FC2カウンター いちじくりん 今年初めての金木犀の香り
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08101.jpg
たくさんの中にいても、どの花もみんな特別な花なんだと、レンズの向こうの花をみつめていたときに、どこからか金木犀の香りがしてきました。今年初めての金木犀の香りです。

5年前のこと。10月の初めに大好きな友達の雪絵ちゃんに重い再発が起きて、10月、11月と、雪絵ちゃんのことを祈るようにすごしていた日々を、今もときどき思い出します。
私は、雪絵ちゃんのホームページの日記を繰り返し読んで、暗記するほど読むという毎日を繰り返していました。
「左手の手首しか動かなかった手が、少しだけ動くようになりました。ほんの少しだけピクッと。その瞬間、明るい未来を、ううん、明るい今日を感じた。でも、その日の夕方、あんなに嬉しかったのに、なんでピクッとしか動かないんだろう。もっと動いてくれればいいのに。さっきの嬉しさとは変わって、悔しさでいっぱいになった。どうして小さな幸せを素直に喜べないんだろう」
「涙にはいろんな種類がある。優しい涙、悲しい涙、あくび…。私は時々、目に突き刺さるような涙を流すことがある。その涙が、一滴でもでると、目が痛くてたまらなくなる。ナースコールを押そうと思うくらい。今回は、めったに出ない痛い涙が、何度も出た。私の体と心に正直な涙なんだろうなぁ」
いつもは明るく、前向きな雪絵ちゃんだけど、でも、つらく悲しい気持ちはやっぱりあって、でも、自分を受けとめて、自分をいつも客観的に観ることを忘れずにいました。
雪絵ちゃんはときどき「かっこちゃん、何か楽しい話をして?」と言いました。そんなときの雪絵ちゃんはいつも、少しつらいとき。だから、私はもし雪絵ちゃんが「楽しい話をして」とか「うれしいことなあい?」と聞いてくれたときは、どんなときでも、絶対にわくわくする話をしたいと、心に決めていたのです。けれど、ある日、雪絵ちゃんがそう言ってくれた瞬間「楽しいこと」がみつけられない気がして、あわてて話したのは「今朝、今年初めて金木犀の香りをかいだよ」となんだかつまらないそんな話でした。けれど、雪絵ちゃんの顔がぱーっと明るくなって、「ありがとう。私、今、金木犀の香りがしてきた気がした。すごくうれしくなったよ。花でも人でも、かおりでも、なんでも、一度出会っているということは幸せなことだね。私は今、あまり外に出ていないけど、それでも、昔たくさんの花を見たし、景色も観た。それをときどき思い出すだけで幸せになれるんだね」雪絵ちゃんは本当にうれしそうに笑ってくれました。雪絵ちゃんが重い再発のあと、会えない日も、私は雪絵ちゃんに話したい楽しいことをいっぱい心にためておこうと思いました。どんなことの中にも幸せはいつもあるよと雪絵ちゃんはいつも知っていたなあと思います。

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
雪絵ちゃんには知り合う事もお会いする事もできませんでしが、わたしの中にもその思いは息づいてくれています。
わたしは雪絵ちゃんのMSと兄弟のような関係のCIDP(慢性炎症性脱髄性多発(根)神経炎)という難病患者会の役員をしています。
良く雪絵ちゃんの生前のホーム・ページにアクセスし、力をもらっています。
本当にありがとう。

2008/10/01(水) 19:50 | URL | 月影 #-[ 編集]
つい2日前、難病の幼子が、アメリカでの手術も空しく、お亡くなりになりました。名古屋のテレビ、地元の寄付、多くの方々の力で、アメリカで手術をし、一時は、良くなり、それからは、拒絶反応で、男の子は、病気と共に生き、亡くなりました。その男の子の死は、無駄ではありませんでした。多くの人が、小さな命を救うことに立ち上がった。テレビで観る顔は、痛ましくも清々しい顔でした。今は、自分の役割を負えて安堵し、肉体では食べられなかった物を食べているでしょう。雪絵さんの考えは、私の心に刻み込まれている。彼女の書籍は、私にとって、バイブルです。
2008/10/01(水) 20:35 | URL | 誠実なひろし #-[ 編集]
金木犀の香りを好きになったのは、中学校3年生の時に志望校の下見にいった時でした。その高校に今年も金木犀が香っているかな?と、雪絵ちゃんの話から、思いました。
思い出があるということは幸せなことですね。
2008/10/01(水) 21:14 | URL | ゆみこ #-[ 編集]
私も雪絵ちゃんのことはこころにいつも想っています。病気はやっぱりつらいけれど、病気になって感じること出遭えたこともやっぱりあるのです。私も膠原病(SLE)という難病をもっていて役員をしています。改めて私だけではないこと、勇気をいただきました。ありがとうございます。v-22
2008/10/01(水) 22:24 | URL | Cocco #-[ 編集]
私が一番好きな言葉。
相田みつおさんの言葉です。
雪絵ちゃんのお話を聞くといつもこの言葉を思い出します。
どんなことの中にも幸せはあるって思えることって、簡単なようで難しいことです。
私も雪絵ちゃんのようにありたい・・・。
2008/10/01(水) 23:29 | URL | ぞうくん #-[ 編集]
もう金木犀の香りが漂う季節ですね。私も金木犀が大好きです。あの香りを嗅ぐと気分がふわっと軽くなる気がしてウキウキします。
思い出せないけれどきっと何か楽しい思い出と繋がっているんでしょうね!
いつも道しるべになってくれる雪絵ちゃんの色んな言葉にありがとうという気持ちです。
2008/10/01(水) 23:36 | URL | yoshimi #-[ 編集]
もう5年になるのですね!雪絵ちゃんの願い、思いは今でも、これからも、生きていくのですね!
2008/10/02(木) 00:19 | URL | いまじん #-[ 編集]
みんな違う子どもたちだから,本人から学ぶことが多いです。風邪を引きました。これも恵みですね。
2008/10/02(木) 01:07 | URL | yuko #-[ 編集]
今日出勤する時に香がしました。
家の庭に1本あるのだけど、家から5m離れた地点で香りがしました。どこかに金木犀があったかな?
2008/10/02(木) 12:13 | URL | のほほんももんが #-[ 編集]
雪絵ちゃんとはとても仲良しだった、、そんな錯覚さえしてしまいます。いつもありがとうございます。
2008/10/02(木) 20:08 | URL | ふ~ #-[ 編集]
雪絵ちゃんがかっこさんの中に生きている。いつもそんなふうにおもいます。かっこさんが大好きで、必要だと思う人にとってはちょっと妬けることだろうけど、ふたりは親友。永久の親友なのでしょうね。自分の人生は自分で決めた雪絵ちゃんはいいな。

今のところ自分の子育ては厳しいものでなく、楽しいものにしようと決めているわたしです。
ちょっとした障害のある我が子です。せっかくの幼い時代を厳しい訓練に明け暮れさせるのはやめるのです。でも、たのしく手は抜きませんよ。このさき一般の社会の中で生活していくのだから。あは、ちょっとチカラはいりすぎ。(^^)

今度は雪絵ちゃんの本を入手しよう!
きらきらきれいな写真です。花の姿にも気づきがいっぱいですね。ありがとうございます。
2008/10/03(金) 06:41 | URL | ワンワン #-[ 編集]
はじめまして。仕事のクライアントさんのアイリッシュ・ハープ演奏会のお知らせから”雪絵さんと山元さん”そして”いちじくりん”とのご縁をいただきました。失礼・・ですが、私のブログに来てくださる方々にも是非お伝えしたくて、”いちじくりん”や”雪絵さんの詩”を記事10月7日と8日)にさせていただきました。(ありがとうございました。
2008/10/09(木) 00:11 | URL | りつこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。