FC2カウンター いちじくりん 父のカメラ
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふだんはどうということはないのです。普通に生活して、ちゃんと食べて、あまり眠れないこともあるけれど、そんな日が続けば、また眠れます。
でも、ふと何かのきっかけで、父が亡くなったということを思って、子供のように、「お父さんが死んじゃった、お父さんが死んじゃった」なんて口から出てきて、わあわあ、泣いてしまうことがあります。困ったものです。父はいつも、近くにいてくれて、それはちゃんと感じられるし、誰もが、通ったり、通っていく道であることなのに・・・。

母が父の荷物の整理をしています。
それが母が父の死を、受けとめていく作業なのかもしれません。私が父の本を作っていることも、やはり、父の死を受けとめていく作業になっているのだと思います。

母が父のカメラを、かっこにはこれがいいのじゃないかなあと渡してくれました。バッグは二つ。
一つのバッグには キャノンのT90というカメラと、EOS KISSというカメラが入っていました。父が昔大切に使っていたカメラです。camera1.jpg

もうひとつにはオリンパスのコンパクトカメラ・・
家にはまだカメラがいくつもありました。どれでも、持って行ってねと母が言いました。

父が生きていたときに、古いカメラをもらいました。
やっぱりキャノンのカメラ
camera2.jpg


父は私たちが生まれたから、毎日のように二人をとってくれました。生後何日という文字が写真の裏にかかれています。よくこんなにと思うほどたくさん。

父が大事に使ったカメラ、手に取ると、とても大切にしていたのがよくわかりました。今もピカピカなんですもの。

私今はデジカメばかり使っているけれど、父のカメラでも、写真を撮りたいと思いました。そして父が大切にしていたように、私も大切にしたいと思います。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
その人が大事にしていたものを大事にすることはその人を大事にすることなんですよね。
私も残ったものを大事にしています。
2008/03/16(日) 20:06 | URL | yuko #-[ 編集]
お父様の生き方が見えてくるようです。
カメラと言うものは特に、そう感じさせる場合がありますね。
2008/03/16(日) 20:56 | URL | こう #-[ 編集]
わ~カメラですか。お父様が観て来られた世界とても暖かく、すばらしいものだったに違いありません。私もすばらしい世界観てゆきたいものです。たくさん泣いて。たくさん笑って。かっこちゃん。v-10
2008/03/16(日) 21:36 | URL | Cocco #-[ 編集]
僕も昔、親父が使っていたドイツのツアイスイコンという四角い箱型の良く写るカメラを貰ったんですが、小使いに困り売ってしまいました。
40年も前の事ですが、よく思い出し後悔しています。
2008/03/16(日) 21:46 | URL | 山村歌手 #-[ 編集]
知的で理性ある素晴らしいお父様ですね。
是非、お父様のカメラで写真を撮ってください!
期待しています(^^)
2008/03/16(日) 22:36 | URL | マサコ #-[ 編集]
そして

それも学びですね(^―^)

お父様のカメラが、かっこちゃんにとって良いものとなりますように。
2008/03/17(月) 02:22 | URL | エイちゃん #-[ 編集]
お父さんを思い出し、泣いてしまうかっこちゃん…を思い浮かべて切ないです。私、もし父母が死んだら…と思うととっても怖いのです。
今日、親戚の伯父さんが、突然亡くなったことをきき、びっくりしています。いつもどおりの朝、コタツに座ってテレビを見ていて…。
両親に会いに行かなきゃと思いました。
かっこちゃんがお父さんのカメラで写真を撮るときは、お父さんとの共同作業ですね、きっと。
いつもすてきな写真だなぁと感動してますが、写真のセンスはお父さんからの贈り物だったのですね。詩のセンスも…きっとね。
今度はお父さんのカメラでの写真を待っていますよ。
2008/03/17(月) 04:09 | URL | くまだちゃん #-[ 編集]
デジタルがすっかり主流になってしまいましたが
時々はフィルムで撮ってみるのもいいかもしれませんね。
デジカメと違って広いファインダーからのぞく世界はまたとても素敵ですよ、きっと。
せっかくの一眼レフですから…。
2008/03/17(月) 11:59 | URL | srx #-[ 編集]
メールのご返事、お忙しいのに、
ありがとうございました。

お父さまのカメラですね。
素敵なお写真を撮りつづけてください。
毎日拝見し、応援させていただきます。
2008/03/17(月) 16:13 | URL | まほ #-[ 編集]
私も4年前に、大好きだった父を亡くしました。
今、父はどんな思いで、この地球に生きる私や、家族や、小鳥や、風に揺れる葉っぱを、見ているんだろうと、いつも思うのです。
きっと、なにもかも全部すばらしくて、なつかしくて、いとおしくて、もう一度手に触れたい、言葉に表したい、写真に残しておきたいと、思っているでしょう。
かなしいことがあっても、体験すること、理解すること、生きるということは大切なんだよ、すばらしいんだよと、いつもそばで、支えてくれているように思います。
私は幸せだな~と思います。
2008/03/17(月) 17:00 | URL | 虹の声 #-[ 編集]
お父様のお顔は存じ上げないのに
その残されたカメラを見ただけで
かわいい笑顔の二人の女の子にカメラを向ける姿が浮かんで胸がいっぱいになりました。

かっこさんがファインダ-を覗いた
ら涙で前が見えなくなる日もあると思いますがしっかりシャッタ-切ってくださいね。


お母様のお写真もいっぱい撮ってあげてくださいね~~。

タイトル・・泣きそうです
と書きましたが・・泣いてしまいました。
2008/03/17(月) 18:21 | URL | kumi #-[ 編集]
ありがとうございます。父のカメラで、写真をきっととって、みなさんに見ていただきたいです。どんな写真になっても、父がそこにはきっといてくれるように思います。

それから、父は私にはみなさんという温かい方がまわりにいっぱいいてくださることを知って、うれしいと思ってくれるだろうなあと思います。
2008/03/17(月) 20:47 | URL | kakko #-[ 編集]
kakkoさんがカメラを使ってあげれば、
お父様もお喜びになることでしょう^^
優しいkakkoさんの姿をみて育ったお子さん達も
きっと親孝行な大人に育つのでしょうね(^^♪
お父様のカメラで写した写真、ブログに載せてくださいね、
楽しみにしています。
2008/04/01(火) 22:55 | URL | ピッチ #/2CD/BNk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。