FC2カウンター いちじくりん 平野製本社さんのこと
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0839.jpg
今日もとてもいいお天気です。
 父の本を諸事情から、出すことが難しくなったとき、それでも、どうしてもどうしても、父が願っていた本をという気持ちがありました。たくさんの川柳の句は、父が生まれてから、ずっとのことや、結婚して、私たちが生まれたときのことや、金沢のこと、新聞社で働いていたことなど、父の思いがあふれているものでした。

 たくさん本を出していただいているのに、本を作るということにこんなにお金がかかるのだということにも気がつかずにいました。
自費出版のページは、金額も、そして、49日までという時間も、折りあわずにいました。自分で一太郎で編集をはじめたときに、編集の方の思い、デザイナーの方のご苦労が、きっと私が感じたよりももっともっと大変なのだろうけれど、ああ、こんなふうにしていただいているのだなあ。本をこんなふうにして出してくださっているのだなあと、感じることができて、そのことは、なんだかまた父がくれたプレゼントのような気持ちがしながらの作業でした。作業をしながら、本を製本してくださる会社を探し続けていました。電話をしても、「今、すごくいそがしいから、10冊とかのためにはどうしても時間を使えない」というお返事がほとんどでした。小松の家のちかくの製本社さんに電話をしたときに、年配の男の方が「今、卒業文集に追われているから、なかなか難しいなあ。どうしたの?」と私のせっぱ詰まった様子を感じられてか、尋ねてくださいました。「父の出したかった本を出して、母を喜ばせたいし、父を喜ばせたいし、そしてそれが私たちが一番喜ぶことで・・」なんだかわけのわからないことを一生懸命言うと、「息子がやってくれるかもしれんから、電話をつなぐからね」とおっしゃってくださったのです。
その方のところへ昨日出かけてきました。
おっしゃるとおり、工房の中は、卒業文集であふれていました。どんなに忙しい中と思うのに、どこまで自分でしたらいいか、どういう作業をしたらいいかということをとても丁寧に教えてくださった後、「お金は、一冊100円、表紙の紙をこちらで注文し、裏表紙をつけるなら、2倍の200円くらいなあ」と信じられないことをおっしゃるのです。本当にすごくすごくびっくりしました。今まで調べてきた本は100万円を越えていたり、20万円くらいだったり・・(もちろん印刷から編集からみんなしてくださってのことですが)ただただありがとうございますと頭をさげるばかりでした。
今日は印刷が完了、工房で、2つ折りにしていただいて、それを持って帰って、帳取りを自分でして、また明日、平野製本所さんへ持って行きます。みんなみんな優しい方ばかり。本当にありがたいです。平野製本所さんは、「小さいところなので、遠くからの注文があっても応対できないのだけど」とおっしゃっておられましたが、なんだかあまりにうれしくて紹介させていただきたくなりました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とてもきれいな写真ですね。そして素敵な本ができあがりそうですね。
あたたかい気持ちの方々との出会いも、
お父様が用意してくださったことなのでしょうか?
本当に全てのことに「ありがとう」と言いたくなるお話です。
2008/03/09(日) 18:04 | URL | srx #-[ 編集]
すご~い!よかったですね。
勿論、編集・印刷・製本をされる印刷会社さんの価格と一緒に比べることはできませんけれど、それにしてもなんて良心的な価格でしょう・・・。
自分たちで、心を込めて本にできるって、嬉しいことですね。
2008/03/09(日) 19:02 | URL | ほ・の・ま #-[ 編集]
本当に良かったですね。あきらめなくて本当に良かったですね。私の父も俳句を書いていました。
きっとお父様もお喜びのことと思います。
2008/03/09(日) 20:20 | URL | yuko #-[ 編集]
はじめまして!
先日、伊丹でお話を伺いました。
すっごく!感動!感激!し・kakko先生のブログ遡って読んでます。。。
世の中!ホント!捨てたもんじゃありませんね(^^)
いい製本所さんに出会われて・・・
読んでいる私も感謝です。
2008/03/09(日) 23:13 | URL | ubasakura #-[ 編集]
お父さんが残してくれた
プレゼントをかっこちゃんが
ちゃんと受け取って
お父さんやお母さんの親身になって作業したからかな?
道が開けたんですね!
私も嬉しくなりました^^

自費出版のお話。。いろんな会社があると聞いていますがこんな親身にお世話してくださる方がいるんですね。出会いって不思議~^^

私も(なぜか?)いつか
本を出したいと思っています。
こんな方に 出会えればいいな~^^
2008/03/09(日) 23:40 | URL | モグ #mQop/nM.[ 編集]
v-252v-87v-22始めまして。まほさんのところからのご縁で、貴女の事をしりました。
MIXIのコミュにも入らせていただきました。
私は、母子共に自閉症・圏内に位置する人間ですが・・・。現在、自閉症者当事者としての講演活動や、ある出版社で、原稿書きをしています。

又、今は亡き私の父はアトリエで制作活動をしていた時期もあり、遺品を作品集として出したい・・・
その様な想いを強く抱いた過去があります。

ですから、一目で貴女の事が私自身のことの様に考えることが出来ました。
これからも、活動を応援させて頂きたいです・・・。
我が子は、今大阪のグループホームで、人間らしさを取り戻せ、暮らしています。私にも何か出来る事があると信じ続けて生きてゆきたいと願っています。

こちらの、ブログに遭遇できた幸運を感謝したいです。
2008/03/09(日) 23:40 | URL | かのこ #-[ 編集]
優しい製本屋さんに出会えて、よかった^^
お父様の、お導きかもしれませんね。
あまり時間が無いようですが
お母様の喜びのためにも,がんばってくださいね。
kakkoさん、ふぁいと~(^^♪

2008/03/10(月) 11:30 | URL | ピッチ #/2CD/BNk[ 編集]
とっても素敵なご縁に繋がりましたね。あったかくて、まごころと優しさがいっぱいで、お父様がニッコリ微笑んでいらっしゃる姿が目に浮かびます。良かった!良かった!!
ありがとう!
2008/03/11(火) 00:34 | URL | ごういち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。