FC2カウンター いちじくりん いもっちゃんのピアノ
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yotubayuki.jpg

ちょっと前の雪の日の四つ葉です。

今日、一緒のクラスで大切な友達のいもっちゃんが、「満天の星の曲の伴奏をつけてみたんですけど、聞いてくれますか?」と言ってくれました。
いもっちゃんのピアノの音がぽろんと鳴ったとたん、涙がとまらなくなり、そして、流れる曲が心に響いてありありと思い出したことがあるのです。

父の葬儀が終わった次の日、私は父との約束のとおりに東京へ出かけました。どんなことがあってもお世話になっている人に迷惑をかけてはいけないから、東京へ行きなさいと言っていた父が出かけさせてくれたのだと思いました。東京ではたくさんの方が待っていてくださって、温かい言葉をかけてくださいました。
 父が亡くなることが、もし運命で決まっていたのなら、この講演会も、父が亡くなって、元気をなくしているだろう私のために、用意してくれたものだったのかもしれません。
 通夜、葬儀を通してあんなにいいお天気だったのに、私が東京へ出かけたあと、日本中が嵐になりました。金沢では大雪となり、東京でも、北風が吹き荒れました。そして、最終の帰りの飛行機が運休になり、その日は東京へ急遽泊まることになりました。普段なら、次の日が学校で、どんなふうにしてでも、金沢へ帰ろうとしたはずですが、火曜日まで忌引きでお休みをいただいていました。もしかしたら、飛行機が飛ばなかったことにも意味があるのだろうか?とそんな不思議なことを思いました。
 急遽とったホテルは、お部屋にはお風呂がなくて、一番上の階に大浴場のあるホテルでした。誰もいない大きなお風呂に入って、大きな窓の外に広がる東京の夜景をみていたときに、その夜景に父の顔が急にうかび、それが空全体に広がっていきました。父の亡くなる二、三日前に、歌を作ったから聞いてと、下手な歌を歌いました。

♪「満天の星、空をめぐり、白鳥座の十字を目で追って
僕たち宇宙に浮かんでると あなたはぽつりとつぶやく
あなたと私 どうしてここに一緒にいられるのだろう
銀河の流れ指でたどり、宇宙のひとつでいよう」♪

 父は「宇宙のひとつでいよう」と言うのがいいなあと言いました。
ずっと川柳をしていたので、父は言葉が好きでした。私は、夜景の広がる窓の外を眺めながめていました。その時、とっても不思議なことを経験しました。満点の星の歌がオーケストラの演奏になって聞こえてきて、その音はどんどん大きくなっていきました。驚いて周りを見渡したけれど、大きなお風呂には私一人、私の作った曲を誰かが演奏しているはずもありません。涙がとまらなくなりました。、そうだ、父は宇宙に広がっていったのだ、父は宇宙のひとつで私たちのそばにいてくれるのだと確信のように改めてそう思いました。そして飛行機が飛ばなかったのは、そのことを感じるためだったのだろうかとそう思ったのです。

いもっちゃんのピアノを聞いたときに、またお風呂で感じた感覚がよみがえってくるようでした。いもっちゃんは楽譜に起こしますねと言ってくださいました。
うれしいです。私にはたくさんの温かい人がいっぱいいるからね。お父さん、私はだいじょうぶだよ。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
素敵な方々ばかりですね。読みながら涙が出ました。
伴奏がついて、いっそう素晴らしい曲になりそうですね。

…ところで、四つ葉ちゃんって「裸犬」で、
雪とか寒いのは苦手だったはずでは…(^_^;)
振り返ったお顔がラブリーです。
2008/03/03(月) 18:56 | URL | srx #-[ 編集]
歌の歌詞を読んで
賢治さんの世界とだぶりました。
宇宙のオーケストラとお父さん。
きっと カッコ先生が感じたように
いろんな人の手によって
いろんな音が加わって
大きく 広く
いろんな人に届けられるのでしょう^^
素敵ですね。

私も聞いてみたいです。
2008/03/03(月) 19:01 | URL | モグ #mQop/nM.[ 編集]
父が亡くなってから暫くあとに、ある霊能者と会っていて、用事が終りこれから父の墓参りに行くというと、父が霊能者に話しかけ、お墓になんか居ないから来なくて良いよ、とお父さんが言ってます、と伝えてくれました。
千の風・ですね!
あの大きな空を吹き渡っているんですよね~
2008/03/03(月) 20:21 | URL | 山村歌手 #-[ 編集]
今日は,気分が悪くなった子に大丈夫をいっぱい言ったら,最後まで学校にいられました。
2008/03/03(月) 20:36 | URL | yuko #-[ 編集]
とても素敵なお話です。お父様その肉体を離れもっともっと自由に大きくなられたのだと私も感じました。不思議な感覚ですが、もっとずっとそばにおられるようです。人もものすごく大きな存在であること、改めて感じます。不思議です。
2008/03/03(月) 22:56 | URL | Cocco #-[ 編集]
久々に此処に来ました!チョッピリ元気が欲しくて…加津子chan、私は何も出来なくてごめんなさい。でも、あの時の天気予報約束が一応叶えられてホッとした(^_^;)
無理しちゃダメだよ。自分の事が好きになれずに今でも大嫌いだと思う私が加津子chanだけは素直な気持ちで大好きだよ!って言えるし心からそう思えるから、不思議です。
有り難う加津子chan。また明日もコレで頑張れる気がする。会いたいなぁって、想ってます。
2008/03/04(火) 02:20 | URL | 堺春美 #-[ 編集]
星空を見上げて、自分も宇宙のひとつと思うと、
なんとも言えない広々とした気持ちになれます。
素敵な歌ですね・・♪♪♪
2008/03/04(火) 22:03 | URL | ピッチ #/2CD/BNk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。