FC2カウンター いちじくりん 雪絵ちゃんのおうちに久しぶりに電話をしました。
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪絵ちゃんのおうちに久しぶりに電話をしました。いつも番号とか覚えられないのに、雪絵ちゃんが亡くなって4年にもなるけれど、番号を忘れることがありません。手が覚えているのです。

電話にはあのときと同じように雪絵ちゃんのお母様が、もしもしと変わらぬ声で出てくださいました。

「雪絵が亡くなってもう四年にもなるのに、いつまでも、ありがとうね」とお母さん。そして、「先生、いそがしいのだから、亡くなった人より生きている人の身体が大切。身体大事に」と何度も言ってくださるのです。

「雪絵ちゃんは、千の風の歌がこんなに流行る前だったのに、私に、もし亡くなることがあったら、私はお墓にはいないよ。いそがしいんだからね。かっこちゃんのところやお母さんのところや、いろんなところにいかなくちゃいけないから」と言っていたなあと思い出します。
お母さんも「私もお墓に行っても、雪絵はここにはいないだろうな。あっちへ行ったりこっちへ行ったり、お墓にじっとしていられないだろうな」とおっしゃいました。自由な身体になって、あはーと笑いながら、いろんなところで私たちのそばにいてくれているのでしょう。

今日はお月さまがきれいです。

07-10-24-2.jpg

あのお月さまの光も雪絵ちゃんかもしれません。

07-10-24-1.jpg


お月さまの光の下に咲いていたあのお花だって雪絵ちゃんかもしれません。

雪絵ちゃんは亡くなってからも、いろんな人と出会いながら、今を生きていることでしょう。

もうすぐ雪の季節もやってきます。
雪絵ちゃんの季節です。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
十三夜、本当にココロが凛とするような綺麗なお月様ですね。
さっき雪絵ちゃんのお部屋「snow letter」に行ってきました。
時々のぞいています。

雪絵ちゃんはいなくなられても生きておられる本当にそう思います。。
2007/10/24(水) 20:50 | URL | kumi #-[ 編集]
亡くなった人は,忙しく守ってくれているのかもしれません。みんなみんな出会った人に助けられている。いつまでも,悲しんでいては・・・と思うけれど,悲しむことも自分には必要なんだって思います。悲しみの後に喜びがくるとも思います。
2007/10/24(水) 22:32 | URL | yuko #-[ 編集]
なんだか心がしんとして涙が出てくるようです。
2007/10/24(水) 23:54 | URL | srx #-[ 編集]
分身の術を身に付けて、
同時に何ヵ所かのイベントに参加したりできないものかとかなわない望みを考えたりすることもありますが、
こころは、分身の術をわきまえているのですね。
2007/10/25(木) 08:50 | URL | Alba #-[ 編集]
すのうレターのリンクを渡って
kakkoさんに出逢えたことを
雪絵さんに感謝しています(*^_^*)
2007/10/25(木) 14:25 | URL | ピッチ #/2CD/BNk[ 編集]
素晴らしい写真をありがとうございます!きっと、雪絵ちゃんも一緒にバインダーを覗いているのかも・・
時が止まっているみたいですね。
2007/10/25(木) 22:22 | URL | ma-ko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://itijikurin.blog65.fc2.com/tb.php/534-9e08f134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。