FC2カウンター いちじくりん すごいなあ。かずきくん
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 朝、スクールバスの先生から電話がありました。「かずきくんが大聖寺駅のバス停にいませんでした」という連絡でした。かずきくんは、電車に乗って大聖寺の駅まで行き、そこからスクールバスを利用しているのです。あわててお母さんに電話をしました。「きっと電車に間に合わなくて乗れなかったのだと思います。すぐに駅に向かいます」とお母さん。ところが、かずきくんはその次の電車を待って、その電車に乗って大聖寺へ向かったということがわかりました。そこで大聖寺の駅へは私が迎えに行くことになったのでした。
 今日はかずきくんの大きな力をいくつも感じた日でした。まず、乗れなかったときに、待って次の列車に乗るということはかんたんなことじゃないと思うのです。焦って違う方向へ乗ったり、歩き出したりせずに乗れるということはすごいことです。そして、いつもの仲間がいなくても、かずきくんはちゃんと大聖寺で降りることもできました。一年のときは、間違えてうーんと遠くまで行ってしまったことがあったそうで、失敗のたびに、かずきくんはいろんな力をつけていると思います。
 大聖寺駅へ行くと、かずきくんが公衆電話のボックスの中で電話をかけているのが見えました。そっと外から見ていると、かずきくんは10円は入れるのだけど、受話器をとっていないので、10円はおつりのところから落ちてしまうのです。困ったかずきくんは、そこにおかれてあった、使用済みのカードをみつけました。そして、それを入れて電話をするのです。こんどはちゃんと受話器を手にもっていましたが、使用済みなので、もうそのカードではかけることができないようです。それでも、何度も挑戦。前に作った迷子になったときのカードの学校の番号を指で押さえながら押しています。 けれど、やはりかかりません。そして顔をあげて、私を見つけました。「遅刻したんだよ。パソコンであそびすぎたんだよ。お母さんか学校に電話かけてよ」と私に言いました。迎えにきたんだとは思わなかったのでしょうね。「うん、もう一回かけよう」と10円を入れて、学校へかけようとしました。けれど、カードをみながら、ボタンを間違いなく押すのも、そんなにかんたんなことじゃないですよね。何度も間違えて、結局一緒に押しながら学校へ電話をしました。事務の先生に、副担任の先生の名前を言って「呼んでください」とお願いしていました。けれど、10円しか持っていなかったので、先生が電話に出る前に切れてしまったのです。
「あ、ぷーと言っとるよ」「お金が足りなかったんだよ。どうしよう」
私が言うと、「心配するなや、だいじょうぶや。まかしとけ」とかずきんくんは私も一緒に困っているのかなと思ったのかもしれません。「大人の人に頼むわ。大人の人に電話を頼むわ」と言いました。(私も大人なんだけどな・・)「そっか、そうだね。駅の方にお願いするといいね」
 私は先回りして、駅員さんに練習させてくださいと言うと「そうやね、」今日はいつもより一本遅いのだったね」とちゃんと知っていてくださったのでした。
かずきくんは「すみません」とカードを出しました。「あ、遅くなったんか。この学校のところに電話すればいいんやね」「はい、お願いします」かずきんはちゃんとお礼も言うことができました。
 きっとこんどは大丈夫。
 「ね、私、車に乗ってきたんだった」と言うと、かずきくんは「おんなの人の車に二人で乗るなんか恥ずかしいけど、いいんか」なんて言いながら、乗ってくれて、それで学校についたのです。
 かずきくんは、今日、遅刻しちゃったけど、またできることがきっと増えたと思います。私はなんにもしなかった。かずきくんが自分で力をつけていっったんだと思います。本当にすごいなあと思いました。

公園で、誰かに見つめられているようで振り向いたところにあったのは、枝をはらわれた木でした。
081029.jpg

子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感激した
なんか
どうしてか
ありがたいきもちになった
どうしてだろう
でも
うれしいから
ありがとうございます
といいたくなった
2008/10/29(水) 20:20 | URL | maya=8 #USufH/tE[ 編集]
かっこちゃん♪
いつも、ありがとうございます。
ありがとうございます。

とってもとっても嬉しくなりました。読んでいて目に浮かんで、声が出て笑いました。涙も出ました。

今度は、声を出して読んでみました。隣の旦那も涙ぐんで笑っています。

かずきくん、すごいな~。
大冒険な一日e-68
かっこちゃん、ステキだな~。
かっこちゃんの嬉しそうな顔を想像して、とっても幸せになりました。

ありがとうございます。
朝晩寒くなったことでしょう。
お体にお気をつけてくださいねe-420
2008/10/29(水) 20:48 | URL | Olivia Candle Sunshine #iBbSDt2Y[ 編集]
すごいですね~。光景が目に浮かびます。かずきくんが自分でできるようになるのは、私も嬉しいです。
2008/10/29(水) 20:53 | URL | ふみこ #-[ 編集]
見守ることって、大事なことで難しいことでもありますね。 かずきくんのすごい粘りに感激して、大人に見てもらえなかったかっこちゃんに感謝です。ちょっぴり笑えてほろりときました。情景が見えるようです。やっぱり生徒さんとお友達になりきってるかっこちゃんって、素晴らしいです。ありがとうございます。
2008/10/29(水) 21:21 | URL | hana #BT1DVlwU[ 編集]
子供って・・・いえ人間って凄くて素晴らしいですね。うちの子は重複障害で全面介助が必要です。しかし障害(中途障害です)を受けて16年。少しずつではあるけれど色んなものを獲得してきました。
周囲の者が線引きをするのではなく可能性の芽を摘まない努力をし続ける事が大切なのだと更に思いました。素晴らしいお話ありがとうございました。
2008/10/29(水) 23:32 | URL | 大猫ママ #-[ 編集]
かずきくん
かっこちゃん
駅員さん
ステキです

ステキな感動を
ありがとう

かっこちゃんの目の付け所
ナイスです
枝の切ったあと
(。≖ิ‿≖ิ) クスッ
2008/10/29(水) 23:50 | URL | かっぱ #gHke2YW6[ 編集]
安全を確保しながら、社会に出て行くこと。
本人にとって、そして社会にとって、すごく大切ですね。

本人は、「自分でなんとかする」力をつける訓練を、
社会は、そんな彼を知って学びます。
どちらも、大切で、そして素敵なことですね。

長男も、毎日バス、電車で通学がんばります。
来年度は、自転車と電車で往復に挑戦です。
2008/10/30(木) 00:37 | URL | ルート #-[ 編集]
かずきくんステキ!みんながそうして成長するんですね!
2008/10/30(木) 01:36 | URL | いまじん #-[ 編集]
うちの子も発達障害児、ヒントをもらった気がします。ありがとうございました。
木霊が声をかけたのでしょうか。
2008/10/30(木) 04:31 | URL | 空 #PKmJXTP.[ 編集]
かずきくんの成長を一緒にその場で見ている気分になりました。
小さい子供の成長を近くで見ている親として、手を貸すことばかりが正しくないことが日々分かります。
大人が手を貸すことは簡単だけれど、それでは子供はいつまでたっても成長しない。
子供が本当に助けを求めてきた時にはいつでも助けてあげられる。
いつも温かい目で見守ってあげられる。
そんな親になりたいです。
2008/10/30(木) 07:23 | URL | ぞうくん #-[ 編集]
かっこちゃん、おはようございます^^
>大人の人に頼むわ。大人の人に電話を頼むわ」と言いました。

かっこちゃん、ごめんなさい。
↑をよんで すごく笑ってしまいました。あはは。
すごいですね。かずきくんは!
しっかりしている!^^

2008/10/30(木) 10:43 | URL | ここあ #mQop/nM.[ 編集]
うちの子も名前が「かずき」といいます。
だから自分の子のことを読んでいるようでした。。。まるで自分の子の成長のように感動しました。
いつも美しい写真とお話に感謝です。
2008/10/30(木) 11:06 | URL | 育英 #-[ 編集]
自分は発達障害児でしたが養護学校には通っておりません。

でもかずきくんのこの出来事については理解できます。

でも自分はここまで冷静にいられるか疑問だな。
2008/10/31(金) 02:48 | URL | しょんぼり、しょんぼり #-[ 編集]
(私も大人なんだけどな・・)笑笑
暖かいやりとりに心温まりすね。
なんにもしなくても一緒にいるだけで、いいなー
2008/10/31(金) 12:33 | URL | しん #TL9DnwNw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。