FC2カウンター いちじくりん メメント・モリ
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう10年よりもっと昔のある日のことをよくよく覚えています。
その日は学校の子供さんが亡くなって、お通夜の日でした。今から出かけようとしたときに、初めて三五館の星山さんから電話があったのです。
「突然ですが、あなたの本をうちから出しませんか?」
本来なら飛び上がるほどうれしいお話のはずでした。その当時、福祉関係の出版社さんから、お話をいただいて、お返事をまだしていないときでした。
子供さんが急になくなられて、私は悲しくていったい何をどう考えたらいいのかわからなくて・・またあとでおねがいしますと星山さんにお話したのです。

そして、またお電話をいただいたときに、星山さんが「僕は、あなたの文章はすでに福祉の世界に入っておられる人より、一般の書店から出し、福祉の本の場所でなく、いっぱいのところに並び、一般の人に読んでもらいたいと思う」とおっしゃってくださいました。
急になくなられたおこさんは、もしかしたら、ほかの方になかなか理解はしていただけてなかったかもしれない。それなのに私は何もできなかったなあとすごく悔やまれて仕方がなかったのです。
本当にそうだなあ・・子供たちのすてきさをたくさんの人に私、お話したくてしかたがないのだものと思ったのです。
星山さんはそのときに、「これからは三五館が山元さんの出版社なんだと思って、どんなことでも言ってください。どんなことでも」とおっしゃってくださいました。

5年くらいまえだったでしょうか?東京へ出かけたときに、「今から、藤原新也さんの写真展に連れて行きましょう」と言ってくださいました。大きなデパートでの特設の写真展は、言葉につくせないほどの感動がりました。その写真展の中には、「メメント・モリ」という有名な藤原さんの御本に載っている写真が大きな大きなサイズで展示されていました。「どうですか?山元さん」「言葉が出ません」私がそう言うと、「そうでしょう。この写真の本、メメント・モリは僕が作ったんです」と星山さんがぽつりとお話をされたのです。本当に驚きました。
ずっと以前から知っていた、この本を星山さんが作られたなんて・・「情報センター出版局というところで作ったんです。僕はね、編集者になれてよかった・・これが僕の代表作ですという本がいくつかあります。この本がまずそうです。そしてね、山元さん、山元さんのゆうきくんの海がそうですよ」私は涙がとまらなかったのです。星山さんがそんなふうに言ってくださるなんて・・

 ところが先日、星山さんがとてもうれしそうに電話をくださいました。「山元さん、メメント・モリ、三五館から、新しい形で出ます。新しい写真22点加わって・・もうすぐです。できたら送りますからね」
星山さんはどんなにどんなにうれしかったことでしょう。

そしてそれが今日届きました。メメント・モリ・・Memento.Mori死を想え(三五館)
081026.jpg
扉をあけたとたん、大きな写真の前でたちつくした、震えるような感動がよみがえってきました。

今日は星野さんの写真展に行きました。星野さんの写真展では心がシーンとなる感動で胸がいっぱいになり動けなくなりました。
藤原さんの写真展では、なにか震えるような思いでたちつくしていたのを覚えています。

星山さん、うれしいだろうなあとまた思いました。
出会いとは本当に不思議ですね。星山さんの三五館に、最初、たんぽぽの仲間たちの本をだしていただいてから、もう7冊の本を出していただきました。そして12月には八冊目の本が出ます。いつもいつも、温かくて大好きな星山さんと出会えて、三五館のみなさんと出会えて、いろんなことが始まったような気もします。


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すてきなお話ですね。子どもの素敵さを伝えたい気持ちは同じです。
2008/10/26(日) 20:13 | URL | yuko #-[ 編集]
心の琴線に触れる震えって本物ですよね。
立ちつくす感動ってなかなか出逢えないもの・・・・
子どものステキな話を聴きたくてかっこちゃんとの出会いを待っている人が日本にいっぱいいると思います。皆に感謝です。
2008/10/26(日) 23:02 | URL | みさこ #-[ 編集]
かっこさん、星山さんには出逢うべくして、出逢ったのですね。人や物との出会い。。。。出会いは、何であっても「偶然」は無い、とあらためて思いました。「メメント・モリ」私も早速購入したいと思います。本を開くのが楽しみです。
2008/10/27(月) 08:34 | URL | #-[ 編集]
ホントに出会うべくして出会ったのでしょうね・・・
私がかっこちゃんに出会えたのも偶然じゃないのかもしれない。
だったら私もこの出会いを何かもっと意味のあるものとして繋げたい。
『メメント・モリ』私も読んでみたいと思います♪
2008/10/27(月) 09:47 | URL | ぞうくん #-[ 編集]
星山さんに感謝しますv-22
「メメント・モリ」は ミスチルさんの「花」のときに知りました。
そして大好きな本です。
kakkoちゃんの本も大好きで、世の中に送り出してくださってありがとうございます。
繋がっていたのですね。
また新しくなった「メメント・モリ」に出会えるのが楽しみですv-238
2008/10/27(月) 14:04 | URL | ルチル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。