FC2カウンター いちじくりん 自問自答
いちじくと凛とMINIのアル。それから新しいきょうだいの四つ葉、そして山元加津子のおかしな毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08-11-10.jpg
今日は昨日の代休でずっと家にいました。今日という日は、映画にとっても、それから今度の本にとってもとても私にとっては貴重な日でした。
三五館さんの編集をしてくださる松本さんにも、装丁を今回もしてくださる石川さんにも、そらから映画の康子ちゃんや小野っちさんにも、今日が休みなので、今日はやりとりをしながらすすめられますと、前もってお話をしていました。そのほかに学級通信をひとつ、明日の授業の準備。それから、新聞の12月分の原稿も書いたりしました。
そんなふうにしながら、私は、少しだけ元気がありませんでした。
というのも、今日は、「映画や本を書いていて、学校のことがおろそかにはなっていないのですか?」と県外の方からですが、メールをいただいたことにあったのです。

好きな本のことやお話をさせていただくことで、学校の子ども達やおうちの方、同僚に迷惑をかけたくないということはずっと思ってきました。ずっとずっと思ってきて、そのために、風邪をひいてもできるだけ休まないようにしよう、学校のある日は子ども達と精一杯いたいし、授業だってそのことでおろそかにはしまい、学級通信だってそうだと思ってきたつもりですが、それでも、それは自分の思いであって、ちゃんとできているかどうかを決めるのは自分ではありません。
そんなときは少し落ち込みます。そして、メールをいただいたということは、そうでないといけないよと自分を戒めるためにいただいたかもしれないから、きちんと毎日をしなくちゃという思いでもいました。けれど、やっぱりどこか元気がありませんでした。
でも、うれしいメールもいただいて、今度はすごく元気になりました。そして、涙がとまりませんでした。

いただいたメールです
・・・・・・
2日、小松での上映会、拝見致しました。
映画が始まってすぐに、涙が出て止まらなくなりました。
声をあげて泣いてしまいそうで、止め処なくなりそうで、
こらえるのに必死でした。
鼻水は出てくるし、ちょっと苦しかったです(笑)
なんの涙なのか分からないけど、ただ泣けました。

かっこ先生が、生徒さんたちに接しているように、私は弟に接してきただろうか?
弟が、何か伝えたい事があるんじゃないだろうかと、
考えたことなどありませんでした。

きいちゃんのお姉さんの気持を想像してみました。
お姉さんは、きいちゃんをそのまま受けとめてもらえて、
とても嬉しかったのではないかなぁって。
かっこ先生に、結婚式に出席して頂けて、心強かったのではないかなって。
私にできるだろうかって、
帰りの電車の中で、自問自答していました。

弟が自閉症だって事、ずっと隠していました。
ようやく話せるようになったけど、友達に紹介する勇気は、まだないです。
反応をみるのがコワイ。
同情されるのもイヤ。

差別をなくそうとか、他人事みたいに、キレイ事を言う人達に、
どこかで、怒りを感じていました。
「もし、あなたの家族だったらどうですか?」って聞きたかった。
それが言えずに飲み込んでしまうのは、
私の中にも差別や偏見の気持があるからです。
そして、そんな自分が許せず、受け入れることができなくて、
苦しいのかもしれません。

ドラマの中の話ではなく、夢物語でもなく、
かっこ先生が、存在してくださること、
生徒さん達を尊重し、ありのまま受けとめていらっしゃる姿、
きちんと確認しました。

「おまえはどうありたいんだ?」と、自分の魂に問われている気がしました。
意気地なしの私は、まだぐずぐずしています。

御挨拶したかったのですが、電車の時間もあり、失礼させて頂きました。
きっと、またご縁があってお目にかかれると信じています(^o^)


ありがとうございました。
・・・・・・・・
自問自答・・私も今日ずっとしていたことです。

いただいたメール、とてもうれしかったのです。メールをくださった方はなんてすてきでなんて優しい方でしょう。

自分のことを全部話せたら本当はどんなにか楽でも、話せないことって、誰にもたくさんあると思うのです。
たとえば、自分の生まれた場所だったり、たとえば、家族のことだったり、たとえば自分の病気だったり、たとえば、くせだったり・・いろんなことを話せないことっていっぱいある。

そんなとき、すべてを含めて、それでいいんだと思えたり、どんなことも恥ずかしいことじゃないと思えたりできるように、私もなりたいなあと今日思いました。すぐに飾ろうとしてしまう自分があるから・・

私はやっぱり本を書いていきたいのです。そして、映画を通して、講演会を通して、大好きな子供たちの話しをさせていただきたいのです。

そのためにも、やっぱり、子供たちときちんと向き合っていかなくちゃ、きっとそうしていようと思った今日でした。

今週末も講演会があります。大好きなお友達が主催してくださいます。
きっと温かくむかえてくださるだろうと、そのこともとても楽しみです。
お知らせさせてください。


●11/15(土) 名古屋
【日時】 2008年11月15日 (土) 午後1時 ~ 5 時頃
【会費】 3500円 (お茶・お菓子付) / 中高生 1500円・小学生以下無料   
    終了後 懇親会「白鳥物語」にて。
【場所】 大和白鳥創造センター 4Fホール (㈱ヒカリ)
*お問合せ・申し込み:Eco-Branch鶴田紀子noriko@eco-branch.com / (052)503-1002
 
●11/16(日) 大阪府高槻市
山元加津子さん講演会&「光彩~ひかり~の奇跡」上映会
  &アイリッシュハープコンサート(奏者みつゆきさん)
★平成20年11月16日(日)午後1:00~5:10 (開場12:30)  
 ★プログラム 
  上 映 会 pm 1:00~2:30 「光彩~ひかり~の奇跡」(87分)
  ハープコンサート  pm 2:45~3:30 「入江監督&みつゆきさん」(45分)
  講 演 会 pm 3:45~5:05 「山元加津子さん」(80分)
★場  所  高槻現代劇場(市民会館4階)402号室
(高槻市野見町2-33 ℡072-671-1061 )
「JR高槻駅」徒歩12分 「阪急高槻市駅」徒歩5分
★協 力 金  1800円(前売り1600円) 中学生以下は900円(前売り800円)
先着200名 当日参加も大歓迎
★主  催  たんぽぽの仲間たち関西     
【申し込み】 (TEL&FAX ) 072-695-9945 (携帯)090-3035-6848 
      (メール) ami39@tcn.zaq.ne.jp あつみ鍼灸院内事務局 渥美まで


子供たちのことをたくさんの方に知ってもらいたくて、ブログランキングに参加しています。応援してくださったらうれしいです。ブログランキングと書かれた文字をぽちっと押してください。どうぞよろしくお願いします。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
学校の事をおろそかになってないと言われたり、こんな映画を作りやがってと言う人もいる。

でも人それぞれだから。
かっこさんは考えながらやっていると思う。

だから応援したい気持ちになるんだ。

でも批判覚悟でこの事を書いたかっこさんはすごいよ。

そうしないと障害者は人間でない心理が強くなるからなあ。

かっこさんは自分の伝えたかった事を伝えているだけでもいいのではなかろうか。

今、現実健常者でも心を閉ざす人が多い。

だからこそこの行為は間違いではないと思う。
2008/11/10(月) 20:41 | URL | しょんぼり、しょんぼり #-[ 編集]
かっこちゃんe-68

いつも、ありがとうございます。
ありがとうございます。

かっこちゃんの文章がお優しいので、きっとその県外の方のメールも、ある意味で大きな応援とお気づかいなのでしょうか。

そして、それをかっこちゃんがどんな風にご自分で受け止められて、なさっていかれるかと、言うことも、
併せて、私たち一緒に成長させていただきたいものですe-415

一つつらぬくことがある。

そして、それがひろがっていくことに、実際の時間・空間の現実性もありますけれど、今、かっこちゃんの本や映画や何度もかみしめて、

読んだり見たりする人の心の中に、
「自分は、どうしたら良いのかな?」
「自分は、どうしていたのかな?」

って考えさせてもらえるなんて、
やっぱり、かっこちゃんや、今映画を作ってくれてる康子さん、みなさんのお蔭です。

ありがたいことです。

私は、これからも一緒に勉強させてもらいたいです。

よろしくお願いしますe-133
ありがとうございます。
2008/11/10(月) 21:09 | URL | Olivia Candle Sunshine #iBbSDt2Y[ 編集]
私は意味のある事をされていると想います。
私も、みんなに子どもたちのお話、したいですが、そういう機会はありません。そんな自分を情けなく感じたりもします。
kakkoちゃんは、私たちを代表してお話してくれている。自分の大事な時間を割いてね。
それは、すごいことです。
だから、ありがとう、です。
2008/11/10(月) 22:12 | URL | perican #-[ 編集]
わたしは、「ほんとうのことだから」という本に出会って、今こうしてブログを読ませていただいていて、
この奇跡のような出会いが、とてもうれしくてうれしくて仕方ありません・・・v-238
ありがとうございますv-254
2008/11/10(月) 22:23 | URL | いずみ #-[ 編集]
いい日でしたね。
無駄な事はひとつもないなぁ~
今日も一日おつかれさまでした。
2008/11/10(月) 22:41 | URL | しん #TL9DnwNw[ 編集]
草の根運動のように,講演活動をされて,子ども達のすばらしさを広めていらっしゃる姿に感動します。
2008/11/10(月) 23:19 | URL | yuko #-[ 編集]
私は、かっこちゃんの本や上映会や講演やブログや写真で
心の中に本当は知っていた「本当の事」
に気付く事ができました。
かっこちゃんのおかげです。
かっこちゃんのあったかい想いはちゃんと毎日感じてます。
いつも、ありがとうございます♪
2008/11/11(火) 08:10 | URL | はるか #-[ 編集]
きいちゃんは、指を血まみれにしながら浴衣を縫ったのですよね・・・
障害者は健常者に受け入れられるためには血まみれの努力をしなければならないのか・・・「きいちゃん」は私にとっては残酷な物語に思えました。
2008/11/11(火) 09:31 | URL | コーヒー #-[ 編集]
確かにコーヒーさんの意見も分かりますが一生懸命やることも大事なんですよ。

健常者は結果がすべてなんです。

だからきいちゃんのようにやるのも時には必要だと思います。
2008/11/11(火) 12:36 | URL | しょんぼり、しょんぼり #-[ 編集]
かっこさんの同僚で自分の知人は少なくとも協力してたと思います。

今まではそんな感じ方はしなかったのですが今回は違いました。
2008/11/11(火) 12:42 | URL | しょんぼり、しょんぼり #-[ 編集]
きっと、その人から見たkakkoさんは、
ご自分一人なら、とてもできそうにないと思われて書かれたのかもしれません。

だけど、kakkoさんをはじめ、いろんな人たちの気持ちや願いが、たくさん、たくさん集まって、
大きな活動になっていること、
きっといつか、気付いてくれるはずです。

そして、その方も、分野は違っても同じでも、ご自身の中や、出会う人たちの中にある、
すばらしい力や、気持ちに、
いつか、
気付く時がやって来るでしょう。

だから、kakoさんも、そのメールを送った人も、読んだ人も
元気を出してほしいな・・・
と思います。
2008/11/11(火) 14:49 | URL | 虹の声 #-[ 編集]
講演は加津子さんしかできない味があるので、やっぱり加津子さんしかいないから、良いと思われます!
 いろいろと制限がありますが、許して欲しいなぁと思う気持ちがたくさんあります!
2008/11/11(火) 19:55 | URL | のほほんももんが #-[ 編集]
結果が出ても出なくても一生懸命生きている人はたくさんいます。
健常者でも障害者でもそれは同じこと。
誰もが大切な人の結婚式に当たり前に出席できる社会になるといいですね。
2008/11/12(水) 08:24 | URL | コーヒー #-[ 編集]
成就って考えたら宿題が違うだけで、みんな精一杯生きている。自分は何を成就したいのかなあ?
結果だけでなくそこに至るプロセスだと思います。差別はする側の意識を変えるよりされる側の意識を変えるほうが難しい。同じようにギフティッドとして生きるものとして一緒に生きようよ。結果だけを求めると大事なものが見えなくなるってこともどこかで覚えておいてほしい。でも病気に甘えるのはよくない。自分にとっての自立と自律を大事にしたらよいのではないでしょうか。これは病気や障害のあるなしにかかわらないことだと思います。
2008/11/13(木) 16:00 | URL | とく #-[ 編集]
「きいちゃん」が美談として語られることの背景にこそ、目を凝らしてみてほしい。
同じようにギフティッドとして生きる者として。
2008/11/14(金) 09:10 | URL | コーヒー #-[ 編集]
きいちゃんの気持ちが大事だと思います。きいちゃんは血みどろの努力なんかじゃなく、ただお姉さんを大好きだったから作ったのだと思います。いつだって大切なのは大好きって気持ち。大好きって気持ちが人の心を動かすのです。
人を変えるには優しさなんです。美辞麗句ではないのです。美辞麗句ってとらえるくらいコーヒーさんがつらいのはお察ししますが、高いネット代をはらってもあなたと向き合わなくてはいけないからコメントしました。正直携帯からしかネットできない私としては、コーヒーさんが今まで温かく向き合ってくれる誰かに逢えていないことを察して書きました。
月に5000円でも私には厳しいですよ。何せ自分の金から家計にもお金入れてますし。
ただね、誰がなんと言おうときいちゃんは大好きって気持ちから浴衣を縫ったし、人は優しさでしか変わらない。
そりゃあ元気な人にも失礼な人はいます。専門職だって失礼な人はいっぱいいます。でも病気や障害に逃げている人にも考えてほしい。
失礼な対応をされたら、感情的に反論するのでなく、自律した視点からものを考えて行動してほしい。人を変えるにはまずは自分から。コーヒーさんをわかってくれる誰かに逢えていないだけだと思います。
私は周りを教育してきたから今はお互いに察して協力しあっています。今なすべきことをなしているか、今できることは何かよく考えてみてくださいますか?
同じようにギフティッドとして生きるものとして、自律した大人になってほしいと思います。私も今は自律を目指して努力しています。一緒に生きようよ。
2008/11/15(土) 17:16 | URL | とく #-[ 編集]
お金がきついのでしばらく書き込み控えます。
美辞麗句じゃなくて本当に思ったことを書いたんだけど、美辞麗句って言われてショックでした。
これ以上やりとりするのは心が苦しくなるので止めます。
ただ、今まさにつらい中にいる人もいるのだとわかってよかったです。ありがとうございました。
2008/11/15(土) 19:04 | URL | とく #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。