FC2カウンター いちじくりん 国語の時間に劇をしています。
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hyou930.jpg
なんだか眠いような夕暮れ時・・・
動物園で観たひょうの顔が愉快で・・それを思い出しました。


国語の授業で劇をしています。5人のたった10分の短い劇
脚本のもとは、「たいせつなきみ」マックス・ルケード
それを短いセリフになおしてみました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ナレーター)あるところに、ちいちゃな木のこびとたちの住む村がありました。こびとたちはみんなエリという彫刻家が作りました。こびとたちは太っていたり、やせていたり、背が高かったり小さかったり、色が黒かったり白かったり、仕事が速かったり遅かったり、歌がうまかったり、そうではなかったりといろいろでした。
こびとたちはいつも、お互いにシールをつけあっこしていました。きれいなこびとや、仕事の速いこびとや、歌のうまいこびとには金ぴかのシールを貼りました。えのぐがはげていたり。木がでこぼこだったり、しごとがおそかったり、おしゃべりがへただとはいいろのだめシールをつけました。

(こびとA)わあ、きみのえのぐはとてもいい色だね。それでは、金ぴかシールをいちまい。

(こびとB)きみは、走るのがすごくはやいねえ。それでは金ぴかシールを一枚。

(こびとA)うれしいなあ、金ぴかシールをもらうときぶんはさいこうだね。

(こびとB)あ、パンチネロが来たよ。みてごらん、絵の具がはげて、木もでこぼこだ。みっともないなあ。

(こびとA)あ、本当だ、だめシールを貼らなくちゃ。

(パンチネロ)やめてよ。やめてよ。そんなシール貼らないでよ。

(こびとA)きみにはだめシールがぴったりだよ。だって、絵の具がこんなにはげてるじゃないか。はい、だめシール

(こびとB)きみは木もでこぼこ、走るのも仕事も遅そうだからね。はい、だめシール。

(パンチネロ)ひどいじゃないか、ぼくはそんなにだめなのか

(こびとA)きみは自分のすがたをかがみで見たことはあるのかい。あたまから足のさきまでぜんぶ、だめシールだらけ。あーあーひどいもんだよ

(こびとA)さあ、だめシールだらけのこびとはほっておこうよ。
あっちに金ぴかシールを100枚も貼ってる人がいるそうだよ。

(ナレーター)二人の後ろ姿を見ながら、パンチネロは悲しくなりました。

(パンチネロ)ぼくはどうしてこうなんだろう? 高くとぼうと思ってもとべないし、走ってもころんでばかりだし、ころぶたびに、どんどんペンキがはげていく。まただめシールを貼られてしまう。僕なんて、僕なんていなくなればいいんだ。ああ、僕なんて、大嫌いだ。
もうだれとも会いたくないよ。みんなほっといてよー。

(ナレーター)パンチネロは悲しみのあまり、とうとうその場にうずくまってしまいました。

(ルシア)ね、君、どうしたの?

(パンチネロ)(顔をあげて驚きました)君はだれ?

(ルシア)私はルシア。あなたはどうしてそんなに悲しそうなの?

(パンチネロ)驚いたなあ、君は金ぴかシールもだめシールもつけてない。そんなこびとははじめてみたよ。どうしてだい?

(ルシア)まえは、シールがくっついていたの。でも、今はだれも、私にシールをつけられないの。つけると落ちちゃうから。わたしね、誰からもいいとかわるいとか言われたくないの。だって、私は私だもの。

(パンチネロ)僕だって、誰からもそんなこと言われたくないよ。どうしたら、シールがつかなくなるの?

(ルシア)私たちを作った彫刻家に会いに行くのよ。あの丘のてっぺんに住んでいるわ。会いに行ってお話しするのよ。

(パンチネロ)会えば、君みたいになれるかい?

(ルシア)たぶんね。

(ナレーター)ルシアはうれしそうに楽しそうに行ってしまいました。

(パンチネロ)きたなくて、なにをしてもしっぱいばかりの僕なんかに会ってくれるかなあ。でも、ぼく、このままじゃいやだよ。こんなだめシールだらけの僕なんかいやだよ。そうだ、彫刻家に会いに行こう

(ナレーター)パンチネロは細い道をてくてくのぼって、おかのてっぺんのおおきなしごとべやに入っていきました。部屋にはおおきなイスがあって、しごとだいの上をみることもできませんでした。どきどきして、パンチネロはどうしたらいいかわかりませんでした。

(パンチネロ)やっぱりよそう。僕なんかが来たらめいわくにきまってるよ

(彫刻家)よくきたね。パンチネロ

(パンチネロ)え?どうしてどうして僕の名前をしっているの?

(彫刻家)あたりまえさ。もちろん知っているとも。だって、僕が君を作ったんだからね。ずっと君が来るのを待っていたよ。君はだめシールをたくさんつけられてずいぶん苦しんでいたのがここから見えていたよ。ぼくは君がずっと心配だったんだ

(パンチネロ)ぼくのことが心配だっただって?

(彫刻家)ああ、そうさ。他のこびとが何を思うと、そんなことは大切なことじゃないさ。

(パンチネロ)本当に?

(彫刻家)ああそうさ。大事なことは君が自分のことをどう思うかということさ。そして、僕が君をこんなに大切におもっているということさ。

(パンチネロ)え? 僕が大切だって? この僕が? 信じられないよ
本当にこの僕が大切なの?

(彫刻家)ああ、そうだ。僕が君を作ったんだからね。君のこと、宝物なんだよ。僕は君が一番素敵に輝くように作ったつもりだ。君に知って欲しいと思っていたよ。
ペンキのはげ具合はなんて素敵だろう。木のでこぼこはとても味があって気に入っているよ。君は最高だよ。 大好きだよ。
(パンチネロ)
僕、自分のこと好きでいいの?こんな僕が最高なの?

(ナレーター)そのとき、パンチネロについただめシールがバラバラと落ちました。パンチネロはもう、自分のことを嫌いだなんて、思わずに、にっこり笑うことができたのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みんな一生懸命練習しています。短い劇なのに、ときに涙が出そうになるのです。中身や気持ちにも触れながら劇の練習をみんなでしていきたいです。

きっと神さまが私たちを愛してくれて、全部いいふうに作ってくださったから、私たちはみんな、ひとりひとりが私たちのまんまでいいということなんだろうなあとうれしくなりました。



子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いい劇になりそうですね。^^
きっとみんながんばってるんだろうなあ?

ところで・・

今度うちの近く京都府の北部、天橋立のあるところ)でかっこちゃんの
映画を見ることができるんですよ。10月13日です。「1/4の奇跡」。すごく楽しみです。ぜひ11月ごろにでもかっこちゃんにも講演に来てほしいなあ。お話もぜひ聴きたいと思っていますのでよろしくお願いします。

幸せのりんごをどうぞ
2008/09/30(火) 17:27 | URL | あまね #-[ 編集]
この本はシリーズになっていて、確か5冊くらいあったと想いますが、
私もみんなに読んでほしくて買いました。そして相談室においてあります。時々読んであげたりしています。
素敵なお話が劇になるなんて、素敵・・
2008/09/30(火) 19:08 | URL | perican #-[ 編集]
パンチネロ・・なんだか、

わたしみたい。

みんな、そう思ってるんかもね。

そんなわたしの彫刻家は?

2008/09/30(火) 19:35 | URL | sumire #-[ 編集]
とってもいいお話しですね。こんなのを見たら泣いてしまいそうです。一生懸命練習しているんだろうな。これを見た人は泣いてしまうかもしれませんね。あたたかく解けるようななみだがあふれて、みんな温泉に入っているみたいにしあわせなお顔になるんじゃないでしょうか。
2008/09/30(火) 20:17 | URL | ワンワン #-[ 編集]
だめシールなんてないよね。みんなそのままでいいんだって思います。
2008/09/30(火) 23:43 | URL | yuko #-[ 編集]
僕の生涯の課題かもしれません。

映画「宇宙の約束」も、観る予定。
楽しみにしてますね。
2008/10/01(水) 08:58 | URL | GHまろん #P2XV9mVU[ 編集]
私も、この話のアニメを一度見た事があります。
すごく、いい話ですよね。
そっかあって、神様は、自分達が一番素敵に輝くように作って下さったんだって、こんな自分でもいいんだって、何だか、すごくうれしく思ったように思います。
神様は、みんなを平等に愛しているんでしょうね(^^)
神様の前では、みんな平等なんだろうなって思いました。
2008/10/01(水) 19:51 | URL | aya* #-[ 編集]
(のほもも)
パンチネロさん、ダメシールがなくなったんだね!よかった。
私には、どうすればいいかわからなかった。

(パンチネロ)
ありがとう!のほももさんも、頑張ってね!

(のほもも)
これ、金ぴかシールを飾りにしてみたんだ!1個しかもらえなくて、1個だけの大切なシール。パンチネロさんにはひっつかないけど、飾りには使えるかな?と思って

(パンチネロ)
1個しかないのに、どうして?

(のほもも)
落ちていた新聞に書いてあったんだ!
才能を使いなさいって!
1個しかもらえなかったんだけど、1個ってなんだかとても沢山なように思えて!
友達のしるしかな!

(パンチネロ)
よおしよおし!私も、のほももちゃんに似合うのを探してきてあげるよ!

(のほもも)
なんとなあく、靴がほしかったり!

(パンチネロ)
うふふふ!靴か!
よおしよおし、頼んでみるよ!

(のほもも)
大丈夫、何でもいいよ!
楽しみだな~

(パンチネロ)
じゃあ、また、ばいばい!

(ナレーター)
のほももさんも、パンチネロさんから元気を沢山もらって、家に帰りました。のほももさんの才能ってどんな才能かしら?
2008/10/01(水) 21:25 | URL | のほほんももんが #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。