きです。
このくさのつぼみの頃を、茎からかって干したものを細かくし、さらし袋に入れてお風呂にいれると薬草風呂にすると、アトピー性皮膚炎にきくといわれています。
きりんそうは和制のものをセイダカアワダチソウは外来のものをさしていたように思います。外来種は強いですね。喘息の元と考えられていたときにどんなにか絶とうと刈っても次の年にもっと太い幹で生えてきた。その生命力を戴いて薬草になるようです。
植物も人間も自然の一部、お互い認め合って助け合えば、こんなにも素敵な姿をみせて下さいます。
素敵ですね、感謝です。
2007/10/14(日) 23:44 | URL | さら #-[ 編集]
こんなに沢山の麒麟草。。。

とっても綺麗ですね。^^

アレルゲンで無いと解かると、

可愛い花に見えて来ますね。
2007/10/15(月) 00:13 | URL | green-air #lI9kb016[ 編集]
リンコのふにゃふにゃ日記から来ました。
かっこちゃんの写真を見るたびいつも背中の
方からお腹にかけてじーんときます。今回もこのあざやかな黄色の写真を見てじじーんときました。少しだけ泣きそうになるぐらい感動するんです。いつも。これからも心に訴える暖かい写真を見せてくださいね。
いつもありがとうございます。
2007/10/15(月) 10:43 | URL | コン #-[ 編集]
いつもありがとうございます。
秋のきりんそうのこと、本当にアレルゲンだと思っていると、うわーと敬遠しちゃうけど、そうじゃないとわかると、見事だなあ・・きれいだなあと思うものですね。人と人も同じかもしれません。こんな人だと思いこんでいたり、噂を信じて、大切なせっかくの出会いを不意にしてしまってはとても残念だなあと思いました。

きりんそうの野原には、蝶々や花虻がいっぱい来ていました。

みなさんが来てくださって温かいコメントをくださるので、私もとっても元気をいただいています。ありがとうございます。
2007/10/15(月) 14:58 | URL | kakko #-[ 編集]
Kakko先生、こんにちは(^^)
私も麒麟草ってアレルギーが出るのかと思っていました。
近くにススキの生えている場所があるので、
麒麟草がないか探してみて、よく観察しようと思います。
こんな美しい金色は、自然のものしか出せない色ですね♪
2007/10/15(月) 15:06 | URL | バタ子 #lGuIQBdo[ 編集]
お~見事なお花畑、後ろにある建築物が無ければ素晴らしい景色^^
しかし建築物も人にとっては大切な物
麒麟草とススキと仲良く共存していただきたいですね(^^♪
2007/10/15(月) 16:30 | URL | ピッチ #/2CD/BNk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/524-57a405e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。