FC2カウンター いちじくりん タオルの置き場所
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
isi08714.jpg

土も石も、よく見るととてもきれいですね。

給食がもうすぐ始まりそうになっていて、みんなテーブルの真ん中に用意されたお皿を自分のところに並べたりしていたときでした。かずきくんはもう自分のお皿やお椀を全部並べ終わっていました。首にかけていた汗ふきタオルがじゃまになったのでしょう。まだ配膳がおわっていないゆいちゃんのテーブルに、自分のタオルを置きました。
「かずきくん、ここはゆいちゃんのテーブルだから置かないでね。どうにか自分のところに置いてね」私が声をかけると、かずきくんは「俺のとこは置くところないから、だめや」とちょっと怒って言いました。
「ダメだよ、ここは今からゆいちゃんがごはんを置くところだもの。自分のものは自分のところに置くんだよ」
今度はかずきくんは、「何いうてるのや。俺のタオル置くところないから仕方ないやろ」そうなのです。かずきくんにはかずきくんの譲れない気持ちがあるのです。そして理由もあるのです。でも、私には私の譲れない気持ちもあるのでした。今度はかずきくんはゆいちゃんに声をかけました。
「な、いいやろ、俺の置くとこないんやもん」クラスのみんなはかずきくんも含めて、みんなとっても優しいので、「いいよ」と言うかもしれないけど、きかんぼうで、頑固者の私はそれではいやなのです。「かずきくん、ゆいちゃんがいいと言っても、誰がいいと言っても、自分のものは自分のところに置いてほしい。レストランに行ったときに、他のお客さんのところに、かずきくんはタオルを置かないでしょう?いつも自分のところに置こうね」
かずきくんは「俺とゆいちゃんの問題や。関係ないよ。それにここはレストランじゃない」なるほど、かずきくんの気持ちの中で、ちゃんと論理だっていて、だからこそ譲れない一線なのですね。そして、私には私の譲れない一線。どうしようかなと思ったときに、近くにいた先生が声をかけてくれました。「かずき、机の横にかけたらどうや」そして、かずきくんは、あ、そうか、そうだなと思って、そうしてくれたのでした。その上、食事が始まってしばらくしてから、かずきくんは、「さっきのことやけど、ごめんな」と言ってくれました。「ああ、ありがとう、かずきくん、素敵、だから好き」そんなことを言いながら、私は自分の気持ちを少しも曲げなかったことに、ちょっと後味の悪さを感じていました。もっと違う自分の思いの伝え方はなかったのだろうか?かずきくんはちゃんとごめんねと言ってくれたのに、私はかずきくんに誠実に向き合うことができていただろうかともう一度自分を振り返る夜になりました。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
かずき君が大人になった一瞬に立ち会ったんですね~~

kakkoさんにはkakkoさんの先生としての思いがあったんやないだろか・・自分を責めないで・・・
2008/07/14(月) 16:30 | URL | 月しゃん #-[ 編集]
かずき君とのやりとり、とても素敵で素晴らしいと思いました。

かずき君の譲れない気持ちと、かっこちゃんの譲れない気持ち、その二つの気持ちがとても貴重に思われました。
2008/07/14(月) 16:44 | URL | るか #-[ 編集]
お互いの気持ちを言い合えるってことは素敵なことだよ。^ー^

だから、かっこちゃん、自分の事を責めなくて、いいんだよ~。
2008/07/14(月) 18:01 | URL | ★ひろっちぃ~☆ #eYj5zAx6[ 編集]
みんな、思いや理屈があるんですね。思いが強い程、重いもので動かし難いのですね。

私も融通性のある思考をできるようになりたいです。
かっこさん、良い話のご紹介ありがとうございます。
2008/07/14(月) 19:12 | URL | マイケル司 #mQop/nM.[ 編集]
かずき君のような考え方をするのは何も子供だけではありませんん。

例えば政治家が「政治には金がかかるんだ!」と、
不正な闇献金や賄賂などを受け取って「仕方ないだろう!」などと実際に考えたりしているのです。

かずき君は反省して謝ったから良かったけれど、さて政治家などはどうでしょうか?
変なプライドが邪魔するのでしょうか?
人々の代表でリーダーシップを取るべき人を誰が教育出来るのでしょかね?・・・

かっこさんのような先生に子供の頃から教えてもらっていれば良かったのにね。

そんな風に思いました。

2008/07/14(月) 19:21 | URL | 月影 #-[ 編集]
なんとなくですが、髪飾りをプレゼントしたくなりました。
2008/07/14(月) 19:53 | URL | のほほんももんが #-[ 編集]
かずきくん、ええ子や~(^^)♪

僕なら謝れない~(:_;)
2008/07/14(月) 20:40 | URL | パステルめがね #-[ 編集]
kakkoちゃん、ありがとうございます。

>もっと違う自分の思いの伝え方はなかったのだろうか?
・・・・・誠実に向き合うことができていただろうかと
もう一度自分を振り返る夜になりました。

この部分、ドキッとして、私に変えて反省しました。

☆すべての人が宇宙の光と共にあるように☆
2008/07/14(月) 23:56 | URL | 虹を架ける風 #ffVU29mw[ 編集]
譲れない気持ち

大切だとおもう

反省するところがかわいいね(⌒-⌒)ニコニコ...

すべてに感謝「ありがとうございます」
2008/07/15(火) 12:45 | URL | ちゃー兄 #-[ 編集]
う~ん…そうですねぇ~(・・;)
私だったらどう言うだろうなって考えてしまいました(~_~;)
どっちも正当な事を言っているともとれるし…
正しさって強いものですね^^;
でもかずきくん、ちゃんと仲直りしようって思えたり、切り替えが出来たりすごいひとですね(#^.^#)

通すだけだと喧嘩にしかならないかも知れないけど、相手を大事にしているから、相手のこころを傷つけっぱなしにしたり、ほっといたりしないんですね☆

それってとっても大切な事ですよねぇ~(*^_^*)
2008/07/18(金) 23:46 | URL | 金の卵を生むひよこ♪ #-[ 編集]
素敵なお話ですね
忘れていた大切なことを思い出したような気がします^^
子供たちから学ぶものは多いですね
2008/08/22(金) 22:41 | URL | ピッチ #/2CD/BNk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。